お知らせ

2006年06月


2006/06/01  すっかり開店休業状態になってますが、生きていますし、仕事もしています。お知らせするネタがないんですね。そろそろブログへの移行でも考えたほうがいいかもしれません。


 ワールドカップがはじまるまえに、いただいた本の紹介をしておきます。みなさんありがとうございました。

 公手成幸さんからは、デイヴィッド・マレルの『トーテム 完全版』(創元推理文庫 上巻 下巻)。「改変と短縮を強いられた幻の傑作、無削除完全版でここに復活!」とのこと。オリジナルの刊行が1979年。そういう時代だったんですね。

 小川隆さんからは、マイクル・スワンウィックの短篇集『グリュフォンの卵』(ハヤカワ文庫SF amazon)。ヒューゴー賞受賞作もぞろぞろはいっている日本オリジナルの傑作短篇集。金子浩さん、幹遙子さんとの共訳です。表紙もなかなか。

 浅倉久志さんからは、A・E・ヴァン・ヴォクトの『宇宙嵐のかなた』(ハヤカワ文庫SF amazon)。ハヤカワ名作セレクションの一冊。説明不要ですかね。しかしむかしの本は薄かった……。

 嶋田洋一さんからは、ウィル・マッカーシーの『コラプシウム』(ハヤカワ文庫SF amazon)。セーラー服少女の表紙で話題を呼んだ、「最新ハードSF+熱血スペースオペラ」。ネビュラ賞候補作です。しかしいまの本は厚い……。

 小野田和子さんからは、ジェフリー・A・ランディスの『火星縦断』(ハヤカワ文庫SF amazon)。NASAの現役研究者である作者が、最新のデータを駆使して構築したリアルな火星。そこでのサバイバルを描いたハードSFです。ローカス賞第一長編部門受賞作。

 小隅黎さんと梶元靖子さんからは、ラリイ・ニーヴンの『リングワールドの子供たち』(早川書房 amazon)。超有名シリーズの最新作。「ついに明かされるリングワールドの謎」とのこと。とりあえず第一作から読みなおして、いったいなにが謎だったのか思いださないと……。

 鎌田三平さんからは、ジェイムズ・バリントンの『ロシア軍殺戮指令』(二見文庫 上巻 下巻)。元英軍パイロットの新人によるスパイ冒険小説。同じ主人公でシリーズ化されているようです。

 最後に、NHKの「名作平積み大作戦」などでも大活躍の大森望さんからは『特盛! SF翻訳講座 翻訳のウラ技、業界のウラ話』(研究者 amazon)が届いています。なつかしいSFマガジンの連載などをまとめたエッセイ集。『ゴールデン・フリース』の翻訳に関する言及などもあったりして、少々恥ずかしいものが。翻訳の流儀にもはやりすたりがあるのがよくわかります。


Top