お知らせ

2006年03月


2006/03/08  ロバート・J・ソウヤーのヒューゴー賞受賞作『ホミニッド ―原人―』、増刷が決定したとの連絡がありました。ほぼ一年がかりですね。『SFが読みたい! 2006年版』のベストでは、三部作合わせて7位でしたが、地道に売れていたようです。これで今後の企画がとおりやすくなるといいんですが。


 淡々と仕事をしていただけなのでネタがなく、ずいぶんひさしぶりの更新になってしまいました。いただいた本の紹介をしておきます。みなさんありがとうございました。

 鍛冶靖子さんからは、ロビン・ホブの『真実の帰還』(創元推理文庫 上巻 下巻)。 〈ファーシーアの一族〉三部作の完結です。どんどんページ数が増えて、今回は上下巻合計で千三百ページを超えています。売れ行きも好調らしく、続編となる三部作の邦訳も決定したようです。

 浅倉久志さんからは、ポール・アンダースンの『地球帝国秘密諜報員』(ハヤカワ文庫SF amazon)。1965年刊行のスペースオペラ。“地球帝国きってのエース諜報員サー・ドミニック・フランドリー大佐”を主人公とする連作中短篇集です。好評ならつづきが出るようですが、さて。

 同じく浅倉久志さんから、なんとロン・グーラートの『ゴーストなんかこわくない』(扶桑社ミステリー amazon)。ミステリですが、本人名義で訳書が出るのははじめて。「もしもこの世に理屈ぬきにたのしい怪談が存在するなら、本書こそまさにその一冊!」浅倉さん、この調子でどんどん趣味に走った本を訳してくださいませ。

 鎌田三平さんからは、マックス・アラン・コリンズの『CSI:科学捜査班 コールド・バーン』(角川文庫 amazon)。ニューヨーク・シリーズも放映がはじまった、大人気ドラマのオリジナル小説版。好評なのか、もう三冊目になりました。

 細美遙子さんからは、ジャネット・イヴァノヴィッチの『九死に一生ハンター稼業』(扶桑社ミステリー amazon)。ご存じステファニー・プラム・シリーズの新作。もう十作目ですか。あいかわらず表紙がいい味出してます。

 安野玲さんからは共訳書が二冊。まずはロード・ダンセイニの『最後の夢の物語』(河出文庫 amazon)。文庫による画期的な幻想短篇集成全四巻がついに完結です。「五十一話集」完全版や、幻の短篇集「不死鳥を食べた男」などを収録。コレクターズアイテムですのでお見逃しなく。

 もう一冊は、ゼナ・ヘンダースンの日本版オリジナル短篇集、『ページをめくれば』(河出書房新社 amazon)。こちらは山田順子さんとの共訳で、作品セレクトと解説は中村融さん。奇想コレクションの最新刊ですが、パッケージがほんとうにすばらしい。〈ピープル〉シリーズだけではない、短編の名手ヘンダースンのさまざまな作品が楽しめます。


Top