お知らせ

2005年12月


2005/12/30  以前、ここでも紹介した謎のソウヤー・インタビュー。いつのまにか映像付きで公開されていました。仕事場の写真がおもしろい。こんな姿勢で眠くならないんでしょうか。じつは、わたしも数カ月まえからエルゴノミクス・デザインのキーボードを使っています。手首への負担をすこしでも減らすのが目的ですが、なかなか好調。ソウヤーの最新刊『ハイブリッド』のネットでの評判はこちら


 今年も気がつくともうおわり。最後に12月にいただいた本の紹介をしておきましょう。みなさんありがとうございました。よいお年を。

 またもや嶋田洋一さんから、トマス・グレニーアスの『レイジング・アトランティス』(ハヤカワ文庫NV amazon)。「南極大陸の氷の下に眠るアトランティスの遺跡。そこに隠された想像を絶する秘密とは?」んー。どこかで聞いたような惹き文句だと思ったら、先月の『暗号解読』(やっぱり嶋田訳)の帯がこんな調子でした――「南極大陸で発見された謎の物体。そこに記されたアトランティスの暗号が人類を滅亡へと導く」

 白石朗さんからは、ジョエル・ゴールドマンの『プライベート・ファイル』(小学館文庫 amazon)。「ニューヒーロー、弁護士ルー・メイスン登場!」アメリカ探偵作家クラブ賞ペイパーバック賞候補作。

 中村融さんからは、エドモンド・ハミルトンの『眠れる人の島』(創元SF文庫 amazon)。『反対進化』につづくハミルトン傑作短篇集第二弾。こちらは幻想怪奇編。こんな企画がとおるなんて、いい時代になってきました。

 鎌田三平さんからは、『ロード・オブ・ウォー ―史上最強の武器商人と呼ばれた男―』(竹書房文庫 amazon)。話題の映画の脚本から書き下ろしたノヴェライゼーション。作家でもある鎌田さんならではのお仕事です。「弾丸(タマ)の数だけ、札束(カネ)が舞う……」。


Top