お知らせ

2005年11月


2005/11/26  ソウヤーの三部作が終わって気が抜けたのか、スランプ気味です。あっというまに11月も終わりに近づいてきました。いただいた本の紹介をしておきます。みなさんありがとうございます。

 アスペクトからは、ステル・パヴローの初の長編小説『暗号解読』(嶋田洋一訳 amazon)。「南極大陸で発見された謎の物体。そこに記されたアトランティスの暗号が人類を滅亡へと導く」SF冒険小説。こんな大作がいきなり翻訳されたのもおどろきですが、もっとおどろいたのは、自分が原書を購入していたこと。なんで買ったんだろう? 年末のベスト投票に参加される方はお忘れなく(失礼、11月7日刊行でした)。

 酒井昭伸さんからは、チャールズ・シェフィールドの『マッカンドルー航宙記 太陽レンズの彼方へ』(創元SF文庫 amazon)。タイトルからわかるとおり、星雲賞受賞作の続編です。巻末の作品リストが労作。

 浅倉久志さんからは、フィリップ・K・ディックの『スキャナー・ダークリー』(ハヤカワ文庫SF amazon)。『暗闇のスキャナー』の題でサンリオ文庫と創元SF文庫から刊行されていた説明不要の傑作。この時期の作品で三度目の翻訳というのもめずらしい。キアヌ・リーブス主演で映画化されるので、それにあわせたようです。

 太田出版からは、大森望さんの『現代SF1500冊 回天編 1996―2005』(ハヤカワ文庫SF amazon)。『現代SF1500冊 乱闘編 1975―1995』の続編ですね。『ディアスポラ』まではいってますが、さすがにソウヤー三部作はまにあわなかった模様。


Top