お知らせ

2005年09月


2005/09/28  ソウヤーのネアンデルタール3部作の最終巻『ハイブリッド ―新種―』は、10月下旬の刊行予定です。訳者の作業はほぼ終わっていますので、ぶじに出ると思われます。ポン太とメアリの運命やいかに。もうしばらくお待ちください。

 8月にハヤカワ文庫NVから刊行された『メサイア・コード』(上巻 下巻)。これの中身は1998年に徳間書房から出た『イエスの遺伝子』なので、まちがえて両方買う人がいるのではないかと不安だったのですが、案の定、被害者が出てしまいました。申し訳ないことです……。


 油断しているとあっというまに一カ月が過ぎてしまいます。いただいた本も山積み……。みなさんいつもありがとうございます。

 まずは瀬名秀明さんから、『デカルトの密室』(新潮社 amazon)。話題沸騰中のロボットSF(かな?)。脳と心の話になると表紙に目が描かれることが多いのはなぜでしょう。ソウヤーの新作 Mindscan も似たようなテーマをあつかっていますので、もし訳されることがあったら、解説を書いていただけると楽しいかも。もうひとつ、文庫版『BRAIN VALLEY』(新潮文庫 上巻 下巻)も届いています。こちらもそういえば脳の話。

 鎌田三平さんからも二冊。デイヴィッド・アンブローズの『偶然のラビリンス』(ヴィレッジブックス amazon)は、前作『迷宮の暗殺者』につづくサスペンス。もう一冊の『ファンタスティック・フォー』(ピーター・デイヴィッド 竹書房 amazon)は、ただいま上映中の超能力アクション映画のノヴェライゼーション。B級映画鑑賞会にぴったりかも。

 嶋田洋一さんからも二冊(みんな働き過ぎ)。ジョン・ダーントンの『打ち砕かれた昏睡(コーマ)』(ヴィレッジブックス amazon)は、メディカル・サスペンス。『ネアンデルタール』『エクスペリメント』につづく作品ですが、つぎつぎと新分野に挑戦する人ですね。もう一冊の『みんな行ってしまう』(創元SF文庫 amazon)は、マイケル・マーシャル・スミスのSFホラー短編集。新しい作家の短編集はなかなか出ないので楽しみです。

 安野玲さんからは、ロード・ダンセイニの幻想作品集第三弾『時と神々の物語』(河出文庫 amazon)。ずいぶん厚くなりましたが、定価はひかえめ。かなりお得ではないかと。でも、背表紙の統一感が……。内容については、訳者代表の中野善夫さんのサイトを参照してください……と思ったら、更新されていませんね。いけませんね、RSSのことばかり考へていては。

 白石朗さんからは、スティーヴン・キングの『回想のビュイック8』(新潮文庫 上巻 下巻)。これは説明不要ですか。しかし健筆だなあ、キングは(訳者も)。

 酒井昭伸さんからは、マイクル・クライトンの『恐怖の存在』(早川書房 上巻 下巻)。これも説明不要ですか。しかし健筆だなあ、クライトンは(訳者も)。

 最後に、山岸真さんからは、ようやく登場した(本来はSF文庫1500番記念作品だったはずの)グレッグ・イーガンの新作長編『ディアスポラ』(ハヤカワ文庫SF amazon)。解説の大森望氏によれば「あらゆる文学形式の中でSFだけが与えうる深い感動。そのもっとも純粋なかたちがここにある」とのこと。難解さが話題を呼んでいるようです。いいかげん『順列都市』も復刊しませんか、早川書房さん。


Top