お知らせ

2005年08月


2005/08/23  ハヤカワ文庫NVから刊行される『メサイア・コード』(マイクル・コーディ)の見本が届いたので、紹介ページをつくっておきました。といっても、中身は1998年に徳間書房から出た『イエスの遺伝子』。アメリカで改題されて復刊されたので、邦訳版も装いを新たに登場ということになりました。amazonではすでに予約がはじまっています(上巻 下巻)。

 内容的には変更は皆無なのですが、作者あとがきの内容がすこしだけ変わりました。現実の時間が作中の時間を追い抜いてしまったせいか、「この小説は“べつの現実”を舞台にしている」という一文が追加されたりしています。

 予想外の不労所得(もちろん改訳はしましたが)もありがたいんですが、なによりうれしいのは、山田正紀さんに帯の推薦文をいただけたこと――「ここにすべてがある。科学と夢、生と死、幻想とリアル。ないのは退屈だけ!」担当編集者には大感謝です。


 それともうひとつ、もうじき発売されるSFマガジン10月号(amazon)に、ロバート・J・ソウヤーの短編「脱ぎ捨てられた男」が掲載されます。本国で今年刊行された新作長編 Mindscan の原型ともいえる短編で、今年のヒューゴー賞の候補になりました。ファンの方はお見逃しなく。


 では、いただいた本の紹介です。みなさんいつもありがとうございます。

 東江一紀さんから、ドン・ウィンズロウのひさびさの邦訳『ウォータースライドをのぼれ』(創元推理文庫 amazon)をいただきました。しかも探偵ニール・ケアリーものの新作。待ち焦がれていた方も多いのではないでしょうか。シリーズ最終作となる第五作は、果たしていつ読めるのでしょう……

 細美遙子さんからは、サラ・ストロマイヤーという新人作家の『バブルズはご機嫌ななめ』(講談社文庫 amazon)をいただきました。ぱっと見て、講談社文庫とは思えませんでした。「バツイチ美容師がとってもセクシーな事件記者に」。アガサ賞最優秀処女長編賞。


Top