お知らせ

2005年07月


2005/07/17  日本SF大会の翻訳者企画「大いなる誤訳、遙かなる珍訳」で、部数減とか印税率切り下げとか、いろいろ景気の悪い話をしてきました。もうすこし夢と希望をあたえる話もするべきだったと反省。

 そこでも公表したことですが、8月にハヤカワ文庫NVから『メサイア・コード』(マイクル・コーディ)という本がでます。中身は『イエスの遺伝子』なので、徳間書店版を買いのがしていた方はどうぞ。題名についてはいろいろ思うところはありますが、アメリカでこのとおりの原題で復刊されたのです……。


 いただいた本の紹介です。みなさんいつもありがとうございます。

 金子浩さんからは、ジャック・ケッチャムのひさびさの邦訳『黒い夏』(扶桑社ミステリー amazon)をいただきました。関口苑生氏絶賛。ファンは確実についているようです。しかし、ケッチャム作品も長大化していくのか……。

 鍛冶靖子さんからは、ロビン・ホブの異世界ファンタジー〈ファーシーアの一族〉第二弾、『帝王の陰謀』(創元推理文庫 amazon )をいただきました。「彼は王家の影の存在、恋することもままならないのか」。訳者によれば、第三部はさらに長くなって二千五百枚あるとか。

 田中一江さんからは二冊。まずはパーネル・ホールの〈スタンリー・ヘイスティングズ〉シリーズ、『休暇はほしくない』(ハヤカワ文庫HM amazon)。ついに表紙イラストが江口寿史から変わりました。編集者が燃えつきたんでしょうか。

 もう一冊は、ディーン・クーンツの大作『サイレント・アイズ』(講談社文庫 amazon )。上下巻トータル1200ページ超。「あいつが来る。この子を殺しに」――ひさびさにクーンツらしいノンストップ・サスペンスになっているようです。

 嶋田洋一さんからは、ポール・J・マコーリイの第一長編、『4000億の星の群れ』(ハヤカワ文庫SF amazon)をいただきました。『フェアリイ・ランド』以来、ずいぶんひさしぶりの邦訳です。フィリップ・K・ディック記念賞受賞作。表紙イラストは小菅久美さん。他社の文庫のようにも見えますが。

 最後に、ソニー・マガジンズからは、上記の企画でもいっしょだった日暮雅道さんの訳書、『イルムア年代記2 女神官ラークの陰謀』(デイヴィッド・L・ストーン amazon)が届いています。「悪の魔力をあやつっているのはいったいどっちだ!?」――売れているのかどうか聞くのは忘れました。


Top