お知らせ

2005年06月


2005/06/23  ロバート・J・ソウヤーのネアンデルタール三部作の第二弾『ヒューマン ―人類―』。すでに書店に出まわりはじめたようです。初刷り部数がちょっと減りましたので、品切れになるまえに確保しましょう。amazonはこちらですが、まだ予約受付中ですね。ジュンク堂池袋本店には22冊ほど入荷したようです(途中で15冊追加)。


 いただいた本の紹介です。みなさんいつもありがとうございます。

 大森望さんからは、シオドア・スタージョンの短編集『輝く断片』(河出書房新社 amazon)をいただきました。〈奇想コレクション〉の最新刊。いやあ、どんどん出ますね、スタージョン。今回は〈ミステリ名作選〉ということになっているようです。とりあえず買っておきましょう。今後のラインナップも楽しそうな本ばかり。

 河野佐知さんからは、新鋭女流SF作家アン・ハリスのデビュー作『フラクタルの女神』(創元SF文庫 amazon)をいただきました。はじめての訳書ですか。おめでとうございます。いただいたステーキ皿はたいせつに使っています。「老博士が見いだしたのは、美しく獰猛なひとりの少女だった」と帯にありますので、一部の人びとには見逃せない作品かもしれません。すっきりした表紙。

 太田出版からは、大森望さんの『現代SF1500冊 乱闘編 1975―1995』(amazon)が届いています。「採点付きSF時評20年分!」じつは、筆者とは同年生まれ。自分のSF遍歴を他人にまとめてもらっているようなものなので、ものすごくお得な感じがします。資料としても貴重。買うべし。
2005/06/08  サッカー日本代表、ワールドカップ本選出場決定おめでとう!


 ――は、ともかくとして、お待たせしました。ロバート・J・ソウヤーのネアンデルタール三部作の第二弾『ヒューマン ―人類―』。amazonで早くも予約受付中です。お忘れなく。今回の見所はなんといっても(自主規制)。まあ、恐竜少年ですらやってましたからね。ソウヤーなら当然かと。

 それと、事情はよくわからないんですが、はるばるトロントまで出かけてソウヤーさんにインタビューしている人がいるようです(日記を参照)。要注目?


Top