お知らせ

2005年05月


2005/05/28  ソウヤーのネアンデルタール三部作の第二弾『ヒューマン―人類―』。訳者の作業はほぼ終わりました。予定どおり6月に刊行されそうです。解説は堺三保さん。お楽しみに。それにしても一カ月たつのが早い……


 5月中にいただいた本の紹介です。みなさんいつもありがとうございます。

 嶋田洋一さんからは、マイケル・マーシャル(マイケル・マーシャル・スミスの別名義)の『死影』(ヴィレッジブックス amazon)をいただきました。あの『スペアーズ』の作者の手になるサイコ・スリラー。どんな奇想が炸裂するか、楽しみです。

 山田順子さんからは、ピアズ・アンソニイの大人気シリーズ〈魔法の国ザンス〉の第16弾『ナーダ王女の憂鬱』(ハヤカワ文庫FT amazon)をいただきました。いまさら説明は不要ですね。PC版ゲームソフトとのタイアップもの? みたいな感じなんですが、なにせ原書刊行はWindowsがようやく普及しはじめた1993年。訳者にちらっと見せてもらったゲームも、テキスト入力のあるなつかしいものでした。

 白石朗さんからは、ネルソン・デミルの(またもや)超大作『ニューヨーク大聖堂』(講談社文庫 上巻 下巻)をいただきました。帯の惹句が「無敵の1100ページ」って……。まあ、これも売れるんでしょう。いい表紙だなあと思ったら、〈カバーデザイン=岩郷重力〉。ううむ。

 鎌田三平さんからは、マックス・アラン・コリンズの『CSI:科学捜査班 シン・シティ』(角川文庫 amazon)をいただいています。大人気テレビドラマのノヴェライズ、先月紹介したばかりの第一弾に引き続いての刊行です。近所の駅前本屋にも山積みになっていました。

 酒井昭伸さんからは、ジョージ・R・R・マーティン『タフの方舟2 天の果実』(ハヤカワ文庫SF amazon)。これまた先月紹介した第一弾に引き続いての刊行。じつは、一冊の原書を二冊に分けて刊行しているんですね。それにしても帯には大爆笑――「イーガン、チャンがわからなくても、この本の面白さはわかります」早川書房として、それでいいのか(笑)。


Top