お知らせ

2005年04月


2005/04/30  ソウヤーのネアンデルタール三部作の第二弾『ヒューマン』。6月刊行をめざして作業進行中です。仕事以外、ほとんどなにもできません……。


 4月中にいただいた本の紹介です。みなさんいつもありがとうございます。

 安野玲さんからは、ジェイニー・ボライソーのコーンウォールを舞台にしたミステリ第二弾『しっかりものの老女の死』(創元推理文庫 amazon)をいただきました。山田順子さんが翻訳された『容疑者たちの事情』につづく作品です。そういえば、『デットフォードのネズミたち』にもコーンウォール出身のドブネズミが出てきました。イングランドのなかでも、かなり特殊な土地のようです。

 中原尚哉さんからは、ジョン・クリストファーの『トリポッド4 凱歌』(ハヤカワ文庫SF amazon)をいただきました。いよいよシリーズ完結。表紙もきれいにつながりました……といいたいところですが、1巻の三本脚異星人の左へのびた触手が4巻に描かれていない……。なんかくやしいぞ。でも、本屋で帯をとってならべたらきれいでしょうね。

 鎌田三平さんからは、マックス・アラン・コリンズの『CSI:科学捜査班 ダブル・ディーラー』(角川文庫 amazon)をいただいています。大人気テレビドラマのノヴェライズですが、訳者によれば「ちゃんとしたミステリ小説だ!」とのこと。売れ行きもなかなか好調みたいですね。あのドラマ、毎週のように趣向を凝らした死体を用意するのはなかなかたいへんそう。

 酒井昭伸さんからは、待ってましたのジョージ・R・R・マーティン『タフの方舟1 禍つ星』(ハヤカワ文庫SF amazon)。〈氷と炎の歌〉シリーズで大ブレイクした作者の冒険SF連作集。「宇宙一あこぎな商人ハヴイランド・タフ登場!」――ということで、第2巻もすぐ5月下旬に刊行されるようです。ついでにほかの短編集もだしてもらえませんかねえ。


Top