お知らせ

2005年03月


2005/03/25  W杯アジア最終予選、対イラン戦。

 極論すれば、現行チームに中田を組みこむための最終テスト(練習試合)だったわけで、その意味では収穫があったのではないかと思います。A組では韓国も負けて、さらに大混戦。最終予選がたいへんなのはわかりきったことなので、一試合の結果であまり大騒ぎせず、しっかり切り替えてつぎの試合を確実にものにしましょう。

 ところで、ただいまムサシが一週間の里帰り中(新飼い主が家族で別荘に出かけたので)。いっしょに試合を見られてしあわせでした。ずいぶん大きくなって、もはや6キロに近いかも。


 中村融さんから、エドモンド・ハミルトンの『反対進化』(創元SF文庫 amazon)をいただきました。ハミルトン生誕101周年(笑)記念刊行。こちらは「SF」傑作集で、姉妹編の「幻想怪奇」傑作集も刊行の予定とか。編者の精力的な仕事ぶりには頭がさがります。

 中原尚哉さんからは、ジョン・クリストファーの『トリポッド3 潜入』(ハヤカワ文庫SF amazon)をいただきました。いつもありがとうございます。物語はいよいよ佳境に。ほんとうにディズニーで映画化されるといいですね。

 浅倉久志さんからは、ハリイ・ハリスンの新装版『銀河遊撃隊』(ハヤカワ文庫SF amazon)。ありがとうございます。な、なつかしい。四半世紀ぶりの復活ですか。説明不要の、ハヤカワ名作セレクションの一冊。
2005/03/09  早川書房の担当編集者が『デットフォードのネズミたち』の愛読者カードを送ってくれました。楽しいのでちょっと紹介します。おとなが眉をひそめる残酷なシーンも、こどもには関係なさそうですね。

 「言葉にできないくらいおもろい!」(10歳・女)
 「どんなに小さな力でも協力すれば大きな力になるんだ!! と思いました」(9歳・男)
 「オズワルドがかわいいと思う」(12歳・女)
 「長くてとってもおもしろかった」(10歳・男)


 なお、本のほうは「こつこつ」売れているとか。


 ソウヤーの『ホミニッド』について、大森望氏から「これは〈新・猿の惑星〉だね」とのご指摘。なるほど。いままで思いつかなかった訳者はかなりマヌケかも。
2005/03/02  ロバート・J・ソウヤーの『ホミニッド―原人―』、近所の駅前本屋にも入荷していました。ちょっとは動いている模様。amazonではさっそくレビューが掲載されています。だれでも心配すると思いますが、ひろげられた風呂敷は第2部以降でちゃんとたたまれますのでご安心を。

 池袋ジュンク堂の在庫状況はというと、最初に見たときが23冊で、現在は11冊。順調に減っているようです。増刷するくらい売れてくれるといいんですが。せっかくヒューゴー賞を受賞したことだし。

 あと、発売中のSFマガジン4月号で、刊行記念として『ホミニッド』およびソウヤー作品の紹介がされています。さすがはSF文庫1500番記念作品。翻訳SFファンにはうれしいことに、この号にはグレッグ・イーガンとクリストファー・プリーストという旬の二大作家の力作中編や、コニー・ウィリス、ジーン・ウルフという「このミス組」の短編も掲載されています。お買い得。


 金子浩さんから、グレッグ・ハーウィッツの初紹介作、『ER襲撃』(ヴィレッジブックス amazon)をいただきました。ありがとうございます。ヴィレッジブックスはよほどのことがないかぎり一冊に押しこむようですね。これは700ページの大作。帯に「マイクル・クライトン以来の衝撃!」とあるのはERつながりか。


Top