お知らせ

2005年02月


2005/02/19  ソウヤーの初のヒューゴー賞受賞作、『ホミニッド―原人―』の見本が届いたので、紹介ページをつくりました。来週には書店にならぶと思います。

 今回、加藤直之さんにかわって、岩郷重力さんがすばらしい表紙をデザインしてくれました。いつものソウヤー作品とはちょっと雰囲気がちがうので、本屋で見逃したりしないようご注意ください。解説は、進化生物学の専門家である佐倉統さん。“カナダ作家”という視点からソウヤー作品について語っておられます。

 帯によると、第2部『ヒューマン―人類―』が6月刊行、第3部『ハイブリッド―新種―』が10月刊行だそうです。ふーん。


 では、いただいた本の紹介です。みなさんいつもありがとうございます。

 白石朗さんからは、デイヴィッド・ローゼンフェルトの『悪徳警官はくたばらない』(文春文庫 amazon)をいただきました。好評シリーズの第二弾。「土曜の夜の書斎に良し、通勤途中の電車にも、ベッドサイドのテーブルにも良し――」とのことです。うーん、書斎も通勤もベッドもないわたしはどうすれば……。

 鎌田三平さんからは、『アレキサンダー』(竹書房文庫 amazon)をいただきました。もちろん、公開中の映画がらみの作品ですが、ふつうのノヴェライゼーションの翻訳ではなく、脚本をもとにした、訳者の手になるノヴェライゼーションです。作家でもある鎌田さんならではのお仕事ですね。歴史ものだけにいろいろな調査がたいへんそうですが。

 柳下毅一郎さんからは、サイモン・クーパーの『アヤックスの戦争―第二次世界大戦と欧州サッカー 』(白水社 amazon)をいただきました。小野伸二選手の所属するフェイエノールト・サポーターのわたしとしては、宿敵アヤックスとオランダ社会について書いたこの作品にはたいへん興味をそそられます。「オランダ名門クラブはナチスにどう抵抗したのか? ヨーロッパの“サッカーと戦争”の暗部を暴く、もうひとつの戦史」
2005/02/08  ロバート・J・ソウヤーの新作『ホミニッド―原人―』の紹介が、早川書房のサイトのニュース(1/26付)に掲載されていました。誤解をまねきそうなのでいっておきますが、ホミニッドというのは「ヒト科の動物」という意味であり、=原人ではありません。この副題は続編との語呂を優先させているだけです。


 さて、以前から挙動不審だったパソコンのハードディスク(システム用)がついに昇天しました。3日ほどまえに不安になって全体のバックアップをとってあったので、大きな問題はなし。修羅場の時期でなくてほんとうに助かりました。

 いまシステムのバックアップに使っているのは、DriveCopyからの流れで購入したV2i Protector。しかし、これもいつのまにか後継製品に取って代わられているようです。あまり名前をころころ変えないでほしい……。新しい40Gのハードディスク(5千円ちょっと!)を取りつけて、フォーマットもなにもせずに、いきなりべつのディスクからバックアップイメージ(圧縮データで4Gほど)をもどしたところ、わずか十分ほどで作業が完了。おどろきました。

 それよりもっとおどろいたのは、新しいディスクからシステム全体のバックアップを取りなおしたときに、わずか5分ほどで完了してしまったことです。3日まえに旧ディスクから同じ操作をしたときには40分以上かかったのに。そこまで負担がかかっていたとは……まさに綱渡り。XPの動作がにぶかったのも、ぜんぶこのハードディスクのせいだったようです。いやはや。
2005/02/01  1月にいただいた本を紹介しておきます。

 浅倉久志さんからは、カート・ヴォネガット・ジュニアの『プレイヤー・ピアノ』(ハヤカワ文庫SF amazon)をいただきました。〈ハヤカワ名作セレクション〉の第一弾として刊行された新装版。なつかしい。たしか青背の最初の作品ですよね。これをきっかけにヴォネガットの再評価が進むと、個人的にはありがたいんですが。おや、1501番が先に出たのか……

 小野田和子さんからは、ショーン・ウィリアムズ&シェイン・ディックスの『銀河の覇者』(ハヤカワ文庫SF amazon 上巻 下巻)をいただきました。〈銀河戦記エヴァージェンス〉の第三弾、いよいよ完結です。期待の新鋭の冒険SFですが、さて、売れ行きはどうなんでしょうか。

 ソニーマガジンズからは、ジョン・マリーの『熱帯産の蝶に関する二、三の覚え書き』(亀井よし子訳 amazon)が届いています。〈異境の地を舞台に、医師から作家に転進した著者が描く「記憶を旅する」7篇の物語〉――いろんな本が出ますねえ。


 「一太郎」&「花子」の製造禁止・破棄命令。裁判官もどうかしているし、ジャストシステムも見通しが甘すぎるような気はしますが、自社では活用すらしていない技術(といえるようなものか?)の特許でせこく金儲けをしようという松下電器の姿勢は許しがたい。マイクロソフトの犬に成りさがったのか。とりあえず、松下製品は今後いっさい買わないことにします。


Top