お知らせ

2004年12月


2004/12/24  きょうはクリスマスイヴ。ムサシの2歳の誕生日です(推定)。

 じつは、ムサシはもう我が家にはいません。いろいろ考えた結果、古い知り合いの家に半永久的にあずかってもらうことにしました。

 飼い主は陶芸をやっている人なので、自宅でずっと仕事をしていますし、家族も多い。家は一戸建てでとても環境がよく、陽当たりのよい仕事場の大きな窓からはひろい庭を見わたすことができ、近所の野良猫たちとガラス越しに親睦を深めたり牽制しあったりすることもできます。やんちゃで甘えん坊なムサシにとっては、最高の環境です。

 おまけに、車で20分ほどの距離なので、その気になればいつでも会いにいけるという、これ以上はないほどの好条件。わたしとしては超強力目覚ましがなくなるのが残念ですが、ムサシのほうは、これで運動不足になることもなく、ずっとしあわせになれるでしょう。猫写真目当てでここをのぞいていた方、ごめんなさい。お別れの日にとった写真、これが最後の更新になります。

 ハッピー・バースデイ&メリー・クリスマス、ムサシ。
2004/12/16  『デットフォードのネズミたち3 最後の決戦』の見本が届きました。ネズミ冒険ファンタジイ3部作、いよいよ完結です。だいぶ分量が増えたので定価が100円あがりました。訳者あとがきにある「すばらしい涙と感動のクライマックス」というのは嘘ではない……と思います。すくなくとも、わたしはキーボードを叩きながら泣きました。でも、あまりにもきついスケジュールのせいだったのかもしれません。amazonのページはこちらですが、予約はできないようです。


 では、いただいた本の紹介です。みなさんありがとうございます。

 鎌田三平さんからは、マーク・セラシーニの『エイリアン VS. プレデター』(竹書房文庫 bk1 amazon)をいただきました。壮絶なゲテモノ映画のノヴェライゼーション。映画も意外におもしろいみたいですが、この本もけっこう売れているそうです。

 公手成幸さんからは、ジム・フジッリの『NYPI』(講談社文庫 bk1 amazon)をいただきました。「ロバート・B・パーカー&ハーラン・コーベンが瞠目!」と帯にあります。“妻と息子を失った私立探偵”ものですね。それはともかく、公手さんはジャズ喫茶にかよった世代なんでしょうか。作品の最後に記されているアルバムのリストは見ましたが、わたしはにやりとできませんでした。

 (たぶん)瀬名秀明さんからは、『知能の謎 認知発達ロボティクスの挑戦』(講談社ブルーバックス bk1 amazon)をいただきました。えらくストレートなタイトルですね。帯には「瀬名秀明と9人のロボット研究者が人間の知能をさぐる」とあり、編者は「けいはんな社会的知能発生学研究会」となっています。これまたおもしろそう。


 そういえば、13日深夜のふたご座流星群はなかなかきれいでした。都会の夜空も捨てたものではないなあ(都会か……?)。
2004/12/01  ホーガンの『量子宇宙干渉機』が7刷になりました。すでに書店にならんでいるはずです。新刊が出ると既刊が動くというわかりやすいパターンですね。逆にいえば、新刊が出ないと過去の作品は忘れ去られるわけで……。


 『デットフォードのネズミたち』は、ネット上でなかなか感想を見かけません。真剣にさがしたわけではありませんが、いまのところ、ここと、ここくらいでしょうか。

 Googleで検索しても、図書館に入荷したという情報ばかりがぞろぞろ出てくるので、ふと思いたって、地元の川崎の図書館のサイトをのぞいてみました。結果は、第一巻がこれで、第二巻がこれ。ほとんどの図書館に入荷していて、しかも貸し出し中が多いですね。なるほど、読者はこんなところにいたのか。

 ついでに『揺籃の星』を調べてみると、入荷しているのはわずか2館だけ。もしも図書館が全国に一万ほどあって、そのすべてが購入してくれれば、けっこうな売上になる……かな?


Top