お知らせ

2004年11月


2004/11/23  マイクル・コーディが、『The Messiah Code』という新刊を出しました。あやしいなあと思いつつ、念のため注文してみたところ、やっぱり『イエスの遺伝子(The Miracle Strain)』の題名を変えただけのものでした。例の大ベストセラーにあやかったんでしょうが、それにしても……露骨だ。ファンのかたはまちがえて購入しないようご注意を。


 いただいた本の紹介をしておきます。みなさんありがとうございます。

 浅倉久志さんからは、ジェイムズ・ティプトリー・ジュニアの『すべてのまぼろしはキンタナ・ローの海に消えた』(ハヤカワ文庫FT bk1 amazon)をいただきました。ひさしぶりのティプトリーですね。個人的にたいへんなつかしい作品がならんでいます。世界幻想文学大賞受賞。

 山田順子さんからは、ジェイニー・ボライソーの『容疑者たちの事情』(創元推理文庫 bk1 amazon)。英国のコーンウォールを舞台にしたミステリ・シリーズが開幕。「海と陽光と死体を楽しむ英国カントリー・ライフにようこそ」だそうです。参考になるかどうかよくわかりませんが、若竹七海さんの『英国ミステリ道中ひざくりげ』(光文社 bk1 amazon)に、山田順子さんが登場する楽しいコーンウォール旅行記があります。

 中原尚哉さんからは、なんとジョン・クリストファーの『トリポッド1 襲来』(ハヤカワ文庫SF bk1 amazon)。むかし出ていた3部作の前日譚にあたる作品だそうです。なんでいまごろ、と思ったら、帯に「ウォルト・ディズニー映画化」とありました。本編の3部作も、新訳で順次刊行とのこと。それにしても思いきったイラストだ。登場人物表が……。

 佐田千織さんからは、テリー・グッドカインドの『魔界の神殿5 奇跡の呪文』(ハヤカワ文庫FT bk1 amazon)。第4部はこれでぶじに終了。第5部の翻訳も進行中とのことで、まだまだ好調ですね。

 最後に、徳間書店からなぜか『SF Japan Vo.10』(bk1 amazon)が届いたと思ったら、瀬名秀明さんが送ってくださったのでした。執筆者として参加されている〈憑依都市〉プロジェクトの宣伝号になっているんですね。瀬名さんの短編もひとつ掲載されています。たいへん興味深い企画ですので、注目していきたいと思います。
2004/11/06  最近いただいた訳書の紹介です。みなさんありがとうございます。

 田中一江さんからは、オースン・スコット・カードの『シャドウ・パペッツ』(ハヤカワ文庫SF bk1 amazon)をいただきました。〈シャドウ〉シリーズの第3作。今回は「殺人鬼アシルとの対決!」シリーズはまだまだ続くようです。

 浅倉久志さんからは、フリッツ・ライバーの『魔の都の二剣士』(ハヤカワ文庫FT bk1 amazon)。あの〈ファファード&グレイ・マウザー〉シリーズが装いもあらたに登場! 未完だった2冊もすでに訳了とのことで、全5巻、順次刊行になるようです。う、うれしい。

 山岸真さんからは、お待ちかねグレッグ・イーガンの『万物理論』(創元SF文庫 bk1 amazon)。「宇宙を統べる究極の物理学理論。おそるべき未来世界。ハードSFの粋」とのこと。あれこれ説明するより「イーガンの新作」でかたづいちゃいますかね。必読。

 しかし、浅倉さんと山岸さんがふたりそろって、あとがきで翻訳の遅れをあやまっているのがなんとも……。
2004/11/02  イラク人質事件の香田さん。たしかに無謀な行動でしたが、はたして、生きたまま首を切られて殺されなければならないほどの罪をおかしたのでしょうか。
 ただ、ちょっと世界を見てみたかっただけなのに。
 ただ、とんでもなくおっちょこちょいだっただけなのに。

 まえの事件の対応でいろいろと批判されたのでまずいと思ったのか、今回、マスコミや政府関係者からはあまり「自己責任」という台詞は出ていません。それでも、基本的には「退避勧告の出ているイラクに勝手にはいったのだから自業自得」とみなされているようです。しかし、それは本質を見落とした視野の狭い意見としか思えません。

 日本人が、日本人であるというだけの理由でテロリストに殺されるとすれば、わざわざイラクに足を踏み入れなくても、一歩この国を出たとたん、日本人ならだれでも同じように標的になりうるという状況が生まれているわけです。テロはどこでだって起こりうるわけですから。イラクで殺されるのが自業自得だとすれば、ふつうの海外旅行に出かけた人たちがどこかでテロリストにさらわれて自衛隊撤退を要求された場合でも、それは自業自得ということになってしまいます。

 もしもそういう事件が起きたら、それでも小泉総理は、「この御時世に勝手に海外旅行をしたのだから自業自得。日本はテロには屈しない。自衛隊は撤退しない」といいつづけるのでしょうか?

 香田さんは、おそらく前回の自己責任バッシングを知っていたのでしょう。ビデオのなかで、テロリストの要求を淡々と伝えたあと、「すみません」といっていました。国の愚政のあおりをくらっていまにも殺されようとしている人が、なぜあやまらなければならないのか。そんな風潮をつくりだしたのはいったいだれなのか。命乞いをするでもなく、なにを要求するでもなく、ただ「日本にもどりたい」といった若者を批判できる人がいるとしたら、それは、情報の洪水にのみこまれて自分の頭で考える力を失っているのかもしれません。


Top