お知らせ

2004年10月


2004/10/21  ロビン・ジャーヴィスの冒険ファンタジイ、『デットフォードのネズミたち2 水晶の牢獄』の見本が届いたので、紹介ページを用意しました。まだ購入はできませんが、amazonではすでに登録されています。

 ジョン・シェリーさんの表紙イラストは今回もすばらしい。ドブネズミのイカサマ占い師、マダム・アキクユは、すっかり目がいっちゃってます。読者も作者も大好きなこのキャラクターについてくわしく知りたいかたはこちらへ。いちばん下に作者直筆の初期イラストへのリンクがあります。


 ソニー・マガジンズから、『レイル 王国の暗殺者』 S・D・タワー (西田佳子訳 bk1 amazon)をいただきました。感動のミスティック・ファンタジーだそうですが、作者は別名でスパイ小説を多数発表しているカナダ作家。どういう人が買うのかよくわからない本ではあります。

 ヴィレッジブックスからは、11月20日刊行のサスペンス小説、『報復』のパイロット版が届きました。初の試みだそうですが、気合いはいってますね。作者のジリアン・ホフマンは、アメリカの検事局で検察官として修行を積み、のちに検事補になったという経歴の持ち主。最近は書店初のベストセラーが脚光をあびているせいか、帯の惹句は「全米の書店員が熱狂した話題のベストセラー!」
2004/10/03  SFマガジン11月号の〈ユーモアSFショートショート特集〉で、マイク・レズニックの短編「十八パーセントの男」を訳しました。特集の監修は中野善夫さん。日記のページはずいぶん雰囲気が変わりましたね。サイトへのアクセスが減ったというのは、「似非 SF系日記更新時刻」に捕捉されていないせいでしょうか。

 しかしユーモアものはやっぱりむずかしい。笑いのツボが人によってちがいすぎるので、どういう作品がうけるのかさっぱりわかりません。訳しながら大笑いをしていたキム・スタンリー・ロビンスンの「カトマンドゥからの脱出」も、一般にはあまりうけなかったような記憶が……。


 瀬名秀明さんから、『ロボット学創成』(岩波書店 bk1 amazon)をいただきました。ありがとうございます。〈岩波講座 ロボット学〉シリーズの1冊目。うーん、楽しそう。しかし7冊そろえるのはちときついか。

 佐田千織さんからは、テリー・グッドカインドの『魔界の神殿4 風を探して』(ハヤカワ文庫FT bk1 amazon)をいただいています。好評シリーズ第4部の4冊目。自分でやってみてわかりましたが、隔月刊行でもじゅうぶんにたいへんですね。もうあっぷあっぷ。


 あと、いただきものではありませんが、川端裕人さんの『川の名前』(早川書房 bk1 amazon)。自分が作家だったらこういう本を書きたかった、かも。


Top