お知らせ

2004年8月


2004/08/11  ロビン・ジャーヴィスの冒険ファンタジイ、『デットフォードのネズミたち1 闇の入口』の見本が届いたので、紹介ページを追加しました。amazonではすでに予約可能になっています。作者の力いっぱい充実したウェブサイトはこちら。直筆のイラストもたくさん見ることができます。

 なお、今回、訳者献本はいっさいおこないません。理由は同業者のみなさんならだいたい察しがつくと思いますが。

 早川版のコミカルなイラストはジョン・シェリーさん。自分の翻訳した作品に挿し絵がつくというのは、なかなか楽しいものです。


 イラストといえば、畑農照雄さんがお亡くなりになりました。いちどだけ、SFマガジンでキム・スタンリー・ロビンスンの中編「カトマンドゥからの脱出」を訳したときに、すばらしいイラストをつけていただいたことがあります。あれは感涙ものでした。ご冥福をお祈りいたします。
2004/08/07  サッカー日本代表、アジアカップ連覇。

 たとえ先制されても、ぎりぎりまで追いつめられても、けっして浮き足立つことなく、けっして下を向くことなく、冷静に試合を進める選手たち。かつて、これほど精神的に強い代表を見たことはありません。ジーコ監督は、日本代表がずっとかかえてきた課題を克服する手助けをしてくれているようです。やっと世界基準の「おとなのサッカー」への道を一歩踏みだした選手たちに、大きな拍手をおくりたいと思います。

 逆に、決勝戦の中国チームは、まるで二年まえまでの日本チームのようでした。プレッシャーで体が動かなくなり、なんとかしなければと気ばかりあせっても、選手だけではどうすればいいのかわからず、ずるずると敗戦。ここからの一歩には、まだかなりの時間が必要かもしれません。

 この大会期間中も、あいもかわらず「控え選手のモチベーションを維持」とか「連戦では主力選手を途中で休ませなければいけない」とか「交替枠はすべて使わなければならない」とかいった、プロの選手をこどもあつかいしたような(しかも世界的には“常識”でもなんでもない)意見がたくさん見受けられました。代表監督を叩くことで自分の“玄人っぽさ”を演出しようとする一部の評論家やレポーター(後藤健生とか宇都宮徹壱とか)におどらされているだけだとは思いますが、無条件でマスコミの意見に流されることがないようにしたいものです。

 個人的には、ジーコが進めている“改革”は、日本代表がどうしても乗り越えなければならない壁であり、それが可能なのは、突出した力をもつ選手がそろっているいましかないと思っています。そのためなら、たとえ2006年のドイツW杯に出場できなくてもしかたがないと、ある意味腹をくくっているくらいです。まあ、いまさら大幅な後戻りはしたくないので、出場権だけはなんとしても勝ちとってほしいものですが。

 不満がひとつ。MVPは中澤でしょう。――いや、中国の観客か。


 翻訳家の安野玲さんから、ロード・ダンセイニ作品集の第二巻、『夢見る人の物語』 (河出文庫 bk1 amazon)をいただきました。ありがとうございます。売れ行き好調につき、第三巻、第四巻の刊行も決定したようです。くわしくは、訳者代表である中野善夫さんのウェブサイトを参照してください。
2004/08/02  ジェイムズ・P・ホーガンの『揺籃の星』、上にあるように早くも増刷が決定しました。部数は未定。発売前に重版がかかった『イエスの遺伝子』という例外をべつにすると、記録的な速さです。びっくり。この本を置きみやげに会社を辞めてアメリカへ旅立ってしまった担当編集者に感謝しなければ。いや、やはり金子隆一さんの解説のおかげでしょうか。なにしろ、訳者のもとには「解説を読んだら、猛烈に読みたくなりました」とか「解説に目を通して、読まずにおられようかという気分になりました」といったメールが続々と……。

 紀伊國屋書店の文庫本週間ベストセラーでは、上巻が27位、下巻が35位。SFとしては立派なものでしょう。ここにのってはじめて、ちょっとは売れているという実感がわいてきます(amazonやbk1は……)。

 ジュンク堂書店の在庫も着々と減っていて、もう上巻は8冊しかありません。早急に補充をおねがいします。


 では、いただいた本の紹介です。みなさんありがとうございます。

 中野善夫さんからは、『怪奇礼讃』 (創元推理文庫 bk1 amazon)と題された、イギリス怪奇小説傑作選をいただきました。くわしくは訳者のウェブサイトを参照してください。収録作品の一覧もあります。夏にぴったりのアンソロジー。

 佐田千織さんからは、『魔界の神殿3 死せる子どもたち』 テリー・グッドカインド (ハヤカワ文庫FT bk1 amazon)。好評シリーズ第4部の3冊目。毎月よりましとはいえ、隔月刊行もなかなかたいへんそうです。

 最後に、ソニーマガジンズから、『イルムア年代記1 襲われた魔都ダリッチ』 デイヴィッド・L・ストーン (日暮雅通訳 bk1 amazon)をいただきました。つぎつぎとファンタジイの大作シリーズが出ますねえ。作者が10歳のときからつくりはじめた空想の世界〈イルムア大陸〉を舞台にした年代記とか。やはり、作品の成立にまつわるドラマは欠かせない模様。


Top