お知らせ

2004年7月


2004/07/21  ジェイムズ・P・ホーガン『揺籃の星』の見本が届いたので、トップページの画像をひさしぶりに変更し、まだまだデータが不充分ではありますが著作リストも追加しました。ほぼ2年ぶりの訳書です。よく破産しなかったものだ。amazonでは予約もできます(上巻 下巻)。bk1はやる気がないなあ。


 いただいた本の紹介が遅れ気味です。みなさんいつもありがとうございます。

 山田順子さんからは、『秘密の心臓』 デイヴィッド・アーモンド (東京創元社 bk1 amazon)。いまだに売れている『肩甲骨は翼のなごり』の作者の、邦訳第4弾。サーカス話なんでしょうか。楽しみです。

 浅倉久志さんからは、『パターン・レコグニション』 ウィリアム・ギブスン (角川書店 bk1 amazon)。まあ、これは説明不要ですか。やっぱりギブスンの翻訳はたいへんそう。

 金子浩さんからは、『自白の迷宮』 ケネス・J・ハーヴェイ (扶桑社ミステリー bk1 amazon)。おぼえている人はおぼえている『ストーカーズ』の作者の、9年ぶりの邦訳作品。「血と性と目くるめく謎の饗宴」だそうです。

 鎌田三平さんからは、『キング・アーサー』 フランク・トンプソン (竹書房文庫 bk1 amazon)。話題の映画のノヴェライゼーション。とはいえ、作者と訳者の名前を帯で隠してしまうのは、いさぎよいというかなんというか。

 安野玲さんからは、『煉獄の華』 テイラー・スミス (MIRA文庫 bk1 amazon)。もう邦訳6冊目ですか。amazonで検索して気づいたんですが、『ナイトの娘』は日本でコミック化されているんですねえ。ちょっとびっくり。
2004/07/11  J・P・ホーガン『揺籃の星』の紹介は、東京創元社ウェブサイトの新刊案内のほうに移動しています。7月24日ごろに、ぶじ刊行されそうです。金子隆一さんの入魂の解説はこちら。購入まえに脱落されると困りますので、ちゃんと最後の結論まで(あるいは結論だけは)読んでください。購入後ならいくら脱落してもかまいませんので、とりあえずamazonで予約をどうぞ(上巻 下巻)。

 ホーガンひさびさの新刊ということで、すでにあちこちのサイトで紹介されています。Ideal Breakとか、安藤日記とか。当然のごとく、期待と不安がいりまじっているようです。気持ちはよくわかりますが。

 もうひとつ、早川書房ウェブサイトの8月の新刊に、ロビン・ジャービス『デットフォードのネズミたち1 闇の入口』が紹介されています。3部作で、続編は10月、12月に刊行の予定。〈ガンバの冒険〉が好きだったあなたに……か?

 あと、SFマガジン9月号に掲載予定の短編をひとつ。ガードナー・ドゾワのネビュラ賞候補作。予想以上に手こずって、ひさびさの徹夜も。うう。


Top