お知らせ

2004年5月


2004/05/31  年にいちどのワクチン注射のため、ムサシを連れて動物病院へ。診察台にのせられたムサシは、まな板の鯉状態。体重(4.8kg)も肉づきも良好とのことでひと安心。ただ、歯肉炎になりかけているらしく、いまのところ問題はないものの、注意するようにといわれました。ついでに爪切りもしてもらいましたが、あんなに深くは、こわくてとても切れません……。


 では、今月いただいた本をまとめて紹介しておきます。みなさんいつもありがとうございます。

 浅倉久志さんからは、『鎮魂歌 〈レクイエム〉』 グレアム・ジョイス (ハヤカワ文庫FT bk1 amazon)。〈プラチナ・ファンタジイ〉の第5弾で、ジョイスの長編はこれが初紹介になります。以前、わたしが「部分食」という短編を訳したことがある作家ですね。これも、スケジュールが合えば訳すことになっていたかもしれないんですが、結果的には、最高の翻訳者の手で世に出ることになってよかったと思います。なにしろ、浅倉さんでさえこいつはむずかしいと嘆いておられた難物ですから……。英国幻想文学賞受賞。

 佐田千織さんからは、『魔界の神殿2 赤い月』 テリー・グッドカインド (ハヤカワ文庫FT bk1 amazon)。いわずと知れた〈真実の剣〉第4部の2冊目。快調ですね。なんの関係もない話ですが、クラリッサという名前を見ると、いまだにキャプラの〈スミス都へ行く〉を思いだします。

 小隅黎さんからは、『渦動破壊者』 E・E・スミス (創元SF文庫 bk1 amazon)をいただきました。新訳レンズマンもついに完結。お疲れさまでした。
2004/05/29  橋田信介さんの妻、幸子さんのあまりにも立派な態度に対し、あいもかわらず「自己責任」を連呼して責任のがれをすることしか考えていない、小泉首相をはじめとする政府関係者のみなさま。対外的にも見苦しいので、いいかげんやめてください。

 もっと見苦しいのは、「辛口評論家」を気取って、イラク人質や北朝鮮拉致被害者の家族を叩くエセ知識人たち。あなたがたが口にしているのは、「だれもいおうとしない本音」などではなく、政府や国家という存在に対するあやまった認識がもたらした、ただの愚かなかんちがい発言にすぎません。それにおどらされる国民は、さらに救いようがないわけですが。

 最近のいろいろなニュースを見ていると、日本人全体の、体制や権威といったものに対する従順度が上昇しているように思われて、なんだか重苦しい気持ちになってきます。自分の頭で考え、判断する能力が落ちているのは、学校教育の問題なんでしょうか?

 しかし、そんな流れに抵抗する人びとがいなくなったわけではありません。

 大きなニュースの陰に隠れがちですが、翻訳者にとってもけっして人ごとではない、著作権法の改正案に関する審議が国会で進行中です。海外盤CDが買えなくなるとかそういうレベルの問題(いや、それだけでも充分に大問題なんですが)ではとどまらない可能性もあるので、注意して見守っていきたいと思います。反対運動について知りたい方はとりあえずこちらへどうぞ。
2004/05/18  ムサシが我が家にきてちょうど一年。翻訳者の地味な日常などいらないからさっさと猫の写真を見せろ――という声が多いので、ムサシ写真館にすこし写真を追加してみました。

 一年間の成長ぶりがよくわかるようにと、同じアングルでの撮影を試みたんですが、これがなかなかむずかしい。とりあえず、『日本大百科全書 大図鑑』の上にすわるムサシの、一年まえと、むりやりのせられてちょっと不機嫌な今日の様子。もはやふつうにはすわれません……。アップで比べてみても、やはり一年まえと、つい最近では、顔つきがだいぶおとなっぽくなっているのがわかります。

 仕事机にのられると、ほんとにじゃまですが、食事に熱中しているうしろ姿など見ていると、思わず噴きださずにはいられません。この一年、どんなにしんどいときでも笑ってすごせたのは、ムサシのおかげです。ありがとう。


 J・P・ホーガンの長編 Cradle of Saturn の邦題は、『揺籃(ようらん)の星』になると思います。もうすこしだけお待ちください。
2004/05/15  ロバート・J・ソウヤーの傑作SFミステリ『ゴールデン・フリース』が3刷になりました。すでに書店にならんでいるはずです。十年以上まえに出た本が(細々とではありますが)いまだに売れているのは、ほんとうにありがたいことです。やはり継続して紹介することがたいせつなのでしょう。ネアンデルタール3部作もお楽しみに(来年だけど)。

 安野玲さんから、ロード・ダンセイニの初期短編集、『世界の涯の物語』(河出文庫 bk1 amazon)をいただきました。ありがとうございます。内容といいパッケージといい、訳者のみなさんと編集者のこだわりが存分にいかされた、すばらしい本です。ここでごちゃごちゃいうより、中野善夫さんのサイトを参照していただくのがいちばんでしょう。屋根裏の書庫とか、管理者の仕事一覧とか、いたるところに言及があります。こういう企画がとおるとは、日本もまだまだ捨てたものじゃない。


Top