お知らせ

2004年4月


2004/04/30  イラク人質記者会見。「迷惑をかけて申し訳ありません」ではなく「ご支援ありがとうございました」といったおふたりに拍手。


 中村融さんから、『フェッセンデンの宇宙』 エドモンド・ハミルトン (河出書房新社 bk1 amazon)をいただきました。ありがとうございます。〈奇想コレクション〉の第4弾。表題作は、だれもが衝撃を受けた古典的名作。表紙のミスマッチ感がすばらしい。この叢書、好評を受けてまだまだつづくようです。日本も捨てたものじゃない。

 ソニー・マガジンズからは、『エラゴン 遺志を継ぐ者』 クリストファー・パオリーニ (大嶌双恵訳 bk1 amazon)をいただきました。17歳で自費出版した本が作家に見いだされてベストセラーに、というドラマ付き。日本のベストセラーリストにもさっそく登場しているようです。最近のファンタジイ本はどんなに厚くても定価1900円以下と決まっているんでしょうか。

 一カ月遅れになってしまいましたが、新潮文庫の注目は、『極短小説』 スティーヴ・モス/ジョン・M・ダニエル編 (浅倉久志訳 bk1 amazon)。原語では55語、日本語では200字以内という制限付きのショートショート集。翻訳の勉強に原書と付き合わせたくなりますね。
2004/04/16  ここで政治の話をするのはやめようと思っていたんですが、今日の夕刊を読んで涙が出るほど情けなくなったので、人質事件の被害者の自己責任を問う政府与党のみなさまの発言を、記録として残しておくことにします(ソースは基本的に朝日新聞)。

 公明党の冬柴鉄三幹事長――「損害賠償請求をするかどうかは別として、政府は事件への対応にかかった費用を国民に明らかにすべきだ」

 自民党の安倍幹事長――「山の遭難では救助費用は遭難者・家族に請求することもあるとの意見もあった」

 井上防災担当相――「家族はまず『迷惑をかけて申し訳なかった』と言うべきで、自衛隊撤退が先に来るのはどうか。多くの方に迷惑をかけたのだから、責任を認めるべきだ」。

 河村文部科学相――「自己責任という言葉はきついかもしれないが、そういうことも考えて行動しなければならない」

 自民党の柏村武昭参院議員――「人質の中には自衛隊のイラク派遣に公然と反対していた人もいるらしい。そんな反政府、反日的分子のために血税を用いることは強烈な違和感、不快感を持たざるを得ない」

 小泉純一郎首相――「目に見えないところで昼夜奮闘、24時間態勢でいかに多くの人が取り組んだか。退避勧告を無視して出掛けていった人にもよく考えてほしい」

 記者会見で国民を小馬鹿にした発言をくりかえす福田官房長官――「自己責任とはいえ、こういうことになれば大勢の人に迷惑がかかる」 」

(ちなみに、小泉さんや福田さんがいっている大勢の「人」というのは、政府の関係者をさしています)

 国民の反対を押し切り、屁理屈を積み重ねて、鉄砲かついだ自衛隊をむりやりイラクに派遣したことがそもそもの原因であり、アメリカがファルージャでイラクの人びとを「虐殺」したことが直接の引き金になったにもかかわらず、そうした問題には目をつぶり、現地に足をはこぶこともなく日本でのうのうとしている政治家のみなさんが、どうしてこんな発言ができるのか。腹が立つよりなにより、まったく理解不能です。

 アメリカはほんとうに愚かな戦争をしていますが、そんな国の政治家でも、日本の政治家ほど人として腐ってはいないようです。最後にパウエル国務長官の発言を引用しておきましょう。これもピントがずれてはいるんですが。

 「誰も危険を冒さなければ私たちは前進しない。より良い目的のため、みずから危険を冒した日本人たちがいたことを私はうれしく思う」


Top