お知らせ

2004年3月


2004/03/31  ワールドカップアジア一次予選、シンガポール戦。

 すいません、「予選とはこういうものだ」とか書いていながら、わたしもやっぱり相手を甘く見ていたようです。結果が最優先なので、とりあえず勝てたのはよかったんですが、日本が過去にいちども経験したことのない「主力選手の大半のコンディション不良」という事態に今後どのように対処するのか、ちょっと考えないといけないんでしょうねえ。

 韓国がモルディブ(FIFAランキング142位!)と引き分けるくらいですから、今後もなにが起こるかわかったものではありません。心を強くもって応援していきたいと思います。


 白石朗さんから、『弁護士は奇策で勝負する』 デイヴィッド・ローゼンフェルト (文春文庫 amazon)をいただきました。いつもいつもありがとうございます。「近頃のどぎついミステリにウンザリしてる人、必読です」とのこと。なんだか楽しそうな法廷ミステリ。シリーズ第一作で、今後も続々と紹介されるそうです。
2004/03/18  オリンピック最終予選日本ラウンド、UAE戦。今回は同業者の家に集まり、念を送りながら観戦。シャンパンで祝杯をあげられてよかった……。気持ちのはいった試合で、しかも結果がついてきたのですから、なにもいうことはないです。現状の戦力だと、オリンピック本選では、一次リーグの突破さえむずかしいとは思いますが、だからといって小野を呼んだりせず、三試合でこの世代の選手をしっかり育てることを考えましょう。

 大久保を見ていて、モチベーションがいかに重要かということを再確認したわけですが、その大久保も、つぎのワールドカップ予選のメンバーからはずれました。原因は合宿中の無断外出で、大量8人が代表落ち。まあ、これはしかたないですね。なにかの記事に「どうせ海外組がレギュラーなんだから」という控え選手の発言があったとか載っていましたが、そういう発想しかできない人はそもそも代表には必要ありません。小野ももどってくるので、シンガポール戦はなんの問題もないでしょう。


 佐田千織さんから、『魔界の神殿1 運命の予言』 テリー・グッドカインド (ハヤカワ文庫FT amazon)をいただきました。いつもありがとうございます。好調〈真実の剣〉も第四部に突入。今度は全5巻。これだけ巻をかさねてくると、だんだん解説者を見つけるのがむずかしくなりそう。

 中村融さんからは、〈プラチナ・ファンタジイ〉の第四弾、『魔法の眼鏡』 ジェイムズ・P・ブレイロック (ハヤカワ文庫FT amazon)をいただきました。いつもありがとうございます。これも表紙はいい感じですね。「異世界に迷いこんだ二人の幼い兄弟。脱出の鍵はドーナツ中毒おじさん!?」という、作者唯一のこどもむけ作品。この叢書は、翻訳者の思い入れのある作品がつぎつぎと刊行されるので、いろいろと興味ぶかいものがあります。つぎはいよいよプリースト。
2004/03/14  オリンピック最終予選日本ラウンド、バーレーン戦。

 闘莉王の退場により、すべての計算が狂い、最後まで後手後手になってしまった日本。唯一のピンチで失点してからは、黙りこくってしまった選手たちに劣勢をはねかえす力はもはや残っていませんでした。

 正直、半年くらいまえまでは、この技術的にうまいだけの優等生チームではオリンピックはむりだろうと思っていました。しかし、いろいろな意味で規格はずれの闘莉王と平山の加入により、チーム全体がまったくべつものに変貌し、これならひょっとしたら、という期待が高まっていたのですが、キーマンふたりが抜けると、もとどおりの「闘志の欠けた」チームに逆戻りしてしまいました。

 山本監督も、UAEラウンドの過酷なスケジュールで平山を使いつぶしたり、健康管理の失敗で集団下痢を発症させたり、肝心なところで主将を交替させたりと、まあいろいろやってくれているわけですが、そんなことを批判するつもりはありません。予選というのはまさにこういうものであり、日本の力は(マスコミや多くのファンはかんちがいしていますが)アジアにおいて突出しているわけではないので、つねに紙一重の戦いをしいられるのがあたりまえなんです。

 幸い、UAEがレバノンに引き分けてくれたので、3チームは横一線。あとは選手ひとりひとりが、どれだけ勝ちたいという意志をもてるかにかかってきます。そういう意味で、いまだれよりも「すべての日本人を見返してやりたい」と強烈に願っているはずの大久保に、残り二戦での爆発を期待したいと思います。まずは、全力をあげてレバノンを倒しましょう。
2004/03/01  オリンピック最終予選UAEラウンド、バーレーン戦。まさに「絶対に負けられない試合」だったわけですが、それは「絶対に勝たなければならない試合」とイコールではないわけで。そういう意味では、終盤にあそこまでリスクをおかして1点をとりにいった山本采配には疑問が。まあ、フロドとエントのツートップには、これからがんばってもらいましょう。


 いただいた本をまとめて紹介しておきます。みなさんありがとうございます。

 鎌田三平さんからは、『迷宮の暗殺者』 デイヴィッド・アンブローズ (ヴィレッジブックス bk1 amazon)。映画〈ファイナル・カウントダウン〉の脚本家だったんですね。「秘密工作員を襲う悪夢」――映画化決定のジェットコースター・サスペンス。

 小隅黎さんからは、レンズマン・シリーズの新訳第6弾、『三惑星連合』 E・E・スミス (創元SF文庫 bk1 amazon)。「連合部隊・海賊・両棲生物、三つ巴の戦い――宇宙を二分する善と悪の闘いは、はるかアトランティス時代まで遡る」いくらでも派手な惹句をつけられるのは楽しそう。

 細美遙子さんからは、ジャネット・イヴァノヴィッチの新作、『気分はフルハウス』(扶桑社ミステリー bk1 amazon)。好評の〈プラム・シリーズ〉ではなく、新たにスタートしたロマンス小説のシリーズ。あちらではいきなりベストセラーリストの1位になったとか。それにしても、この作者は表紙に恵まれている――と思うのはわたしだけか。


Top