お知らせ

2004年1月


2004/01/31  1月もう終わりですか。いただいた本をまとめて紹介しておきます。みなさんありがとうございます。

 小谷真理さんからは、著作の『エイリアン・ベッドフェロウズ』(松柏社 ISBN 4-7754-0043-6)。「地球史上初のエイリアン文学論!」ということですが、SF評論でありSF作品ガイドブック(未訳の作品を含む)でもあります。bk1にもamazonにも登録がないのはなぜ?

 WAVE出版からは、『反戦の手紙』 ティツィアーノ・テルツァーニ ( 飯田亮介訳 bk1 amazon)。「欧米数百万人の平和行動のさきがけともいえる世界的ベストセラー」だそうです。きなくさい世界情勢に不安をおぼえる人むき。

 小川隆さんからは、『塵クジラの海』 ブルース・スターリング (ハヤカワ文庫FT bk1 amazon)。スターリングの幻の第一長編、訳者の執念による邦訳実現です。〈プラチナ・ファンタジイ〉は、どこかに正式なラインナップが掲載されていないのか(プリーストの『奇術師』は刊行が4月にのびた模様)。そもそも早川書房のサイトに紹介がないというのはどういうことなんでしょう。

 細美遙子さんからは、『タトゥ・ガール』 ブルック・スティーヴンズ (講談社文庫 bk1 amazon)。「全身に彫られた刺青は少女を地獄へ突き落とした」――なんか怖いんですけど、この表紙。
2004/01/13  ロバート・J・ソウヤーの日記をまめにチェックしている方はすでにご存じでしょうが、早川書房からネアンデルタール3部作(Hominids, Humans, Hybrids)の版権を取得したとの連絡がありました。アフサンみたいに中途半端なことにならないよう、最初から3冊まとめての契約です。ヒューゴー賞の影響はやはり大きかった模様。で、邦訳刊行はというと……来年ですかね。

 なんにせよ、正月早々めでたい。七福神効果かな?


 WAVE出版から『魔法の声』 コルネーリア・フンケ (bk1 amazon)をいただきました。「12歳の少女と壊れた本をなおす仕事の父。物語の中にのみこまれてしまった母を助け出すことはできるのか?」という、本をめぐる冒険ファンタジー。帯だけ読むと、とてもおもしろそうですが、さて……。ハードカバー630ページの大作ながら、お値段は1900円とひかえめです。
2004/01/05  今年は平和な一年をすごしたいと思ったので、できるだけ多くの“福”をかき集めるべく、隅田川の七福神めぐりに出かけてきました。

 いままでは賽銭(それも五円玉)を投げるくらいでしたが、今回は思いきって江戸時代から伝わる由緒正しい参拝を決行。各寺社で各々の神様の御分体を手に入れ、宝舟まで購入してみました。ついでに寄った浅草寺では、恥も外聞もなく気合いを入れておみくじを引き、みごと大吉をゲット。今年はなにもかもうまくいくそうです。期待しましょう。

 で、宝船に乗せた神様たちの写真はこちら。モデルのムサシは、このあと当然のように前足をのばして破壊行為におよびました。せっかくの福が逃げたらどうする……。

 みなさま、今年もどうぞよろしく。


Top