お知らせ

2003年12月


2003/12/31  激動の2003年も今日で終わり。プライベートのごたごたもぜんぶ片がついたので、来年はひたすら仕事のほうでがんばりたいと思います。最後に、12月にいただいた本を紹介しておきましょう。みなさんありがとうございます。


 鎌田三平さんから、『凍土の牙』 ロビン・ホワイト (文春文庫 bk1 amazon)。「冒険小説ファンの渇を癒す痛快作」だそうです。640ページという読み応え充分の厚さ。

 白石朗さんからは、『ユートピア』 リンカーン・チャイルド (文春文庫 bk1 amazon)。『レリック』共作コンビの片割れの作品。今度の舞台はテーマパーク。この作家、場面設定からはいるのが好きみたいです。解説の瀬名秀明さんによれば――「臆面もなくおもしろい小説」。こちらは750ページ。

 中野善夫さんからは、『魔法使いとリリス』 シャロン・シン (ハヤカワ文庫FT bk1 amazon)。長大なシリーズものファンタジイが氾濫しているいま、老舗の早川書房から、単発作品ばかりを集めた〈プラチナ・ファンタジイ〉が刊行開始。ラインナップはこちらを参照してください。このあとにグレアム・ジョイスの『レクイエム』が続きます。

 小木曽絢子さんからは、『遺伝子の使命』 ロイス・マクマスター・ビジョルド (創元SF文庫 bk1 amazon)。大人気の〈ヴォルコシガン・シリーズ〉の番外編で、主人公はエリ・クイン。最初期の長編ですね。

 岡田靖史さんからは、『ハリー・ポッターの科学 空飛ぶほうきは作れるか?』 ロジャー・ハイフィールド (早川書房 bk1 amazon)。「意外と近い魔法と科学。その関係を、ハリー・ポッターの魔法世界を手がかりに紹介」してくれるようです。

 大森望さんからは、『不思議のひと触れ』 シオドア・スタージョン (河出書房新社 bk1 amazon)。〈奇想コレクション〉の第二弾は、再評価の進むスタージョン。巻末の32ページにおよぶ訳者解説を読めば、この作家のことはひととおりわかるでしょう。まあ、あれこれ考えずに、このシリーズはぜんぶ買っておけばいいと思います。


 では、みなさまよいお年を。
2003/12/24  今日はムサシの(親が勝手に決めた)誕生日。1歳になりました。

 記念日なので、晩ご飯は豪華カニ入り猫缶(ふだんはドライフードのみ)。バースデイ兼クリスマスプレゼントは、寝床用のキャットポケット。ホットカーペットが付いているので寒い夜も安心。これで、トイレの便器のふたで寝たりしなくなればいいんですが……。感触だけは気に入ったらしく、珍しく前足でふみふみしていましたが、ポケットのなかにはいるという発想はまだない模様。

 ひさびさの近況報告なので写真をサービス。ぶりっこムサシと剣豪ムサシ。すっかり冬毛(?)にかわって、ふっかふか。そして、知人からいただいたクリスマスプレゼントのトナカイ。新たな戦いの日々が幕をあけました……。


Top