お知らせ

2003年10月


2003/10/30  ちょっとだけ翻訳を手伝った、『マトリックス完全分析』 グレン・イェフェス編 (扶桑社 bk1 amazon)が刊行されます。映画の公開に合わせた、『マトリックス』世界の分析本。わたしが担当したのは、ロバート・J・ソウヤーのエッセイ「人工知能とSFと『マトリックス』」。参考資料を提供してくれた渡辺英樹さんと添野知生さん、どうもありがとう。ちゃんと本が届くはずですから、買わないように。


 今月もいただいた本がたまっています。いつもありがとうございます。

 上の本の代表翻訳者である小川隆さんからは、『モテる男の生き方とモテないヤツのやり方』 マーク・パットン (集英社文庫 bk1 amazon)をいただきました。ふむ、これは参考になるかも。

 嶋田洋一さんからは、『冷たい心の谷』 クライヴ・バーカー (ヴィレッジブックス 上巻 bk1 amazon 下巻 bk1 amazon)をいただきました。『アバラット』はありましたが、ひさびさのバーカーという感じですね。楽しみ。

 酒井昭伸さんからは、『星海の楽園』 デイヴィッド・ブリン (ハヤカワ文庫SF 上巻 bk1 amazon 下巻 bk1 amazon)をいただきました。〈知性化の嵐〉3部作の完結編。訳者あとがきで、「ぜんぶで五千百枚超だが、本音をいえば、あと千枚はあってもよかった」とかあっさり書いておられます。「つぎは一万枚でもどんとこい」って……マジ?
2003/10/12  ロバート・J・ソウヤーの『イリーガル・エイリアン』が、やっとのことで増刷になります。星雲賞を受賞したおかげなのか、それとも、近作の『Hominids』がヒューゴー賞を受賞したおかげなのかはわかりませんが、いずれにしてもめでたいことです。11月中旬に書店にならぶ予定ですから、なにかのまちがいで購入していないSFファンの方は、この機会にぜひどうぞ。いやまあ、どこのオンライン書店でもまだ売っているんですが。


 白石朗さんから、ジェイムズ・グリッパンドの『汚れた遺産』(小学館文庫 bk1 amazon)をいただきました。いつもありがとうございます。今年の2月に、前作『誘拐』がはじめて紹介された作者の1999年の作品。法律事務所で働くシングルマザーという、いかにもな主人公が、謎の大金を手にしたことで事件に巻きこまれていく模様。この厚さでこの価格はお買得かも。


Top