お知らせ

2003年9月


2003/09/29  なにやらものすごい勢いで時が流れています。紹介が遅れましたが、いただいた本がいくつか。みなさんいつもありがとうございます。

 山田順子さんから、幻のヴァンパイア小説『薔薇の渇き』ホイットリー・ストリーバー(新潮文庫 bk1 amazon)をいただきました。『ウルフェン』の作者の1981年の作品ですが、2001年になって続編が出たそうです。そちらのほうも新潮文庫近刊とか。なんか不思議な感じですね。ヴァンパイアものって、まだ売れるんでしょうか?

 岡田靖史さんからは、早くも増刷が決定した『なぜ人はニセ科学を信じるのか』マイクル・シャーマー(ハヤカワ文庫NF T bk1 amazon U bk1 amazon)をいただいています。いい表紙ですね。ほっといても売れるでしょう。しかしこれ、ハードカバーでもいただいたような記憶が……。

 佐田千織さんからは、〈真実の剣第3部〉『魔都の聖戦3 密使ムリスウィズ』テリー・グッドカインド(ハヤカワ文庫SF bk1 amazon)をいただきました。例によって表紙もいいし、これもまあ、売れるんでしょうね。近所の本屋にもたくさん置いてありました。テッド・チャンは影も見えないのに。


 あと、3年後の2006年日本SF大会の実行委員会から、早くも挨拶のはがきが届いています。宮城県かあ。ちょっと行きたいかも。
2003/09/05  報告が遅くなりましたが、ロバート・J・ソウヤーの星雲賞受賞作『さよならダイノサウルス』が、ひさしぶりに増刷になりました。5刷でトータル3万6千部。少ないと思われるかもしれませんが、単発の翻訳SFでこの数字は、なかなかたいしたものなんです。やはり題名(と薄さ)のおかげでしょうか。8月中旬から書店にならんでいるはずなので、手に入れそこねている方はどうぞ。

 今年の星雲賞受賞作の『イリーガル・エイリアン』はどうした……?


Top