お知らせ

2003年6月


2003/06/30  柳下毅一郎さんが翻訳された『ジェノサイドの丘 ルワンダ虐殺の隠された真実』 フィリップ・ゴーレイヴィッチ(上巻 bk1 amazon 下巻 bk1 amazon)が、WAVE出版から届きました。ありがとうございます。以前、プルーフを送っていただいた本ですね。添付された文書には、編集者の手書きのあいさつ文が……。いったいどれくらいの数を送っているんだろう。しかし、プルーフとの間隔がわずか半月というのは?

 新潮文庫の7月の新刊も届きました。いちばんの注目は、いうまでもなく、新訳『嵐が丘』 エミリー・ブロンテ (bk1 amazon)。訳者の鴻巣友季子さんは一カ月におよぶヨーロッパ取材旅行を敢行したという噂があります。まさに入魂の翻訳ですね。ページあたり16行でたいへん読みやすいうえ、お値段も控えめになっています。じつは部数もこっそり教えてもらったんですが、それは内緒。ロングセラーが保証された本というのは、ちょっとうらやましいかも。
2003/06/29  某翻訳者とその夫君といっしょに、某レストランでランチ。いろいろと驚かされることばかりでしたが、楽しいひとときを過ごさせていただきました。ありがとうございます。持ちこみワインもごちそうさまでした。……しかし昼間のワインはきく。
2003/06/28  シリーズもののリーディング。読んでも読んでも終わらない。うう。
2003/06/27  カメルーンのフォエ選手がピッチ上で突然死。衝撃の場面をテレビで見ていて思ったのは、緊急時の医療体制の甘さでした。

 なかなか医師は出てこないし、そこらへんの人が勝手に倒れた選手の頭を持ちあげたりおろしたりしているし、やっとピッチ外へ運びだすと思ったら、手持ち式の古くさい担架だったせいか、途中でひとりがころんで選手を落っことす始末……。通路で蘇生処置をしていたとかいう話なので、まともな医療設備もなかったんでしょう。

 アメリカンフットボールなどの迅速かつ患者最優先の処置を見慣れているだけに、ほんとうにいらいらさせられました。でも、どこも事情は似たようなものでしょう。せめて、今後の対策については本気で考えてもらいたいと思います。
2003/06/26  リーディングを急かされる。うう。
2003/06/25  カラー印刷が不調だったWorkCentre2150J。サポートに新しいヘッドカートリッジを送ってもらって交換したところ、正常にもどりました。あいかわらずサポートは良好。しかし、富士ゼロックスはすでに個人向けのプリンタ開発から撤退してしまったようです(よっぽど売れなかったのか)。この製品も、いつまで消耗品や部品が残っているのやら……。

 東京創元社がいよいよミステリ雑誌『ミステリーズ!』を刊行開始。最初の一年は季刊で、その後、隔月刊に移行する模様。翻訳ものはディーン・クーンツが一編。瀬名秀明さんのクーンツにまつわるエッセイも。


 某出版社から、とある映画本のほんの一部の翻訳を頼まれました。人工知能がらみのエッセイですが、なんでわたしのところに依頼が来たかというと……いずれあきらかになるでしょう。
2003/06/24  某掲示板での書きこみ。せっかくなのでここに記録しておきます。ほんとの本音をいうと、小野が出ていない時点で、好成績は期待していなかったんですが。ベンゲルの意見はこちら


 個人的には、W杯で一次リーグを突破できたのは、トルシエの戦術の柔軟性に欠けた部分に選手たちが疑問をいだき、自主的にその修正をおこなったおかげだったと思っています。それがロシア戦、チュニジア戦での完封勝ちにつながった。で、その状況に危機感をおぼえたトルシエが、自分の存在感を高めるために奇策をうって自滅したのがトルコ戦。あんな異常な試合はなかったですからね。

 トルシエみたいな独裁者タイプの監督に、自己表現がへたな日本の選手たちが完全に抑えつけられ、おもちゃにされるような状況はもう見たくないです。そんなロボットたちのサッカーで中途半端な「結果」が出たってうれしくないし。そもそも、開催国で、あれだけ組み合わせにめぐまれて、それでもベスト16までしかいけなかったというのは、結果を出したとはいわないでしょう。韓国はあの組み合わせでベスト4ですよ。

 コンフェデのジーコ采配で、二試合目は捨て試合にするべきだったとか、主力は休ませるべきだったとかいう意見があるようですが、わたしはそうは思いません。フランス戦でそれなりに攻めの形をつくれたおかげで、コロンビア戦でもおおむね優位に試合を進められたんだと思います。フランス戦で控えの選手をいれて、ろくにコンビネーションもかたまらないまま惨敗していたら、コロンビア戦はもっとあっさり負けていたかもしれません。

 もちろん、フォワードが足りなかったとか、鹿島偏重とかいった問題はありました。ただ、トルシエは最後まで自分の頭にある戦術を変えようとしなかったけれど、ジーコにはもうすこし柔軟な面があるように見えます。今回の大会は、主力選手のほとんどが絶不調という前代未聞の状況だったわけですし、チームも監督も、いましばらく見守っていくべきではないかと思います。

 今後も秋田名良橋を使い続けるようなら、それはまあ、首でしょうけどね。
2003/06/23  コンフェデレーションズカップの一次リーグ第三戦。おおむね予想どおりの、順当な結果でしょうか。序盤のコロンビアの攻撃をしのいだあとは、ずっと日本ペース。後半にはいると、コロンビアはあきらかにへばっていたので、先に一点取れば、試合は決まっていたでしょう。

 しかし、そこで決めるべきところを決められないのはあいかわらず。そして、ひとつのミスから簡単に失点してしまうのもあいかわらず。進歩がないなあ。松井がなにかやってくれるんじゃないかと期待したんですが(実際にやってくれたんですが、高原が……)、時間がなさすぎましたね。小笠原がやっぱりだめだったので、せめて後半頭から投入してほしかった。

 はじめてまともに攻めてくる相手とあたって、新造ディフェンスラインは、やはりほころびが見えました。プレスがきついと遠藤もいまいち。中田浩二はいったいどうしたのか。とはいえ、秋田名良橋をもはや代表に呼ぶ必要がないことがはっきりしたのはよかったのでは。唯一のうれしい誤算は、三都主にびっくりするほどスタミナがあったこと。

 いろいろ批判されているようですが、ジーコの采配はとくにまちがっていなかったと思います。まだチームづくりは初期段階で、勝ち負けにこだわる状況ではありません。フランス戦でへんに選手を入れ替えるより、きちんとしたかたちで、納得のいく試合をすることのほうが重要だったと思います。ただし、フォワードが足りなかったのはあきらかに選手選考のミス。

 そもそも、代表戦で「世界を知る」とか「経験を積む」とかいう時代はもう終わっています。ひとりひとりの選手が、個々のクラブでしっかり働き、技術を磨いたうえで代表チームに合流しないと。それをどうまとめるかが、監督の腕の見せどころでしょう。これでシーズン終了というのは、ちょっと寂しいですが。
2003/06/22  寝不足気味……。
2003/06/21  コンフェデレーションズカップの一次リーグ第二戦。フランスはかぎりなく二軍に近く、引き分けでもいいせいか本気で攻めてきませんでした。寄せ集めなのでコンビネーションはばらばら、パスもクロスもシュートも精度は低く、決定的なチャンスはいちどだけ。そんな相手に負けるとは……。状況を考えれば、最悪でも引き分けにできたはずです。情けない。

 ただ、“あっさり”負けたわけではなく、同点に追いつくねばりも見せたので、一次リーグ突破の可能性は出てきたと思います。しかも、つぎの相手のコロンビアは、主力選手ふたりが欠場。日本チームで欠けるのは、出てもたぶん動けない稲本だけ。もっとも、代役と思われる中田浩二が絶不調なのは気にかかります。中村は足首を痛めているし、大久保も疲労困憊。といって、代えるフォワードはいない……。条件的にはほぼ互角でしょうか。ディフェンスがどこまで耐えられるかが鍵ですね。

 坪井はほぼレギュラー確保か。遠藤も代表に定着しそう。小笠原は、自分はそれなりにできる選手だとかんちがいしているようなので、本人の意識が変わるまで代表に呼ばなくていいです。山田はもうひと息。三都主、大久保はヨーロッパで上のレベルを体験しないと。ほんとうのアウェイはあんな穏やかなものではありません。

 それにしても……フランスという国はアフリカ大陸にあるんでしたっけ?
2003/06/20  プリンタが不調。黄色が印刷できない……。
2003/06/19  コンフェデレーションズカップの初戦。とりあえず勝ちましたが、なにしろ相手は大学生レベル。ジーコジャパンがこれまでに対戦したなかではもっとも弱い相手だったのでは。

 中盤でプレッシャーがほとんどないので、好き勝手に攻撃できたにもかかわらず、決めるべきところで決められないのはあいかわらず。とくに悪かったのは高原。コンディションがよくないのか。大久保も、動きはいいんですが結果がついてきません。稲本、三都主もまだまだ。

 つぎはフランス戦。もうこの国には負けたくないです。敵は日程を考えて主力を温存するという話もありますし、そもそも今回のチームはたいして強くない。コロンビアよりはやりやすいような気がするので、勝ちにいきましょう。ここであっさり負けたら、たぶん決勝トーナメントには進めないと思います。
2003/06/18  疲れがひどいので、ひさしぶりにドリンク剤(リゲイン)を購入。これからしばらく、24時間闘わなければなりません。
2003/06/17  鎌田三平さんから、ジョー・R・ランズデールの『テキサスの懲りない面々』(角川文庫 bk1 amazon)をいただきました。ありがとうございます。題名を見ればおわかりのとおり、〈ハップ&レナード〉シリーズの新刊です。早川書房から出ているほうは次々と映画化されるみたいですが、このシリーズは……やっぱりむずかしいか。

 先日の地震で本棚に被害を受けたらしい瀬名秀明さんからは、『八月の博物館』(角川文庫)をいただきました。ありがとうございます。2000年に出た単行本の文庫版。まあ、説明は不要ですか。小さくなってもきれいな表紙ですね。

 同じ角川文庫でありながら、瀬名さんのは589ページで743円なのに対し、ランズデールは402ページで952円。部数がかなりちがうんでしょうが、それにしても翻訳ものは高い。売れないわけだ。
2003/06/16  実家でとれた梅で、今年も梅干しを漬ける。
2003/06/15  WAVE出版という聞き慣れない会社から『ジェノサイドの丘 ルワンダ虐殺の隠された真実』という本のプルーフが届きました。訳者の柳下毅一郎さんが手をまわしてくれたようです。上巻の帯はこんな感じになる模様。

 1994年、アフリカの真ん中で100万人が殺された。 だが、世界の人々は少しも気にしなかった。

 アフリカの事件はあまり報道されませんからね。わたしもぜんぜん知りませんでした。謎の大陸のちっぽけな国を舞台にした、硬派なノンフィクション。


 柳下毅一郎さんといえば、国書刊行会で12月から刊行が予定されている〈未来の文学〉シリーズ(全5巻)でも、期待の作品を担当されています。こちらの最新ニュースに掲載されている強烈なラインナップは以下のとおり。

  ジーン・ウルフ『ケルベロス第五の首』柳下毅一郎訳(第1回配本)
  イアン・ワトソン『エンベディング』山形浩生訳
  シオドア・スタージョン『ヴィーナス・プラスX』大久保譲訳
  トマス・ディッシュ『ベスト・オブ・ディッシュ』若島正編
  R・A・ラファティ『宇宙舟歌』柳下毅一郎訳
2003/06/14  NHKの衛星放送で録画した、ブルース・リーの〈ドラゴン危機一発〉を仕事中に流していたら、BGMにいきなりピンク・フロイドの〈タイム〉が! 有名なイントロ部分だけでしたが、どうせ許可をとってないんだろうなあと思っていたら、今度はキング・クリムゾンの〈太陽と戦慄 Part2〉が! マニアックだ。なんか海外向けバージョン専用だとか。
2003/06/13  小野伸二インタビュー。とにかくゆっくり休んで。来シーズンはリーグ優勝だ!
2003/06/12  アメリカの火星探査機、打ち上げ成功。ウェブのニュースにも映像がくっつく時代になりました。
2003/06/11  目黒のマンションを購入した某翻訳者の新居お披露目パーティ。使いやすそうなリビングダイニングに、ひろびろとした仕事部屋。すばらしい。仕事用のパソコンは、ちかごろはやりのeMachine。ネット環境は光ファイバ(?)で、実測30Mbps! 映画の予告編もきれいに流れていました。

 もっぱら猫と映画の話をしていたような気がしますが、部数減少や印税率引き下げといった景気の悪い話もちらほら。そのいっぽうで、映画のノベライズが18万部だとか28万部だとかいったうらやましい話も。某翻訳者はどうしてあんなに映画本ばかり大量に訳せるのか、といったちょっと危険な話も。


 パラグアイ戦。相手のレベルがちがうとはいえ、このまえのアルゼンチン戦よりは、よっぽど可能性を感じさせてくれる試合でした。ただ、点がとれないという重大な問題はあいかわらず。日本の最大の弱点はフォワードなので、いまのうちに新しい選手をどんどん試すべきではないかなあ。
2003/06/10  新宿で某社編集者と打ち合わせ。ヤングアダルトホラー(?)3部作の翻訳を引き受ける。あまり割のいい仕事とはいえないので、せっせと宣伝しないと……。
2003/06/09  中原尚哉さんから、『密林・生存の掟』(扶桑社ミステリー bk1 amazon)をいただきました。ありがとうございます。ノンフィクションみたいなタイトルですが、れっきとしたサバイバル冒険小説。著者はなぜかアラン・ディーン・フォスター。表紙を見て、サンリオ文庫の新刊かと思いました。

 細美遙子さんからは、ジャネット・イヴァノヴィッチの『やっつけ仕事で八方ふさがり』(扶桑社ミステリー bk1 amazon)をいただきました。ありがとうございます。好評シリーズの第八弾。題名の予想はなかなか当たりません。表紙はあいかわらずの脱力系。


 今日のムサシ写真は、愉快な寝姿をふたつ(本棚窓辺)と、シャンプー後のぬれねずみ。専用の写真館も新設しましたので、ご利用ください。
2003/06/08  ジーコジャパン惨敗。いやはや、アルゼンチンはなんであそこまで本気になるんでしょうね。日本のメンバーを考えたら、当然の結果でしょう。もっとも、あそこに中村や高原が加わったところで、たいして変わりはなかったか。

 中田ヒデはスーパーマンではなく、ヨーロッパでは“並”の選手のひとりにすぎないのですから、そこ“だけ”にボールを集めるような布陣が成功するわけがありません。

 それにしてもディフェンス面がひどすぎた。名良橋や小笠原がアルゼンチンの選手に遊ばれ、稲本すらぶち抜かれる。当然のこととはいえ、夢から覚めた代表ファンも多かったのではないでしょうか。パラグアイ戦もどうなることやら……。
2003/06/07  ここでのムサシ関連の記述について、苦情メールをいただきました。配慮が足りず、申し訳ありませんでした。以下に転載しておきます。


 いつも猫日記楽しみに拝読しております。

 ところで、連載当初から気になっていることがありまして、メールしました。

 「お知らせ」を読む限り、ムサシが”内田さんの猫”としてしか読めません。
 (ゆ)も頑張って世話しているはずなのですが、内田さんがすべてを行っているかのように読めます。
 これはいかがなものかと。

 もちろん、おやつ・夕飯やり、おしっこの世話、ブラッシング等、たいそう内田さんには手間をかけております。感謝しております。
 でも、(ゆ)の猫だからそのつもりで世話をするように! と言ったのはアナタではありませんか。
 そのあたりのことが、猫日記読者には伝わらないのではないかと思い、拙い筆をとった次第です。

 ご検討いただければ幸いです。

 匿名希望(ゆ)
2003/06/06  新宿で某社編集者と打ち合わせ。といいつつ、もっぱら猫の話に花が咲く。肝心の仕事のほうはというと、謎の本の刊行予定が(予想どおり)来年の春にのびてしまうし、持ちこみ本のほうは反応がいまひとつ。がまんがまん。

 コンフェデレーションズカップのメンバー発表。これが現時点でベストの顔ぶれか……。せめて大久保は入れておいてほしかった。小野がはずれるのは残念ですが、ここ2年ほど休みなしで働いてきただけに、長期休養も必要でしょう。
2003/06/05  だからハクビシンを虐待するなというのに。むかむか。
2003/06/04  埼玉スタジアムで浦和レッズ対フェイエノールト

 小野はちょっとしか見られなかったんですが、怪我ではしかたありません。飛車角金銀落ちくらいのフェイエでも、それなりに楽しめました。立派なスタジアム、五万人を超える大観衆、交替するボンバルダへの大きな拍手と、選手たちにも楽しんでもらえたと思います。しかしレッズはなあ……。
2003/06/03  厄年記念日

 ということで、数年まえに(ゆ)からプレゼントされた誕生年ワイン(1961年)をついにあけました。ものはシャトー・レオヴィル・ラス・カーズ。披露宴で出したクロ・デュ・マルキのファーストワインだそうです。暗号にしか見えない方は読み飛ばしてください。わたしもよくわかっていません。

 なかば話の種に購入したとはいえ、できればちゃんと飲めるものであってほしい。ところが、いざ抜栓してみると、コルクがけっこうぼろぼろ。一時はどうなることかと思いましたが、ぶじに42年の歳月を生きのびていました。たいしたものです。で、飲んでみた感想はというと、これが……。

 わたしはワイン素人ですから、うまかった、いまいちだった、といったごく単純な感想しかいえません。ただ、42年まえのワイン、という事前情報から予想していたものとは、まったくちがっていました。とにかく飲みやすい。といって、軽いわけではない。一般人が赤ワインをちょっと飲みにくいと感じる要素がきれいに削ぎ落とされていて、純粋にその味を楽しむことができる、とでもいいましょうか。ほんとにびっくりしました。なんか素直に感動の夜。


 今年のプレゼントは自動給餌器CAT MATE C50。結局は猫にもどる。
2003/06/02  数日まえの、ちょっとショックなできごと。

 ムサシが午前中からドタバタやっているので、なんだろうと見てみたら、革の首輪を自分でくわえこみ、さるぐつわ状態になって苦しんでいました。口を閉じることができない。ざぶとんでおさえつけてはずそうとしたものの、引っぱると痛いらしくものすごい暴れかたをするので、やむなくはさみで首輪をぶったぎりました。もうひと穴きつくしておくべきだった。すまん、ムサシ。

 口の両端がこすれて、しばらく腫れていましたが、いまはきれいになってきたようです。きらわれたのも半日だけですみました。でも、なんとなく仕事場にあまり寄りつかなくなったような……。

 サービスショットは見返りムサシ。横に見えるのは、縦にふたつならんだ液晶モニタ。
2003/06/01  無実の罪を着せられている可能性が高いので、ハクビシンを虐待しないようにしましょう。


Top