お知らせ

2003年4月


2003/04/30  4月も終わりか……。
2003/04/29  中村融さんから、訳書の『凶獣リヴァイアサン』 ジェイムズ・バイロン・ハギンズ (創元SF文庫 上巻 bk1 amazon / 下巻 bk1 amazon)をいただきました。ありがとうございます。迫力満点の表紙ですね。「絶海の孤島で、秘密裏に開発した怪獣が暴走した」というモンスター軍事SF。ゴジラを飼い慣らせば究極の生物学的軍事抑止力になる――という発想でしょうか。おもしろそう。


 新潮文庫とヴィレッジブックスから新刊の海外文庫がどっさり。また伏見威蕃さんの本が……。
2003/04/28  フェイエノールトの来日公演。ついチケットをとってしまった……。
2003/04/27  SIONが入籍を公表。お幸せに。
2003/04/26  電源を切っても表示が消えない記憶型液晶ディスプレイを採用した電子ブック端末。超低消費電力で、単3形乾電池2本で3〜6カ月の使用が可能とか。これなら電子テキストをまともに読めるかな? とりあえず、無意味な見開き型はやめて、なるべく薄く、軽くしてください。【松下電器のニュースリリース。イーブックイニシアティブジャパンのサイト


 1,980円というやけっぱちな値段の翻訳ソフト。本体を安く売って、専門用語辞書で儲けようという作戦か?


 もひとつ気前のいい安売り。小倉書店の『自然科学系英語辞典』 〈今なら発売記念として、当社直接のご注文に限り、全商品の中から一点を無償提供いたします!〉 英和と和英の2枚なら、定価10万円のところを1万円。そもそも定価が高すぎるような気はしますが、和英のほうはけっこう使えそう。


 初島の海底送電線は人為的に切断された? 「切断面の状況から、熱で焼き切った可能性が考えられます」 犯人はやはり……ガジーラ?
2003/04/25  眠い……。
2003/04/24  六本木ヒルズのオープン前日。

 (ゆ)の勤め先が新しいショップをオープンするので、現地でスタッフのみの前夜祭パーティ。本人もただ酒が飲めると出かけていったが、深夜になって終電をのがしたとヘルプコール。車で六本木までお出迎え。午前2時近くだというのに、そこらじゅうタクシーだらけ。ほんとに不況なのか。
2003/04/23  ソウヤーのヒューゴー賞連続落選について、山岸真さんからメール。


 「お知らせ」を読んで、ヒューゴー賞(小説4部門限定、昨年まで)の記録を調べてみました。
 ソウヤーは昨年までですでに、「ヒューゴー賞ノミネート歴はあるが受賞0の作家の中で、長篇部門の受賞逃し回数最多」のレコードホルダー(5回)のようです。
 単に、「ヒューゴー賞ノミネート歴はあるが受賞0の作家」だと、ビショップ(ノミネート9回、うち長篇1)、パーネル(ノミネート8回、うち長篇4[すべて合作])、ウルフ(ノミネート8回、うち長篇3)のあとに、ノミネート6回でソウヤーとウォルドロップ(長篇は0)がつづいて、ノミネート5回はいるけど、そのすべてが長篇という作家はいないもよう。
 さらに、「ヒューゴー賞受賞歴はあるが、長篇部門はノミネートのみで受賞0の作家」だと、シルヴァーバーグの長篇部門受賞逃しは9回、ポール・アンダースン7回、ベア5回。
 「長篇部門受賞歴はあるが、同部門受賞逃し回数も多い作家」は、ニーヴンが7回[うち合作4](長篇部門受賞1回)、ハインライン6回(長篇部門受賞4回)、5回がいなくて、4回が5人かな。

 ヒューゴー賞の長篇部門受賞者は、全員が同部門へのノミネート3回以内で初受賞している。ジンクスがどうこういうんじゃないけど、ヒューゴー賞投票者は、こと長篇に関しては新しもの好きの傾向があるのかも。でソウヤーは今年が6回目。
 一方で、小説4部門あわせて、キム・スタンリー・ロビンスンは11回目、スターリングは9回目、スワンウィックは8回目、ディレイニーは7回目のノミネートで初受賞。他部門ではもっといろいろある。ソウヤーは今回がまだ7回目。


 よけいなひとことで山岸氏のビブリオ魂を刺激し、仕事のじゃまをしてしまったようです。申し訳ない。メールの最後に 「いやまあ、トロントでやるんだから、ソウヤーでガチガチでしょ」 とありましたが、それだけに、受賞をのがしたらショックが大きそう。
2003/04/22  ネビュラ賞の結果はこちら。ニール・ゲイマンは、ヒューゴー賞、ローカス賞とのトリプルクラウン。日本でも出るはずです。テッド・チャンのノヴェレットもトリプルクラウンで、すでに翻訳されています(「地獄とは神の不在なり」SFマガジン2003年3月号)。

 ヒューゴー賞の候補作はこちら。スワンウィックが3部門に4作品を送りこんでいるのが目を引きます。長編部門の候補には、ソウヤーの『Hominids』も。作者から報告メールも届きました。プレスリリースはこちら。さあ、2年まえの悲劇を乗り越えられるか、それとも6度目の落選か(記録?)。


 AV Watchの記事――米国版の「千と千尋の神隠し」は赤いか白いか?
2003/04/21  浅倉久志さんから、訳書の『ユービック スクリーンプレイ』 フィリップ・K・ディック (ハヤカワ文庫SF bk1 amazon)をいただきました。いつもありがとうございます。あの名作のシナリオ版。でも、結局、映画になることはなかったんですね。ディックはやっぱり貧乏なまま。

 そういえば、アシモフの『われはロボット』が映画化されるそうですが(原作とはほとんど関係がない模様)、どさくさまぎれに、あのハーラン・エリスンがむかし書いたシナリオを出版するというのはいかがでしょう>各社編集者様。「もうひとつの『われはロボット』が存在した!」
2003/04/20  最近はFM放送をよく聴いています。
2003/04/19  本の雑誌5月号。田口俊樹さんのエッセイを読んで、ふと思ったこと。

 「神よ、願わくば、自分に変えられるものを変える勇気と、変えられないものを受け入れる落ち着きと、そのふたつを見きわめる知恵を授けたまえ」ということばが、断酒会「AA」の禁酒の心得として紹介されています。最近どこかで読んだなあと思ったら、マイケル・J・フォックスの『ラッキーマン』(ソフトバンクパブリッシング)の書評で引用されていました。

 かなり有名らしいので、原典はなんなのかと調べてみたら、ラインホルト・ニーバーという神学者の祈りのことばでした。インターネットはやっぱり便利。

 もうひとつ、映画〈カサブランカ〉で、ボギーが自分に惚れている女をあしらうときの有名な台詞も紹介されています。「昨日は何をしてたの?」「そんな昔のことはもう忘れたよ」「今夜は何をするの?」「そんなさきのことはわからない」

 こちらは、女のあとのほうの台詞が記憶とちがっていたので、不安になって確認。実際の台詞は「Will I see you tonight(今夜あえる)?」でした。英語の字幕付きのDVDはやっぱり便利。裏技として、字幕を抜きだすソフトも存在しているようです。テキスト化しておいたら検索が楽だろうなあ。
2003/04/18  NHK-BSで再放送中の〈おしん〉にはまる日々。
2003/04/17  白石朗さんから、訳書の『ブレイン・ストーム』 リチャード・ドゥーリング (講談社文庫 上巻 bk1 amazon / 下巻 bk1 amazon)をいただきました。いつもありがとうございます。だいぶまえから、「憎悪犯罪」をテーマにした問題作だという話を聞いていましたが、ようやく出たんですね。差別用語の件で、巻末に出版社の用心深い「おことわり」がはいっています。作品の本質を無視した見当ちがいな抗議がないといいんですが。

 差別用語問題では、わたしも痛い目にあったことがあります(いい勉強になりました)。いずれ、ここで話せる日が来るか……な?
2003/04/16  TRONについて語られた文章は、なんだか宗教がかったものが多いので注意が必要です。群馬超漢字研究会のサイトあたりは、まだ冷静なほうか。
2003/04/15  〈プロジェクトX〉でTRONが紹介されました。これで一般的な知名度もずいぶんあがる……かな?

 十年くらいまえに、Windowsよりもはるかにすぐれた国産OSがアメリカの圧力によって(というか、へたれな日本政府のせいで)つぶされたという話をはじめて知ったときから、ひそかにTRONを応援してきました。今日の放送でもありましたが、OSを失うのは文化を失うということ。現実に、Windows中心の世界では、日本の漢字文化の一部は切り捨てられようとしています。

 パソコン用OSとしてのTRONは、紆余曲折ありましたが、現在は〈超漢字〉という名前で販売されています。その基本設計のすばらしさや先進性については、このへんを読むとわかります。オープンソース、ハイパーリンクと、時代はようやくTRONに追いついてきました。でも、基本設計がまちがっているWindowsは永遠に追いつけないでしょう(それでも使うしかないというジレンマ)。

 〈超漢字〉の最新版はバージョン4で、さらに機能アップしているようです。もちろん、問題もたくさんあります。しかし、それ以上に魅力があるのもたしかです。いずれは仕事用に導入したいと思い続けてはや十年。使いやすい縦書きのエディタと辞書引きソフトさえあれば……。
2003/04/14  ポルトガル来ないのか……。
2003/04/13  しつこいようですが、『千と千尋の神隠し』の赤問題。本命とみなされていたアメリカ版が発売されたようです。赤みはまったくなく、画質も良好とか。いまとなっては、これをインターナショナル版と銘打ってリージョン2で国内販売するのが、ベストの妥協点ではないかと。

 花火工場の爆発事故。人が行方不明になってしまうほどの爆発というのは、なんだか想像がつきにくいです。でも、バグダッドでは、あちこちで毎日のようにこの規模の惨事が起きていたんでしょう。

 ガース・ニクスの『セブンスタワー』が小学館から刊行されるようです。ほんとになんでも出てしまうんだなあ。いささか複雑な気分。
2003/04/12  Niftyから入会10周年のメール。長かったような、短かったような。
2003/04/11  酒井昭伸さんから、マイクル・クライトンの最新作『プレイ −獲物−』(早川書房 上巻 bk1 amazon / 下巻 bk1 amazon)をいただきました。いつもありがとうございます。AMAZONにもうレビューが6本ものっていると思ったら、原書で読んだ人たちでした。

 今回のテーマはナノテク。もちろん映画化されます。坂村健氏絶賛の帯をここで使ってしまったか……。
2003/04/10  コードレスマウスのカバーが破損。ロジクールに電話をしたら、すでに生産終了しているが、カバーだけ無料で送ってくれるとのこと。製品もいいが、サポートもいい。
2003/04/09  終わったようですね。
2003/04/08  戦争は終わりましたかね。
2003/04/07  とうとう来ました、鉄腕アトムの誕生日。

 先日10DaysBookで購入した『アトム今昔物語』(全3巻)。タイムパラドックスの部分が記憶にあるのとちがうような気がしたので、ちょっと調べてみたところ、手塚治虫研究というサイトにこんな資料がありました。わたしがむかし読んだのは小学館ゴールデンコミックス版だったようです。インパクトちがいすぎ。講談社全集版で修正されたのは作者の意向だったのかもしれませんが、ちょっと残念ですね。

 そういえば『火の鳥 望郷編』も、文庫版では重要な部分が大幅にカットされていました。手塚治虫ほどの作家の作品なら、歴史的資料として雑誌掲載版などをちゃんと残しておくべきではないでしょうか。――と思ったら、復刊ドットコムにも要望が

 『アトム今昔物語』が、テレビアニメ版の最終回の続きだったというのは、今回はじめて知りました。それにしても重い話だ。
2003/04/06  昨日の嵐にもめげず、桜はまだ踏んばっています。
2003/04/05  「お知らせ」するネタがないと、ついアホなことばかり書いてしまいますね。仕事しないと。

 アトムの誕生日まであと二日。電子本ショップの10DaysBookでは、アトム本を全品200円で販売しています(4月7日までの限定)。で、ふらふらと『アトム今昔物語』(全3巻)を購入。少年時代にはじめて読んだときには、タイムパラドックスの部分でかなりの衝撃を受けたものですが……。

 机の上に浮かびあがるキーボード。なんか未来っぽい。いずれPDAや携帯電話に組み込まれる日がくるんでしょう。
2003/04/04  知らない人は少ないと思いますが、念のため。ティプトリーの「エイン博士の最後の飛行」は、『愛はさだめ、さだめは死』(ハヤカワ文庫SF bk1 amazon)に収録されています。
2003/04/03  WHOが異例の勧告を出したことで、戦争戦争とうかれっぱなしの日本の政府やマスコミも、ようやく、はるかに身近なSARSの問題に反応するようになってきました。どう考えても遅すぎですが、まるで危機感がないよりはましでしょう。もっとも、世界中で大騒ぎになっていた狂牛病も止められなかった日本政府になにかを期待するのはまちがっているような気もしますが。

 香港や中国であれだけの感染者が発生している以上、日本にもとっくにウイルスが侵入していると考えるのが自然です(隠蔽しているのか、単に調査をしていないのか……)。もっとも、感染条件や経路がなんだか妙な具合なので、日本人には感染しにくいという可能性もあります。どこかで開発された生物兵器だとすれば、特定の人種だけを狙い撃ちにする仕掛けになっているのかも。

 ひとつ気になったのは、「初期の死者は、野生の鳥類を摂取ないしは処理していた中国広東省の住民」だったという記事。中国の保健当局者の発言なのであまりあてにはならないとはいえ、香港の状況などを見ると、どうも恒温動物がウイルスの媒介に一役買っているような気配があります。もしも渡り鳥が、変異したウイルスを運ぶようなことがあったら……?

 中国の広州で感染者の治療にたずさわり、その後香港へウイルスを持ちこんでから死んだという64歳の中国人医師が、じつはウイルスの開発者だという可能性はないのでしょうか? そもそもこの医師は、自分が感染しているかもしれないのに、なぜ香港をおとずれたりしたのでしょう? いま早急にやらなければいけないのは、この医師の自宅か研究室にジェイムズ・ティプトリー・ジュニアの著作があるかどうかを調べることだと思います。

 エイン博士は各地で鳥に餌をあたえていました。そして、最後にとらえられたのは、香港でした。
2003/04/02  花粉症の注射。二カ月ぶり。
2003/04/01  おお、もう4月……。

 新潮文庫の新刊はクライブ・カッスラーのみ。いまは『ドリームキャッチャー』や『世界をだました男』を売るのに忙しい模様。

 浦沢直樹『20世紀少年』(bk1 amazon)の12巻の“仕掛け”にはドキリとしました。怖すぎる。記憶力が落ちているのか、思いだせない伏線が多すぎて、新刊が出るたびにまえの巻をひっくり返さなければならないのは困りもの。

 ロバート・J・ソウヤーの最新オンラインインタビュー。読者がコメントを投稿すると、二週間後に作者が返事をくれるとか。


 サッカーU22日本代表の対コスタリカ戦。とりあえず、若い選手はさっさと海外に出ましょう。


Top