お知らせ

2003年3月


2003/03/31  劣化ウラン弾を使うのはやめてほしい>米軍。
2003/03/30  星雲賞の参考候補作。海外長編部門で、『イリーガル・エイリアン』と、なぜか『魔術探偵スラクサス』がはいっています。実際には、ここであげられている以外の作品にも投票していいそうです。発表は、第四十二回日本SF大会T−conの席上にて。


 おや、こんなところに翻訳家の小林宏明さんのウェブ日記が。“ひもパン”……おとなのコラムですねえ。バックナンバーも読めます。(すいません、おもしろすぎるのでやっぱり紹介してしまいました)
2003/03/29  いまごろになって花粉症の症状が……。
2003/03/28  サッカー日本代表の対ウルグアイ戦。前半はなかなか楽しめました。まあ、これからですね。マスコミの記事は、事実関係以外はほとんど的はずれと思っておくほうがよさそう。
2003/03/27  〈ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔〉を見てきました。戦闘シーンが多かったので、見終わったらなんだかぐったりしてしまいましたが、まずは期待どおりの出来だったといえるでしょう。ただ、あの終わりかたは……。完結編まで、また一年間待たなければいけないのというのは拷問です。

 失敗したのは、やはり第一部のロングバージョンDVDを事前に見ておくべきだったということ。ディレクターズカット版にはろくなものがないのがふつうですが、この作品の場合は、劇場公開版=短縮版と考えたほうがよさそうです。近所にレンタルショップがあればなあ……。特典ディスクはいらないので、廉価版で再発売してほしい。

 第一部で問題になった字幕は、ネットその他で騒がれたせいか、DVD版やテレビ放映版ではずいぶん修正されていました。今回の第二部では、配給会社がこういう手間をかけてくれたおかげで、あきらかにおかしな部分はなかったと思います。地道に抗議をしてくれたみなさんに感謝。


 で、本編以上に(?)楽しかったのが、上映まえに流れたペプシのCM。実際のフィルムでは、ベッカムたちが勝利にわいていると、酒場の扉をあけてロベカルが登場し、さらなる決闘の予感が――というオチがついています。見てみたいというかたはこちらへどうぞ。笑えます。
2003/03/26  暖かくなってきました。
2003/03/25  先日ここで紹介したメールマガジン〈海外読物案内〉のレビュー。執筆者の方から、『イリーガル・エイリアン』をバックナンバーのページに追加したという連絡をいただきました。ありがとうございます。

 このてのメールマガジンでは、もうひとつ、〈海外ミステリ通信〉も購読しています。レビューも参考になるんですが、やはり気になるのは、ときどき載る翻訳家のインタビュー。最近も、細美遙子さんや伏見威蕃さんが登場していました。


 ヴィレッジブックスから3月の新刊が到着。『時の旅人クレア 3』 ダイアナ・ガバルドン (bk1 amazon)は完結。ほんとに3冊連続で訳者あとがきが……。『きみの帰る場所』 アントワン・フィッシャー (bk1 amazon)の訳者あとがきは、ラストがいかしてます。
2003/03/24  国立はあきらめよう。
2003/03/23  メールマガジン〈海外読物案内〉の最新号で『イリーガル・エイリアン』が紹介されています。そのうちバックナンバーのページにも掲載されるはず。

 『The Return of Santiago』が出たばかりのマイク・レズニックの(たぶん)最新インタビュー。やはり続編の執筆には苦労した模様。『サンティアゴ』の映画化の話もまだ消えていなかったんですねえ。

 新連載が決まったカサハラテツローさん。このところ日記で連載されていた病院関係の話が、血の凍るような恐ろしさ。病院の選択をまちがえるとたいへんなことになるという教訓です。……と、書いたところでサイトを確認したら、イラク関連の日記がごっそり削除され、掲示板まで閉鎖されていました。とりあえず、わたしの意見はむかしとかわりません。

 結局、サッカー日本代表は東京でウルグアイと対戦。レ、レコバかあ……。
2003/03/22  やっぱり石造りの建物は燃えにくいですね。夜中にどかどか爆弾を落としても朝になったらきれいに鎮火しているというのは不思議な感じ。日本だったらとっくに火の海になっていそう。
2003/03/21  『The Return of Santiago』 読了。ふむ。
2003/03/20  とうとうはじまってしまいました。戦争。

 アメリカにはアメリカの理屈があり、それをどうこういうつもりはありません。現実問題として、唯一の超大国を阻止する手段はどこにもないでしょう。ただ、おおざっぱな戦争しかできない国なので、そうとう苦労するとは思います。

 最終的には、石油にかわる優秀なエネルギー源を開発するしかないのかもしれません。石油さえなければ、砂漠ばっかりのあんな土地に執着する国もなくなるわけですから。

 日本のアメリカ支持について不満の声があがっているようですが、「武力行使には参加しない、イラクの戦後復興だけに協力する」という立場を明確にしているので、とりあえず問題はないかと。“アメリカの犬になります宣言”に聞こえますが、力のない国は狡猾に立ち回るしかありません。

 ひとつだけ気になったのは、小泉首相が国民への説明責任について問われたとき、「政府には政府の立場がある」といっていたこと。民衆からの支持によって首相の地位につきながら、自民党内で生きのびることを選んでしまった小泉さんの本音がよく見える発言でした。

 ついでにいうと、南の海で勝手に核実験をやるフランスや、いまだに少数民族の弾圧を続けている中国に、あんまり偉そうなことをいってほしくはないなあ。とにかく、本音を隠した偽善者が多すぎる。

 あと、アメリカでのサッカーの試合は中止してください。アメリカの興行主や放送局の利益を守るために、なんでかけがえのない日本代表の選手たちを危険にさらさなければならないのか(これがわたしの本音)。
2003/03/19  きなくさい。
2003/03/18  花粉症の季節です。最近はずいぶん患者が増えたようで、うちの(ゆ)もたいへんなことになっていますが、わたし自身はいたって快調。苦しんでいるみなさんのために、去年に続いて報告をしておきましょう。

 もう3年も続けている減感作療法。維持段階にはいったいまは、病院に行くのは2カ月にいちどだけ。今年は2月はじめに注射をしただけですが、この真っ盛りの時期でも、鼻水は皆無(以前は鼻にティッシュを詰めて仕事)。くしゃみも皆無(以前は朝起きると連発)。目だけはときどきかゆくなるので、病院で処方してもらった目薬を毎日さしていますが、日常生活に支障はありません。お酒を飲んでも影響はありません。ああ、なんという幸せ。


 この時期はアカデミー賞の季節でもありますが、アニメ部門で候補になっている〈千と千尋の神隠し〉。アメリカ版DVDは赤くないという報告があがっています。われながらしつこい。でも、日本人は大事なことまで簡単に忘れすぎ。
2003/03/17  ほらまた〜戦争かい〜。
2003/03/16  リーディング本追加。むう。
2003/03/15  電子辞書ブラウザのJammingがバージョンアップ。新たにロボワード形式の辞書やCollins COBUILDに対応。うちの環境ではほとんど関係ないですね。岩波生物学辞典はあいかわらず検索内容が表示されません。なぜだろう?


 そのロボワードは、バージョン6になってEPWING形式やシステムソフト形式の辞書に対応した模様。ぜひ試してみたいんですが、体験版はバージョン5しかありません。ううむ。このサイトでは、ライフサイエンス辞書や宇宙開発関係略語集などフリーの辞書も提供されています。
2003/03/14  中華料理はいけるかい〜。
2003/03/13  小隅黎さんから、訳書の『レンズの子供たち』 E・E・スミス (創元SF文庫 bk1 amazon)をいただきました。ありがとうございます。新訳レンズマンもこれで4冊目。あいかわらず迫力満点の表紙です。


 Niftyのライブラリで利用させてもらっていた〈ハヤカワ文庫SFデータ〉。いつのまにかウェブに進出していました。まだまだ発展途上で、アンソロジーなどに抜けはありますが、地道な努力に頭がさがります。訳者別一覧で内田昌之を見てみると、立派なリストが。


 『坂口尚短編集』をまとめて購入。こんなのが出ていたとは……。
2003/03/12  レズニックをぼちぼち読んでいます。
2003/03/11  まったく気づいていなかったんですが、マーティン・ミラー(つまり『魔術探偵スラクサス』のマーティン・スコット)の第一長編が邦訳されていました。題名は『ミルクから逃げろ!』(青山出版社 bk1 amazon)。

 発行が2002年の4月ですから、スラクサスが出たすぐあとだったようですね。牛乳アレルギーの男がなぜか牛乳販売会社から命を狙われる、抱腹絶倒のコメディとか。驚いたことに、本の雑誌の課題図書にも選ばれていました。評価はまあまあ。興味のある方はどうぞ。
2003/03/10  中村融さんから、剣と魔法の物語を集めたオリジナルアンソロジー『不死鳥の剣』(河出文庫 bk1 amazon)をいただきました。ありがとうございます。ほとんどの作品が初訳か新訳というところがポイントですね。『SFが読みたい 2003年版』のアンケートで、今年は本をたくさん出すぞ宣言をしておられましたが、その第一弾ということになるんでしょうか。翻訳者として、浅倉久志さんが一篇、安野玲さんが三篇参加しています。


 その安野玲さんからは、訳書の『リチャード三世「殺人」事件』 エリザベス・ピーターズ (扶桑社ミステリー bk1 amazon)をいただきました。ありがとうございます。名作『時の娘』に挑戦! という歴史ミステリー。伝説的名作だそうです。
2003/03/09  あまりにも無惨なF1中継に愕然。
2003/03/08  細美遙子さんから、ジャネット・イヴァノヴィッチの新作『快傑ムーンはご機嫌ななめ』(扶桑社ミステリー bk1 amazon)をいただきました。ありがとうございます。ATOKでは出てこない「快傑」という表記のせいか、bk1ではしっかり題名の登録をまちがえています。まあ、三省堂もe-honも楽天ブックスもまちがえているわけですが。「そうは問屋がおろさない!!」という帯も、なんだかすごい。


 森下一仁さんのサイトで毎年おこなわれているベストSF投票。2002年度の結果はこちら。順位はともかく、各投票者のコメントが楽しい。
2003/03/07  黙々。
2003/03/06  田中一江さんから、訳書の『壊人(かいじん)』 レックス・ミラー (bk1 amazon)をいただきました。ありがとうございます。すごい表紙ですね。パッケージを見るだけで、担当編集者がだれなのか見当がついてしまいます。「スティーヴン・キングとハーラン・エリスンを狂喜させ」という惹句からもわかるとおり、すこしまえの1987年の作品。人がたくさん死にそう。


 Amazonからもさらに本が到着。グレアム・ジョイスとか、M・ジョン・ハリスンのひさびさのSFとか。渋め。なんで注文したのか思いだせない本も。


 所得税の還付金振込通知が、記録的な早さで到着。さすがに3月中というのはなかったような。びっくり。
2003/03/05  『The Return of Santiago』は、さっそく反応が。しかし邦訳が出るとはかぎりません。
2003/03/04  Amazonから本が到着。

 まずは、ソウヤーのネアンデルタール3部作の第2部、『Humans』。第3部は今年の9月刊行予定。ああ、はやく読みたい。ソウヤーといえば、『占星師アフサンの遠見鏡』からはじまるキンタグリオ3部作が、アメリカで再刊されることが決定したとか。これで、原書でなら苦労せずに入手できるようになります。


 そして、ついに出ました、マイク・レズニックの『The Return of Santiago』。いうまでもなく、あの『サンティアゴ』の続編です。ハードカバーで464ページもありますが、この本だけは長くてうれしいと思えます。ちょうど2年まえにこのサイトをひっそりと立ち上げたとき、いちばん最初にお知らせしたのが、この本に関する情報でした。冒頭の一節は――

 Some people say he was killed by the Angel. Others say that Johnny One-Note gunned him down. Most think he died at the hands of Peacemaker MacDougal.

 真相はみなさんご存じのとおり。ああ、はやく読みたい。しかし時間が……。
2003/03/03  ひなまつり。
2003/03/02  伏見威蕃さんから、訳書の『ブッシュの戦争』 ボブ・ウッドワード (日本経済新聞社 bk1 amazon)をいただきました。ありがとうございます。刊行まえからベストセラーを約束されているような本です。ほんとに戦争がはじまったらさらに売れるはずですが、翻訳者としては複雑な気分かもしれません。「ふしみいわん そんなに訳して(以下略)」


 とりあえず、ラファティの主催者の方から、ラファティ・ファン限定ファンジン『らっぱ亭奇譚集 その壱』と、『らっぱ亭奇譚集 その弐』をいただきました。ありがとうございます。ラファティの短編は、いちどだけ、某アンソロジーで訳すチャンスがあったんですが、やはり勇気が……。そろそろ新しい短編集が出てもいい時期ですね。いや、企画があるという話は聞いてませんけど。
2003/03/01  気がついたらもう3月。タイムマシンに乗ってる気分。


Top