お知らせ

2003年2月


2003/02/28  リーディング、ひとつ終了。しかし2月が……。
2003/02/27  新潮文庫の3月の新刊がどさっと到着。やっぱり郵便受けには……。

 今月の目玉は、いうまでもなくスティーヴン・キングの『ドリームキャッチャー』の3巻と4巻。これで完結です。映画のほうも今年のゴールデンウィークに公開とか。「しらいしろう そんなに訳して どこへいく」――失礼。

 もうひとつの注目作は、ブライアン・フリーマントルが近未来サスペンスに挑んだ『シャングリラ病原体』。これも上下巻。タイトルはかっこいいんですが、内容のほうはいかに。


 ここラファティと書いたとたん、とりあえず、ラファティの主催者の方からメールをいただきました。やはり、とりイカの「ラファティがお好きなら」につられて『いちご実験室』を購入されたとか。つまり、紹介文に「ラファティ」という単語をまぎれこませるだけで、その本の売上は自動的に百冊くらい増えるわけですね。今度のソウヤーはラファティっぽいぞ!(あ、予定がなかった……)
2003/02/26  こつこつ。
2003/02/25  先月に引き続き、ソニーマガジンズからヴィレッジブックスの新刊4点が届きました。もうすこし平らな梱包にしてもらえると、マンションの郵便受けにもはいるんですが。郵便屋さん、いつも部屋まですみません。ダイアナ・ガバルドンの『時の旅人クレア2』(bk1 amazon)は、早くも重版決定とか。好調ですね。しかし、三分冊の長編で毎回訳者あとがきを書くのはしんどそう。


 某所で「ラファティがお好きなら」と書かれていたので、『いちご実験室』(講談社 bk1 amazon)を購入。山名沢湖さんの初の単行本です。なかなか楽しい。ハカセの話をもっと読みたいなあ。ちなみに、コミック方面のわたしの趣味はいたってノーマルで、いまごろになって山下和美にはまったりしています。
2003/02/24  仕事。やや単調。
2003/02/23  仕事。
2003/02/22  だいぶまえから狙っていた、ネットワーク対応のハードディスクをやっと購入。80GBのほうです。I-O DATAが同じようなのを出していたんですが、転送速度があまりにも遅いということで、もっとましな製品が出ないかと、いままでじっと待っていました。

 目的は、各パソコンのデータバックアップと、デジカメ写真や音楽ファイルなどの共有。機能的にはほぼ満足で、設定も簡単でしたが、Win2000のマシンだけはちょっと注意が必要です。ネットワークドライブの割り当てをすると、Windowsの起動時に毎回パスワードの入力を求められてしまうので、バッチファイルを利用してこれを回避しなければなりません。くわしくはこちらに。

 もうひとつの問題は、動作音がやや大きいこと。小さなパソコンみたいなものなのでしかたがないとはいえ、ファンの音がけっこうにぎやかです。そこで、我が家ではクロゼットの奥の本棚に押しこんでしまいました。夏場がちょっと心配。
2003/02/21  仕事と料理の日々。
2003/02/20  仕事。
2003/02/19  佐田千織さんから、『魔石の伝説7 霊たちへの祈り』 テリー・グッドカインド (ハヤカワ文庫FT bk1 amazon)をいただきました。ありがとうございます。ついに第2部完結ですね。表紙も好調。春には第3部の刊行もはじまるそうで、まずはひと安心。


 中野善夫さんの日記で紹介されていた『知っておきたいイギリス英語 ― 現代話し言葉集』 大石五雄 (平凡社新書 bk1 amazon)を購入。仕事の役に立つかどうかは微妙なところですが、とりあえずインデックスのテキストがほしいところです。数が少ないので、自分でつくるか?

 ひとつ気になったのは、用例に使っているという映画の Four Weddings and a Funeral を〈四つの結婚式と一つの葬式〉と訳していること。正式な邦題は〈フォー・ウェディング〉という意味不明なものなので、意図的にやっているなら気持ちはわからないでもないんですが、とくに注釈も見当たりません。もしも、こんな基本的なところで調査が不充分だったのだとしたら、この本の内容自体が……。
2003/02/18  仕事が進まない……。
2003/02/17  咳だけは残っているものの、風邪はほぼ治った模様。インフルエンザだったんでしょうか。身体が資本だけに、病気はつらいです。


 『SFが読みたい! 2003年版』(早川書房 bk1 amazon)を購入。近所の駅前本屋では、いつもさがすのに苦労するんですが、今年はなぜかでっかいポップ付きでならんでいたので、すぐに発見できました。『イリーガル・エイリアン』も、海外篇の第5位ということで、新しい帯付きで平積みに。みなさまの御支持に感謝します。しかし、これでも増刷しないとは……。

 アンケートで『航路』を高く評価する人と『グリーン・マーズ』を高く評価する人がほとんど重ならないような気がしたので数えてみたところ、以下のような結果になりました。うーん、あまり意味はないようですね。

   『航路』だけに投票した人――35名
   『グリーン・マーズ』だけに投票した人――10名
   両方に投票した人――5名

 今回は「作家別日本SF最新ブックガイド150」がたいへんありがたいです。恒例の、SF出版各社の刊行予定がわかる「このSFを読んでほしい」は……見なかったことにしよう。
2003/02/16  やや復活。
2003/02/15  まだダウン中。それでも、気力でいつものレストランへ。チーズが食べられず、無念。もう5年もたったとは。
2003/02/14  風邪でダウン。
2003/02/13  とはいえ、同じ文筆業者でも、源泉徴収では追いつかないほど稼いでいる方々は、17日以降に申告にいくのでしょう。いちどくらいはそういう体験もしてみたい気が。
2003/02/12  税務署へ出かけて確定申告。

 本来、申告書の提出は2月17日からですが、還付申告の場合はそれ以前におこなうことができます。早く提出すれば、払いすぎている税金はそれだけ早くもどってきますし、税務署もこの時期はがらがらですので(今年も30秒で終了)、お勧めです。

 自営業者のくせになんで還付申告なのかといいますと、文筆業の場合、印税や原稿料を受け取る段階で、出版社によって源泉徴収がされているからです。収入のほうはサラリーマンなみに明朗なので、脱税もほぼ不可能。確定申告というのは、いかに経費をたくさん申告して、取られすぎている税金を回収するか、の闘いになるわけです。

 もっとも、去年のように収入が寂しいと、経費方面で「これを入れるのはちょっとむりがあるかなあ……」などと頭を悩ます必要もありません。なにせ、経費を引いた所得より、控除額の合計のほうがはるかに多いんですから。ううっ、情けない……。
2003/02/11  スペースシャトル〈コロンビア〉の事故。

 発泡スチロールみたいな断熱材がぶつかったくらいで壊れるのかよっ、と、テレビにむかって突っ込んでいたら、今度はデブリ衝突が原因だとか、いややっぱり断熱材だとか、NASAの発表もマスコミの報道も迷走しているようです。そう簡単に真相をがあきらかになるとは思えないんですが、急がないと宇宙ステーションに滞在中の3人の宇宙飛行士たちが帰ってこられません。

 ただ、米空軍が地上からとらえた高解像度画像を見ると、左翼になにかがしがみついているようにも……やはり、犯人は衾(ふすま)か?
2003/02/10  実家で電気工事など。
2003/02/09  結局、〈弥生会計〉のバージョンアップ料金が高すぎる(2万円)ので、その半額以下で買える個人事業者向けの〈やよいの青色申告〉を新たに導入しました。こちらでも必要な機能はすべてそろっているので。

 心配だったデータ移行も、テキストファイル経由でぶじに終了。固定資産のデータだけは再入力になりましたが、件数が少ないので問題にはなりませんでした。入力操作もほとんど変わりません。プログラム自体が〈弥生会計〉の機能限定サブセットのようですね。後日送られてきた「平成14年度確定申告機能バージョンアップCD-ROM」は、弥生会計と共通でした。

 もっとも、この確定申告書作成機能で汎用紙に印刷しても、税務署にそのまま提出できるわけではないので、あまり意味はないです。住宅借入金の控除金額も自分で計算しなければならないので、むしろ国税庁サイトの確定申告書作成コーナーのほうが役に立つかもしれません。


 高原、ブンデスリーガで初ゴール!。試合前にこんなことをいわれていただけに、喜びもひとしお。起きててよかった……。
2003/02/08  黙々……。
2003/02/07  鎌田三平さんから、ボブ・メイヤーの『機密基地』(二見文庫 bk1 amazon)をいただきました。いつもありがとうございます。〈閉ざされた極寒の氷原で迫り来る謎の特殊部隊!〉ということで、軍事属性のある方は必読かと。

 早川書房の某編集者からは、イアン・スチュアートの『2次元より平らな世界』(二見文庫 bk1 amazon)を送っていただきました。ありがとうございます。bk1のほうに編集部からのコメントがありますので参照してください。幾何学を、平面世界を舞台にした物語仕立てで紹介している本で、原題は FLATTERLAND。なんかなつかしいですね、フラットランド(床暖房の季節になると、我が家の住人はなかば平面世界人と化します)。


 ミステリマガジン3月号は、2002年の翻訳ミステリ総括号。リーガルミステリ担当の杉江松恋氏が、法廷ミステリが満たすべき三つの要件をあげたうえで、それらをすべて満たす傑作として『イリーガル・エイリアン』を紹介しています。ラストの若干の減点をのぞけば、法廷ミステリとしては「ほぼ完璧」だとか。
2003/02/06  花粉症治療のための注射。いまは二カ月にいちどだけ。はたして今年の春をぶじに乗り切れるか。
2003/02/05  いただき物の続き。

 新潮文庫の注目作は、いうまでもなくスティーヴン・キングの『ドリームキャッチャー』(bk1 amazon)。全4巻のうちの1と2が出ました。残りは3月刊行。翻訳はもちろん白石朗さん。映画にもなるし、また売れるんでしょう。

 白石朗さんからは、ジェイムズ・グリッパンドのリーガルサスペンス、『誘拐』(小学館 bk1 amazon)もいただきました。ありがとうございます。ストレートな題名ですね。初紹介の作家ですが、次の作品の邦訳も決定しているようです。


 ロバート・J・ソウヤーさんからは、ニュースレターが届きました。ネアンデルタール3部作の第3作 HYBRIDS の刊行が、2003年9月に早まったとのこと。

 で、ひさしぶりにソウヤーさんのサイトをのぞいてみたら、コロンビア号の事故がらみでCBCから受けたインタビューの顛末が載っていました。テレビを見た人に発言の真意を誤解してほしくないという訴えのようです。寝起きでいきなり大事件のコメントを求められるのはしんどそう。
2003/02/04  そろそろマンションの補修工事がはじまる模様。やかましいのは困るな……。
2003/02/03  いただいた本がたまっています。

 ヴィレッジブックスが創刊一周年を迎えたとのことで、出版目録や特製日記帳といっしょに、1月刊行分の文庫がまとめて送られてきました。郵便受けにはいりません。

 マリオ・プーヅォはまあいいとして、いちばんの注目はやはり、『鉤爪プレイバック』 エリック・ガルシア (bk1 amazon)。翻訳は酒井昭伸さん。ウワサの恐竜ハードボイルドの続編です。

 もうひとつは、『時の旅人クレア 1』 ダイアナ・ガバルドン (bk1 amazon)。翻訳は、訳す本がつぎつぎと売れまくっている加藤洋子さん。タイムスリップもののロマンティック・アドベンチャー巨編〈アウトランダー〉シリーズの第1弾。これはまだ3分冊の1冊目で、これから毎月連続刊行とか。
2003/02/02  朝日新聞朝刊の紙面から。

 スペースシャトル空中分解。デブリにぶつかったという可能性はないんでしょうか。これでまた宇宙開発計画は大幅に遅れるわけで、野口さんはラッキーだったのかアンラッキーだったのか。

 視力回復に役立つとかいうふれこみで『マジカル・アイ』という本が売れているようです。うちの父親は、何年かまえにこの手の立体視の本に凝っていたことがあったんですが、やりすぎて飛蚊症になりました。因果関係があると断言はできませんが、やめたらなおったのは事実なので、眼科医の意見を聞いてみたいところです。べつにベストセラー本を敵視しているわけではありませんよ。

 読書欄の〈「本」職に聞く〉コーナーに、新潮文庫の竹内さんが写真付きで登場。ぱっと見たときは藤木直人かと思いました。業界屈指の美形編集者ですが、実物はこの写真よりもっといい男です。やっぱり女性作家や女性翻訳家を担当することが多いのかな?
2003/02/01  今月はひたすら仕事です。


Top