お知らせ

2002年11月


2002/11/30  『イリーガル・エイリアン』の感想はGoogleでさがしているんですが、昨日になって検索結果がいきなり400件を超えていました。これ以上は秘書でもいないと更新不可能です。燃え尽きました……。

 こうして全体をながめてみると、ラストの評価が大きくわかれているのが印象に残ります。わたしは笑って読み飛ばしましたが、ぐったりする人がいるのもむりはないと思います。ま、これがソウヤーなんですけど。

 こんなところにもソウヤーの作品紹介サイトが。簡潔にまとまっています。熱心なファンが多いですね。
2002/11/29  書くのをすっかり忘れていましたが、11月17日付の朝日新聞書評欄で、なぜかいきなりグレッグ・イーガンがとりあげられていました(ここで読めます)。紹介者は、TRONプロジェクトで有名な、あの坂村健教授。。うーん、鋭い指摘だ。第二短編集(出るのか?)で解説を書いてもらえば、ビジネス書のコーナーにも置いてもらえるかも――〈天才は天才を知る〉。


 天才ではないわたしはちょっとびっくりした読心術。もうみんな知っているのかもしれませんが。
2002/11/28  富士ゼロックスの複合機、WorkCentre2150Jの新ドライバが到着。WindowsXPで不調だったスキャナ機能が、正常に使用できるようになりました。しかしこの機種、もう販売終了なのか……。
2002/11/27  『イリーガル・エイリアン』の感想リンクに、二階堂黎人さんの不定期日記を追加。大絶賛ですね。「何より、人間が描けてないのがいい」には笑いました。読者がソウヤーになにを求めているかがよくわかります。京都在住のSさんに教えていただきました。ありがとうございます。

 ソウヤー本の邦題については、こんな意見も。“ダイノサウルス”は……なんでしょうねえ?

 関連作品として、マイク・レズニックの『第二の接触』の紹介ページを作っておきました。なつかしい。古本屋でなら、わりと手にはいると思います。
2002/11/26  顎の痛み消えず、不調。
2002/11/25  瀬名秀明さんから続けて二冊。いつもありがとうございます。

 『贈る物語 Wonder』(光文社 bk1 amazon)は、瀬名さんの心に残る小説を集めたアンソロジーで、テーマは“不思議な物語”。式貴士の「窓鴉」とか、なつかしいですね。手の込んだ、きれいな装丁なので、ほんとに贈り物にいいかも。クリスマス用?

 『ハートのタイムマシン! 瀬名秀明の小説/理科倶楽部』(角川文庫 bk1 amazon)は、1999年に岩波書店から出た『岩波高校生セミナー8 小説と科学 文理を超えて創造する』に、第二部「ハートのタイムマシン」を追加したノンフィクション。毛利さんとの対談も収録されています。しかしこの表紙は……?
2002/11/24  歯というより顎に問題がある模様。
2002/11/23  白石朗さんから訳書の『殺意のクリスマス・イブ』ウィリアム・バーンハート(講談社文庫 bk1 amazon)をいただきました。ありがとうございます。朝日新聞でもしっかり紹介されていましたね。またもやクリスマスもので、またもや心温まるお話だそうです。薄いし。売れそう。

 伏見イワンさんからは、『彼女はいつもおなかをすかせている』アンドレアス・スタイコス(ソニー・マガジンズ bk1 amazon)という楽しい題名の本をいただきました。ありがとうございます。軍事ものの翻訳で有名なあの伏見威蕃さんの妹さん……かな? 訳者あとがきがたいへん楽しい。帯によれば〈地中海発――小粋で洒脱でほろ苦い恋愛小説*レシピ付き〉とのことで、ほんとにレシピが付いています。とてもおいしそうな小説。薄いし。売れそう。
2002/11/22  SIONの最新ライブCD『SION-YAON 2002 with THE MOGAMI』が到着。濱マイクの最終回ラストで流れた「通報されるくらいに」もはいっています。
2002/11/21  先日のお知らせについて、ちょっと補足を。

 ソウヤー本の邦題については、こちらも現在のものがベストだと考えているわけではありませんので、ご意見をいただければ歓迎します。すでに出てしまった本はどうしようもないんですが。猟奇の鉄人の11月7日の日記には、『イリーガル・エイリアン』の邦題案があがっています。

 『イリーガル・エイリアン』の初版部数が最低ラインに近いといっても、これはあくまでも早川書房基準の話です。ほかの文庫ならもっと部数の少ない本はいくらでも出ています。たとえば、講談社IN・POCKETの文庫翻訳ミステリーランキングで総合一位になった『飛蝗の農場』(ジェレミー・ドロンフィールド 創元推理文庫)の公表初版部数は一万二千部だそうですが、エイリアンの部数はもうすこし多いです。ちなみに、古沢嘉通さんとはちがって、わたしはこれよりもっと少ない部数の文庫もやったことがあります。

 いずれにせよ、読者に泣きついて本を買ってもらうようではしかたがありません。エンタテイメント本は、需要がなければ出版できないのは当然のこと。ただ、これだけ多品種少部数販売の流れが加速してくると、どんなに魅力ある本でも、適切な読者に発見してもらうのは至難のわざです。より効果的な販促手段を考えなければいけないんでしょうが……。
2002/11/20  歯医者……うう。
2002/11/19  『イリーガル・エイリアン』の感想リンク、またすこし増えました。

 このうち、SFムーンストーンというサイトにアップされている感想(11月4日付)の最後のほうに、いくつか気になる指摘があったので、説明しておきます。

 よく誤解されることですが、邦題を決定するのは、翻訳者ではありません。通常は、担当編集者が、上司や同僚や翻訳者を含めたいろいろな人の意見をきいて候補をあげ、それを社内の会議にかけて討論のうえ決定することになります。営業の意見で、まったくべつの題名になってしまうこともよくあります。責任逃れをするつもりはありませんが、最終的な決定権はあくまでも出版者側にあるのです(ちなみに、わたしは邦題付けが苦手なので、候補をあげるだけであとは編集者にまかせることが多いです)。

 じつは、ソウヤーという名前だけで本を買ってくれる人はそれほど多くありません。宇宙船や恐竜といったわかりやすいテーマが見えない場合、『フレームシフト』や『フラッシュフォワード』のように、営業面でかなりの苦戦を強いられます。SF文庫でミステリ的な要素の強さを前面に出しすぎると、ごく一部のミステリ読者を獲得できるかもしれませんが、もっと大勢のSF読者を逃がす結果になりかねません。そこで、今回は、題名も含めて、エイリアンものであるという点だけを強調した本のつくりになっているわけです。

 キャラクター表については、たしかに付けたほうがいいかもしれません。ソウヤーの場合、それがネタバレになる可能性があるので、注意を要しますが。

 恐竜3部作(アフサンのことですね)の続編については、現時点では企画はストップしている、としかいえません。売れなかった第一部をわざわざ表紙までかえて復刊したのは、続編を出すための下準備だったようですが、その復刊分の売れ行きがいまひとつのびていないのです(ここでちょこっと書きましたが、具体的な売上の数字は、出版社の内部情報ですから、いち翻訳者が勝手に公表するわけにはいきません)。

 はっきりしているのは、『イリーガル・エイリアン』の初版部数が最低ライン近くまで落ちてしまったので、ここで売れ行きが悪かったら、もうソウヤーの本は(少なくとも早川書房からは)出せない可能性が高い、ということだけです。ある本を翻訳出版するかどうかについては、題名以上に翻訳者には決定権がありません。『スラクサス』のように、出版社が出さないと決めたらそれまでです。出版社は慈善団体ではありませんから、採算のとれない本を出すことはできません。さまざまな要素を考慮したうえで、最終的な判断をくだすのです。

 いち読者だったころ、好きな本の続きがなかなか出ないと、ものすごく腹が立ったものでした(結局出なかったものも数知れず……)。そういう経験があるだけに、翻訳者になってからは、自分のかかわっている作家や作品については、できるかぎり読者に最新の情報を伝えようと思っています(出版社としてはあまり公表されたくない情報かもしれません)。結果的に「泣きついて」いるように見えることもあるかもしれませんが、それは、ソウヤー本の邦訳を今後も実現させたいと願っているからにほかなりません。ご理解ください。
2002/11/18  講談社IN・POCKETの文庫翻訳ミステリーランキングが発表されています。プロンジーニ&マルツバーグの『嘲笑う闇夜』は、評論家・翻訳家部門で第8位。よくベストテンにはいったと思います。しかしIN・POCKET、近所の本屋で売ってません……。


 翻訳家および小説家として活躍されている、鎌田三平さんの最新インタビューを発見。
2002/11/17  残念といえば、小野選手が所属するフェイエノールトは、チャンピオンズリーグで一次リーグ敗退となってしまいました。残り20分で一点とれば――というところまでたどり着いただけに、悔しさもひとしおですが、いまの故障者だらけの状況を考えると、リーグ戦に集中するほうがいいかもしれません。小野選手のゴールでPSVに勝ち、2位まであとひと息になったことですし。
2002/11/16  今日は残念なお知らせです。

 マーティン・スコットの『魔術探偵スラクサス』は、一部で地道にファンを獲得したようですが、販売成績がぱっとしなかったため、早川書房では続編の版権を取得しないことになりました。他社で二作目以降が出版される可能性はほぼ皆無なので、これでジ・エンドとなるでしょう。

 個人的には、日本でもよく売れている〈マジカルランド〉などと比べても、はるかにおとなの鑑賞に堪える好シリーズだと感じていたので、ここで中断となるのはほんとうに残念です(諸般の事情で翻訳はしませんでしたが、マジカルランドの最初の三冊のレジメを書いたのはわたしです)。

 シリーズ二作目となる『スラクサスと武僧集団』は、中盤でマクリがらみの衝撃的な展開があったり、あの“花束”がふたたび登場したりと、ファンにはこたえられない作品なので、ぜひ訳したかったのですが……まあ、売れなければしかたがありません。

 ロビー・コルトレーンとハル・ベリー主演で映画化でもされれば、企画が復活するかもしれませんが、そんな奇跡に期待するより、原書で読むほうが早いと思います。ファンのみなさん、ご期待に添えず、申し訳ありませんでした。
2002/11/15  マンション問題で疲労。
2002/11/14  仕事しごと。
2002/11/13  小隅黎さんから訳書の『第二段階レンズマン』E・E・スミス(創元SF文庫 bk1 amazon)をいただきました。ありがとうございます。

 新訳レンズマンもこれで三冊目になります。帯の紹介文は――「超空間からの逆襲! エスカレートする超科学兵器の応酬 銀河文明の粋を集めた、空前の地球防衛戦」 いやあ、表紙ともども燃えますねえ。


 『スキッピング・クリスマス』読了。しこたま笑わせてもらいました。
2002/11/12  白石朗さんから訳書の『スキッピング・クリスマス』ジョン・グリシャム(小学館 bk1 amazon)をいただきました。ありがとうございます。帯に 「えっ? ジョン・グリシャムのホームコメディー!?」 とあるように、今回はいつもの法律ものではなく、ハートウォーミングなクリスマス・ストーリー。このひとつまえの長編も小学館から出るようですが、クーンツに続いてグリシャムも某社から取りもどせる……のかな?


 『イリーガル・エイリアン』の感想リンク、もうちょっと追加。
2002/11/11  喉風邪、マジでしつこいです。
2002/11/10  ジュンク堂における『イリーガル・エイリアン』の在庫状況。

 10/20までに(たぶん)25冊入荷。一週間で12冊まで減少。つぎの一週間で5冊まで減ったが、ここで10冊追加されたらしく、11/5には15冊に増加。11/10現在の在庫は11冊。つまりトータル35冊中、売れたのは24冊。まあまあ……かな?

 ちなみに、うちの73歳になる父親にも大ウケでした。


 アルゼンチンがこれだけのメンバーではるばる日本へ来てくれるのに、同条件の中田や小野を召集しないというのは失礼なのでは。
2002/11/09  まだ風邪ぎみ。おまけに歯が……。
2002/11/08  風邪ぎみ……。
2002/11/07  日本Amazonで、古本を扱うマーケットプレイスがはじまりました。本家でも以前からやっていて、わたしも絶版本をさがすときに利用することがあります(おととい紹介した『Night Screams』もこれで買いました)。

 たとえばソウヤーの本だけを見ても、『フレームシフト』『フラッシュフォワード』『さよならダイノサウルス』『ゴールデン・フリース』に、それぞれ出品があります。翻訳者としては、これが訳書の売れ行きに影響をおよぼすのではないかと不安なところですが、さてどうでしょう?

 たしかにヤクオフなどで入手するより手間はかかりませんが、結局は出品者である古本屋との取り引きになるので、送料も個別に発生することになります。これでは、ふつうに入手可能な本については、あまり利用するメリットがないと思います。よっぽど安ければべつでしょうが、写真もなく、本の状態もわからないのでは、ちょっと手を出す気にはなれません。やはり、どうしても手に入れたい絶版本(版元品切れ本)をさがすのが、正しい利用法ではないでしょうか。

 ということで、品切れだらけのマイク・レズニックで検索すると、『ソウルイーターを追え』(!)も『パラダイス』も『第二の接触』も『アイヴォリー』も出品されています。どうしてもほしい、という方はどうぞ。
2002/11/06  黙々と仕事。
2002/11/05  一部好事家のあいだでうけているらしい『嘲笑う闇夜』のコンビ、プロンジーニ&マルツバーグの合作長編第三弾『Night Screams』(1979)が届きました。もちろん新品は入手不可なので、Amazon経由で古本屋から購入したハードカバー版です。便利な世の中になったものだ。

 カバーはありませんが、状態はなかなか良好。表紙には絞首刑で使う縄のイラストの刻印。冒頭にはシェイクスピア『マクベス』からの引用文。『裁くのは誰か?』(創元推理文庫 bk1 amazon)の解説(小山正氏)によれば、超能力者グループのメンバーが次々と殺されるという、これまた妙な作品の模様。超能力者が犯人を透視しようとすると、その犯人には首がない! とか。読んでみたいようなみたくないような。
2002/11/04  寒くなったなあ……。
2002/11/03  現在、出版社に渡している長編の原稿がひとつもありません。つまり、仕事をしないかぎり収入が発生しないわけで、ここで病気で倒れたりしたら、などと考えると底知れぬ不安をおぼえます(何冊もたまっているというのも困るんですが)。自由業はつらい。あ、まだ入金がない長編はあった……。


 『イリーガル・エイリアン』の感想リンク、さらに追加。安田ママさんにも楽しんでいただけたようで、よかったよかった。大森望さんが書いている「最後の最後」というのは、エピローグのことじゃないと思います(たぶん)。
2002/11/02  ずっと作りかけのままだった仕事用テーブルが、ようやく完成形に……近づいたか?
2002/11/01  11月ですか。いやはや……。


Top