お知らせ

2002年8月


2002/08/31  おー、8月終わりか……。
2002/08/30  辞書引きソフト、Jamming for Windowsがバージョンアップ。『岩波生物学辞典』はあいかわらず中身が表示されません。ううむ。

 『翻訳の世界』元編集長のインタビュー。出版翻訳をとりまく状況はあまりにも厳しい……。

 チャンピオンズリーグ組み合わせ。フェイエノールトのE組もきついと思いますが、ゲンクのはいったC組はあまりにも厳しい……。

 今後の予定で、謎の長編の正体がついにあきらかに! ……え? わかってました?
2002/08/29  なんか景気の悪い話が多いです……。
2002/08/28  今後の予定の短編コーナーをちょっと更新。ひとつは、某社から出るスティーヴン・バクスター短編集(あのシリーズの集大成)のなかの一編。舞台となるのは『フラックス』の世界。もう品切れなので、予習をしておきたい方は古本屋でさがしてください。もうひとつはSFマガジン用で、ちょっと不思議なファーストコンタクト・ファンタジイ?


 小野のゴールだけでも大感動だったのに、稲本のハットトリックとは……。鈴木のゲンクもCL出場を決めたし、いいことばかりかと思っていたら、三都主移籍白紙という衝撃のニュースが……。75%というのは厳しすぎるような。
2002/08/27  眠い……。
2002/08/26  JUNGLEから出ているデジタル類語辞典。Vectorでダウンロード販売がはじまったようです。うちでは初版を使っていますが、クリップボード検索も可能なので、見直しのときに訳語をさがすのにけっこう重宝しています。他辞書との連係機能もありますが、あまり使えなかったような記憶が。

 開発元である言語工学研究所のサイトで、ほぼ同じデータが検索できるようなので、ときどきならこっちで充分かもしれません。


 中野善夫さんの日記でBritannica 2003のことを知り、さっそくAmazonに出かけたところ、国外へは売れないとのこと。やむなく、Encyclopaedia Britannicaで直接注文。ここで買えるのに、なぜAmazonで売らないのかな? 検索ソフトが、あのバカげた使いにくいブラウザ方式ではなくなったというので、期待。

 貴重な情報だったので、感謝のしるしに中野サイト経由bk1で『デイヴィー 荒野の旅』(bk1 amazon)とか『壜の中の手記』(bk1 amazon)とかを購入。
2002/08/25  仕事っ。
2002/08/24  朝日新聞の9月からの朝刊連載小説は、奥泉光氏の『新・地底旅行』。「明治生まれの青年が富士山麓から地底を旅する様子を、夏目漱石をほうふつとさせるユーモアタッチで描く」とか。朝の楽しみができました。

 〈千と千尋の赤問題〉――ジブリとブエナビスタは完全無視をとおすつもりみたいですが、毎日新聞がしつこくがんばっています。不思議なことに、実家にあったビデオテープのほうは、それほど赤くなかったです。

 みなさんすでにご存じかと思いますが、フジテレビが『アルジャーノンに花束を』(bk1 amazon)を、ユースケ・サンタマリア&菅野美穂主演で連続ドラマ化するそうです。いちおう意見表明をしておくと――やめてくれえええええっ
2002/08/23  NASAの惑星探査機ボイジャー2号が、1977年8月20日の打ち上げから満25周年を迎えたそうです。いやあ、1号ともども、いまだに信号を送り続けていたんですねえ。なんてけなげな。ぶじに太陽系を脱出できるのでしょうか。端まで行ったら壁にぶつかったりして。

 Googleひさびさに更新。月下工房#書評系の日記に、『誰も死なない世界』の感想(8/6 8/7)も登場しています。

 涼しくなったのはいいんですが、太陽をおがめない生活が続いています……。
2002/08/22  急に秋になりましたねえ……。
2002/08/21  「ホンヤク棒高跳び」のバックナンバーは読めない「仕様」だそうです。そのうち本にでもなるのかもしれません。
2002/08/20  〈千と千尋の神隠し〉、アメリカでもうじき公開されるらしく、ネットでも英語版予告編が見られるようになりました。色、赤くないです。なんか忘れかけていましたが、ほんとうはこんなにきれいな映像だったんですね。まあ、これもパソコン用に調整されているんでしょうけど。アメリカ版DVDはまともな色で出るんでしょうか。(話がよく見えない方はこちらへ


 このまえ紹介した、鴻巣友季子さんの「ホンヤク棒高跳び」が更新されました。訳注はむずかしいですね。わたしは基本的にいっさい入れない主義ですが。しかしこのコラム、バックナンバーを読む方法がないのかな……?
2002/08/19  仕事っ。
2002/08/18  翻訳家の鴻巣友季子さんが、バジリコバジリコというWebマガジンで、「ホンヤク棒高跳び」というコラムを連載されています。第一話と第二話の副題は「女訳者は性根が悪いか」。それにしても、いろんな仕事をしてきたんですねえ。第三話は8月20日更新予定。


 トップページの構成をちょっとだけ変更しました。そのうち、仕事で使っているいろいろなものを紹介するコーナーをつくりたいんですが……。
2002/08/17  うーむ、厳しい……。
2002/08/16  本の雑誌9月号の特集「夢の合作大作戦!」で、プロンジーニ&マルツバーグの『嘲笑う闇夜』が、ちょろっと紹介されていました。せっかくなので表紙をトップページに再掲しておきます。「この名状しがたい歪み加減と、発想の突拍子のなさは、合作でないと生まれないだろう

 で、ひさしぶりにWEB本の雑誌をのぞいてみたら、2002年7月の今月の新刊採点で、この『嘲笑う闇夜』がとりあげられていました。まあ、おおむね予想どおりの評価……かな?
2002/08/15  夏休み真っ盛りのなか、「世界最大の恐竜博2002」に行ってきました。当然、入場待ちが一時間……。それだけの価値はありましたけど。
2002/08/14  小野がチャンピオンズリーグ予選で決勝ゴール! ほんとにすばらしいゴールでした。本人がまえからいっていた「ゴールにパス」が実践できるようになれば、今シーズンはもっと得点がふえるかも。

 相手チームのゴールキーパーが、W杯決勝トーナメントでついに崩せなかったトルコ代表のリュシュトゥだったというのも、個人的には大きなポイントでした。胸のつかえがとれた気分です。

 ほとんど同じ時刻に、小野と生年月も背番号も同じ稲本が、インタートト杯で同点ゴール! とても日本人とは思えない、重戦車のようなドリブルが圧巻でした。プレミアリーグでも試合に出られそうですね。

 中村もがんばってるし、あとは高原だなあ。さっさとヨーロッパへ行きなさい。
2002/08/13  暑いです……。
2002/08/12  佐田千織さんからテリー・グッドカインドの『魔石の伝説4 エイビニシアの虐殺』(ハヤカワ文庫FT 4-15-020320-2)をいただきました。いつもありがとうございます。全7巻ですから、ようやく折り返し点をすぎたところ。表紙の浪人は……チャンダレンかな?


 ペルセウス座流星群は見えましたかねえ、みなさん。
2002/08/11  強烈にだるい……。
2002/08/10  知人の誘いで東京湾大華火祭。トリトンスクエアの31階からながめる花火というのもなかなか風情がありました。今年は打ち上げ花火を下からも横からも見たので、あとは上……かな?
2002/08/09  ようやくアーロンチェアが直りました。さすがに5年の保証期間は過ぎたので有償。リクライニング用のレバーが折れただけなので、部品代は700円。でも出張費が1万円。それにしても頑丈な椅子です。

 買ったときはかなり特殊な椅子でしたが、最近は似たようなやつが増えてきました。プリーズチェアとか、イプシロンとか、いろいろ気になるのがあります。でもまあ、可動部分は少ないほうが安心かも。なにしろ、いろんな格好で一日中すわっているので、そこらの国産の椅子だと2、3年で崩壊してしまうのです。


 Void Which Binds #3のオンライン版が公開。いまのようなファンタジイブームが続けば、ここで紹介されているような渋めの本も訳される可能性が出てくるかもしれません。もっとも、いまはファンタジイのつぎに来るブームを見極めなければいけないんでしょうが……。
2002/08/08  まだストレス……。
2002/08/07  仕事にかかせないアーロンチェアが故障して、腰にストレスがたまってます。リクライニングができない……。
2002/08/06  『魔術探偵スラクサス』の作者、マーティン・スコットの最新インタビュー。スラクサス・シリーズについて、いろいろと興味深い話がのっています。

「ハイスクール時代にはじめて書いた作品の主人公がスラクサスという魔術師だった」

「ファンからのおたよりのなかでいちばんのお気に入りは、“日本の中年ビジネスマン”から届いた電子メール(日本版の読者らしい)」

「映画化されるとしたら、主人公はロビー・コルトレーン(心理探偵フィッツ)がいい。まあ、むりだろうけど」

「今後の予定は、すでに2冊が進行中で、順調にいけば来年には刊行される。そのほかに、2冊ぶんのアイディアがある」

 最新作(6冊目)の書評はこちら。すでに、日本以外にオランダ、ポーランド、ロシア、フランスで翻訳版が出ていて、ブルガリア、ドイツ、チェコにも版権が売れているそうです。アメリカ版の発売は来年の春の予定。
2002/08/05  『魔術探偵スラクサス』の担当編集者から聞いたんですが、作者のマーティン・スコット(マーティン・ミラー)さんは、日本版の表紙がたいへんお気に入りだそうです。

 たしかに、作者のサイトを見ると、トップページに大本海図さんの絵がどーんと載っています。しかも、クリックするとさらに大きな画像が……特別扱いされてますね。日本では、なぜマクリが鎖かたびらビキニじゃないんだという文句も聞きましたが、作者はぜんぜん気にしていないようです。

 ついでに、ちょっとうれしい知らせがありました。詳細はいずれまた。


 近所のスーパーは、〈千と千尋の神隠し〉DVDを\3980に値下げしたうえ、歯ブラシやビールまでおまけにつけています。大量に仕入れてしまった小売店が、いちばんの被害者かも……。
2002/08/04  まだ働いてます……。
2002/08/03  働いてます……。
2002/08/02  小木曽絢子さんから、ロイス・マクマスター・ビジョルドの『ミラー・ダンス』(創元SF文庫 bk1 amazon)をいただきました。いつもありがとうございます。

            マイルズ死す!?

 ――という帯の惹句が強烈です。ヒューゴー賞、ローカス賞受賞作。ビジョルドが乗りに乗っていた時期の作品ですね。邦訳で二分冊というのもはじめて。作者の執筆意欲も旺盛で、シリーズはまだまだ続きそうです(売れるシリーズはいいなあ……)。
2002/08/01  おお、8月になってしまった……。


Top