お知らせ

2002年7月


2002/07/31  〈千と千尋の神隠し〉のDVD赤み問題。(毎日新聞の連載記事――7/22 7/23 7/24 7/25 7/26(1) 7/26(2) 赤い「千と千尋」リンク

 うちで購入したDVDもたしかに赤いです。冒頭からのけぞりました。予告編との比較がどうとかいうレベルではないでしょう。しかたがないので、接続方法を変えたりテレビの色合いを調節したりして、なんとか見られるレベルにはしました。でも、冒頭のシーンが夕方っぽいのはどうにもなりません(なぜか中盤以降はそれほどひどくない)。

 なんらかの人為的なミスがあったとしか思えないんですけどね。ジブリがいうように、これがほんとうに「仕様」だとしたら、今後発売されるほかの作品も「赤版」になってしまうんでしょうか。

 ジブリと発売元のブエナビスタには、ぜひとも誠意ある対応をしていただきたいものです。視聴環境によっては気にならない人もいるようなので、希望者にだけ、赤みを落としたバージョンのディスクを“郵送”で交換、という対応にしたらどうでしょう。そんな手間をかけてまで交換する人は少ないだろうし、発売元は貴重なユーザーのリストを手に入れられるし。

 この件から派生して、アマゾンジャパンの感想削除問題なんてのも起きています。いまはもとにもどったようですが、大きな判断ミスでしたね。もっとも、アマゾンの感想削除は日常的におこなわれているふしが……。
2002/07/30  某所で某社編集者と打ち上げ。目のまえの水槽でハモが泳いでいました。〈シックス・センス〉より〈アンブレイカブル〉のほうが数段おもしろいということで意見が一致。
2002/07/29  いろいろと本をいただいています。みなさん、いつもありがとう。

 まずは、中原尚哉さんから、ニール・スティーヴンスンの超大作完結編『クリプトノミコン4 データヘブン』(ハヤカワ文庫SF bk1 amazon)。こういう作品の翻訳があがったときって、どんな気分なんでしょう? じつは、わたしはそれほど長い本をやってなくて、せいぜい千五百枚くらい。これはその倍以上ありますからねえ。想像もつきません。

 柳下毅一郎さんからは、なんとロバート・クラムの傑作選。題名はそのまんまで、『ロバート・クラム BEST』(河出書房新社 bk1 amazon)。bk1のほうに、柳下さんの編者コメントがあります。〈フリッツ・ザ・キャット〉で有名な人――という紹介でいいのかな? 「アメリカで最も正気な、最も病んだ、最もノンキな魂の叫びを聞け! 柳下訳で!」(山本直樹)。

 新潮社からは、8月刊行の本が5冊も送られてきましたが、そのうちの4冊が映画がらみ。なんだかなあ……。ふつうの本はトム・クランシーだけで、訳者の伏見威蕃さんはほとんど月刊状態。
2002/07/28  右肩の痛みを治すため、近所の鍼灸院へ。軽傷らしい。
2002/07/27  椅子が壊れた……。
2002/07/26  ハルペリンの『誰も死なない世界』は、死後(あるいは死の直前)に、クライオニクスという技術によって人体を冷凍保存し、科学技術が発達した未来に蘇生しようというお話です。

 これはすでに実用化されている技術で、作品中に登場するフェニックスという団体のモデルは、アリゾナ州にあるアルコー延命財団だと思われます(ちょっと古いんですが、森山和道さんの訪問記があります)。

 今月になって、『誰も死なない世界』の刊行を待っていたかのように、興味深いニュースが飛びこんできました。5日に亡くなった大リーグ「最後の4割打者」、テッド・ウィリアムズ氏の遺体が、まさにこのアルコーで冷凍保存され、故人の遺志を尊重しようとする長男たちと、遺体を火葬にしようとするほかの遺族とのあいだで裁判ざたになっているというのです。

 じつは、これは『誰も死なない世界』の第二部の展開そのもの。なんとか宣伝に使えるといいんですが……。
2002/07/25  うー、雑用が多い。
2002/07/24  某所で某翻訳者の(立派なマンションへの)引っ越しパーティ。あまりにもひさしぶりの飲み会で、ちと飲みすぎました。

 当日は、某翻訳者が『イエスの遺伝子』を某社でリーディングしていたとか、べつの猫好き翻訳者が印税を作者に寄付する覚悟で『猫たちを救う犬』を某社に持ちこんでいたとか、いろいろと興味深い事実があきらかになりました。わたしにとっては、生活の基盤を築いてくれた二大タイトルですが、運命の歯車がひとつでもずれていたら……。

 もうひとつは訳書の部数減少問題で、これは自分も含めて、生活が成り立つかどうかの瀬戸際というレベルまで達している模様。出版翻訳だけで食べていこうとするのは、もはや無謀すぎます。ふう。


 ところで、『猫たちを救う犬』の部屋を新設するために、あらためて表紙をながめてみたんですが、ほんとにすごい写真ですね、これは。哲学者ジニー。まだ元気でいるのかなあ。
2002/07/23  ジェイムズ・L・ハルペリンの『誰も死なない世界』(角川文庫)が、そろそろオンライン書店でも購入可能になってきたようです。紹介ページをつくりましたので、参考にどうぞ。JUNKUDOには15冊入荷した模様。
2002/07/22  小林宏明さんといえば、ちょっと紹介が遅れましたが、すべてのエンタテイメント系翻訳者必携の本を出しておられます。『小林宏明のGUN講座 ミステリーが語る銃の世界』(エクスナレッジ bk1 amazon)。

 ミステリ系の翻訳をやっていると、かならずといっていいほど、どこかで銃の描写に出くわします。辞書の訳語を引き写すだけで、ちゃんと構造を理解していない場合、ほぼ確実にとんちんかんな訳文になります。それに、どこまでをカタカナ表記にするかという判断もなかなかむずかしいものです(グリップはそのままとしても、スライドは遊底にするべきだろうか、とか)。

 ごく一般的な描写なら、『英語図詳大辞典』(小学館 bk1 amazon)あたりの説明でもなんとかなりますが、原作者が銃についてちょっとマニアックだったりすると、たちまちお手上げです(最悪なのは、原作者が付け焼き刃の知識で詳細な描写をしている場合……)。

 今後は、この本を手元に置いておけば、たいていの疑問は解けるでしょう(銃の図鑑はべつに必要ですが)。いろいろな資料をひっくり返さずにすむのがありがたいです。あとは、索引をネットで公開していただけませんかねえ。
2002/07/21  不愉快なこと――NHKが「ER」の二話分を放送中止

 今後の物語の根幹にかかわる、きわめて重要な二話がカットされてしまいました。わたしが以前にここで紹介したエピソードです。ハイビジョンやアナログBSで何度も放送したくせに、いまさらなにをいってるのか……。

 そもそも、どーでもいいゴミみたいな番組が大量に垂れ流されるなか、数少ない良質のドラマだというのに、NHKは「ER」を粗末に扱いすぎます。ほかの番組の都合で勝手に放送時間をずらしたりするから録画を失敗することもあるし、こんなことだったらいまいましい受信料も(以下公開自粛)。
2002/07/20  しばらくまえのことですが、浅倉久志さんから『ぼくが空を飛んだ日』ニッキー・シンガー(角川書店 bk1 amazon)をいただきました。いつもありがとうございます。きれいな表紙ですね。「永遠に輝く、とっておきの物語」だとか。

 浅倉さんといえば、ついにネットへ進出されたようですが、まんがいちここを見ることがあったら、お暇なときにメールをください(アドレスはプロフィールのところにあります)。電話してアドレスを聞くというのもなんだか……。


 ダン・シモンズの新作、『諜報指揮官ヘミングウェイ』(扶桑社ミステリー bk1 amazon)も、いつのまにか出ていました。ほんとにいろんな作品を書く人だなあ。上下巻それぞれ920円。扶桑社もだいぶ定価があがってきたような。翻訳は小林宏明さんです。
2002/07/19  うーむ、スケジュールが……。
2002/07/18  今月24日ごろに角川文庫から刊行される、ジェイムズ・L・ハルペリンの『誰も死なない世界』の見本が届きました。

 定価は税込みできっかり1000円。文庫にしてはやや高いと思われるかもしれませんが、44字×19行×617頁という、なみの文庫なら二冊ぶんの分量ですのでかんべんしてください。しかし、一行44字というのは初体験だな……。

 注目の表紙は、『嘲笑う闇夜』に引き続いて影山徹さん(ひと目でわかる)。訳者の怠慢のせいで原稿をきちんと読む時間がなかったはずですが、みごとな表紙に仕上げていただきました。さすがです。

 なお、今回にかぎり、訳者献本はいっさいしないことにしましたが、興味がある方には送ろうと思いますので連絡をください。
2002/07/17  台風6号を飛び越えて釧路にはいり、台風7号を飛び越えて千歳からもどるというアクロバットな旅になりましたが、なんとかぶじに帰ってきました。

 これで、あとは黙々と仕事です。出かけているあいだに、某社からある長編の企画がとおったいうメールがはいっていました。火星もの……かな?
2002/07/16  北海道。蝶番とラーメン。
2002/07/15  北海道。ラフティングとハンカチ。
2002/07/14  北海道。丘とワイン。
2002/07/13  北海道。ラベンダーと丘。
2002/07/12  北海道。湿原と牛。
2002/07/11  北海道。台風と炉ばた。
2002/07/10  7月11日から16日まで、早めの夏休みで北へ逃亡します。パソコンを持っていくつもりはないので、たぶんメールでは連絡がつきません。緊急の用件がある方は留守番電話のほうへおねがいします。

 しかし台風6号直撃ではないか……。
2002/07/09  (ゆ)が新しい眼鏡を買ってくれました。おお、別人のようだ。ほんとうは一カ月まえの誕生日プレゼントだったのに、忙しすぎて買いにいく暇もなかった……。
2002/07/08  マイク・レズニックの公式サイトらしきところに、THE RETURN OF SANTIAGO の原稿が完成してTORに引き渡されたという記述があります。いうまでもなく、あの傑作 『サンティアゴ』 の続編です。これは楽しみ。原書は2003年刊行予定だそうですが、邦訳は……どうなるんでしょうねえ。

 わたしはキャラクターの名前をまったくおぼえられない人なんですが、『サンティアゴ』の登場人物だけは、なぜか鮮明に記憶に残っています。人間離れした大食漢のファーザー・ウィリアムとか、また出てくるのかな。


 Amazonから、アソシエイト・プログラムの売上報告(第2四半期分)が届きました。bk1よりだいぶ多いようです。やはり利用者の数がちがうんでしょうか。明細をぼんやりながめて、この『新イスラム事典』を買ったのはあの人かな、などと考えていたら、音楽コーナーになんと〈UNTIMELY FLOWERING〉が。ここを見ている人のなかにSIONのファンがいるんですか?
2002/07/07  東野司さんから『展翅 撩乱――昭和76年、春』(学研M文庫 ISBNコード 4-05-900170-8)をいただきました。ありがとうございます。

 昭和76年という舞台設定や“展翅”という単語からすると、前作の『展翅蝶 ―昭和80年、夏―』(EXノベルズ bk1 amazon)となにかつながりがあるのでしょうか。一家四人の惨殺事件から幕をあける、一見したところふつうのミステリのような作品ですが、やはりそれだけで終わるわけはない模様。
2002/07/06  運動不足……。
2002/07/05  『魔術探偵スラクサス』の書評リンク集がありました。

 一歩の我楽苦多箱というサイトの、早川文庫FT書評リンクのなかで見つけました。労作ですね。評数順リストなんてのもあって、現時点で13件のスラクサスはなかなか上位にいるようです。最近の本だということもあるんでしょうが。

 予想どおり、あちこちで「オルクとはオークのことか」と指摘されていますが、これは以前のお知らせでも書いたように、訳者の判断で勝手にやったことですので、どうしても許せない方は、脳内変換をおねがいします。余談ですが、映画の〈ロード・オブ・ザ・リング〉でオークを見たときは、こんなのと混血じゃマクリが気の毒すぎると思いました。
2002/07/04  風邪はほぼ治った模様。リーディングも終了。評価のむずかしい2冊……。でも、読まなければならない本はまだいろいろと……。
2002/07/03  わたしが生きているうちに、W杯をふたたび日本で見られる可能性は、ほぼ皆無でしょう。欧州、南米、北中米、アフリカ、アジアで持ち回りにするとしても、つぎにアジアに来るのは20年後。そのときは、たぶん中国。40年後は中東。60年後ならひょっとして……? いや、べつに日本で見る必要もないんですが。

 生きているうちに不老不死が実現すれば、つぎの自国開催W杯も見られるかもしれない――という発想のもとに執筆された(大嘘)のが、7月24日に角川文庫から発売予定の『誰も死なない世界』。作者は、ジェイムズ・L・ハルペリン。すでに『天才アームストロングのたった一つの嘘』という不思議な題名の作品が翻訳されています(角川文庫 bk1 amazon)。

 今回の作品は、完全に独立した長編ですが、舞台となる未来世界(物語は1925年からはじまって、最終的に2125年まで行きます)は前作とほぼ共通です。しかも、前作の主人公アームストロングさんのその後がちょろっと描かれたりしていますので、そのあたりが気になる方は必読でしょう。これから発売日まで、随時情報を公開していく予定です。お楽しみに。

 角川書店の 『誰も死なない世界』 紹介ページ。
 Del Ray Booksの 『The First Immortal』 紹介ページ。
2002/07/02  まだ風邪でダウン中……。

 某社編集者のYさん、リーディングもうちょっと待ってください。あと、夢のなかにまで登場して原稿を請求しないでください(意味不明な妹役)。いや、まあ、遅らせてるわたしが悪いんですが……。
2002/07/01  ついに発熱。ダウン……。

 W杯決勝についてわたしがいいたいことは、ピクシーがここでぜんぶ書いてくれました。付け加えることはないです。


Top