お知らせ

2002年6月


2002/06/30  さて、とうとうワールドカップも終わりました。最後まで残った4チームについて簡単に。

 トルコ――楽しいチームでした。あの、FWが縦にならぶような、ちょっと不思議な攻撃パターンは、日本チームも参考になるんじゃないかと思いました。事実上の2位かな?

 韓国――ゴールに向かおうとする意志の強さは、この4チーム中でいちばんだったのでは。躍進の原動力は、やはり去年のコンフェデレーションズカップ。一次リーグであっけなく敗退し、共同開催国の日本が決勝まで進むのをただ見守るしかなかったという経験が、最後のところでバネになったような気がします。今回は日本がそういう経験をしたので、逆に今後に期待がもてる……かな?

 ドイツ――見るべき選手はカーンだけ。正直、決勝戦という舞台に登場するにふさわしいチームではなかったです。創造性が欠けた機械式サッカーの限界でしょう。二点差の終盤にあきらめてしまうドイツチームなんてはじめて見ました。情けない……。

 ブラジル――なんというか、評価のむずかしいチームでしたが、試合を重ねるごとにチームとしてまとまっていったようです。華麗なパスワークこそ見られなかったものの、ここぞというときの瞬発力はさすがでした。個人的には、前回大会の悪夢(あれはフランスチームに一服盛られたにちがいない)をふりはらったロナウドの笑顔を見られただけで大満足です。決勝戦の2点目もすばらしかった。ほんとによかったなー。
2002/06/29  喉風邪しつこすぎ。
2002/06/28  中原尚哉さんから、ニール・スティーヴンスンの超大作『クリプトノミコン』(ハヤカワ文庫SF bk1 amazon)の第3巻をいただきました。ありがとうございます。これも450ページありますが、もうちょっと続きます。ハヤカワ文庫からは、一冊で終わるSFはしばらく出ないのかな?

 佐田千織さんからは、テリー・グッドカインドの〈真実の剣 第2部〉『魔石の伝説3 魔道士の務め』(ハヤカワ文庫FT bk1 amazon)をいただきました。いつもありがとうございます。こちらは全8冊ですから、まだまだ続きますね。


 英国Amazonからは、『魔術探偵スラクサス』のシリーズ最新作、『Thraxas and the Dance of Death』が届きました。本国では順調に刊行が続いているようですが、さて、日本版の続編は……?
2002/06/27  喉風邪なおりません。しつこい。
2002/06/26  某社ではじめてリーディングをしたところ、支払明細のかわりに「お支払いに関するホームページのご案内」が届きました。自社コードとパスワードでログインして、過去の支払情報がすべて参照できるようになっています。ふつうの出版社にはない発想ですね。おもしろい。

 ものはというと、妙な名前の新人作家の、ちょっと『攻殻機動隊』を思わせるサイバーなSFサスペンス。肉体改造女主人公とAIとのロマンスが楽しかったんですが、ボツになったようです。そりゃそうか。


 W杯準決勝。まあ、どちらも順当な結果ですか。そこそこ熱戦ではありましたが、最後には自力と歴史の差が出た感じ。決勝も3決も楽しみな顔合わせになりました。激しい攻め合いを期待します。PK戦は禁止。
2002/06/25  喉風邪で苦闘中……緊張がゆるんだとたんに……。
2002/06/24  本の雑誌でも珍しく高評価を受けた『嘲笑う闇夜』。まだときどきJUNKUDOで在庫数チェックを続けているんですが、なんだか謎の動きをしています。

 再入荷分と思われたものが、6月上旬に急に5冊くらいまで減ったと思ったら、その後、20冊、30冊と段階的に増えて、現在は31冊で停滞中。単純な入力ミスかもしれませんが、いくらなんでも多すぎます。池袋の店ではいったいなにが起きているんでしょう? 確認に行きたい気分ですね。
2002/06/23  おまけも終わり、あとはゲラ。だいぶ楽になってきた……。
2002/06/22  セネガル×トルコ。セネガルは、まあ、アフリカチームらしい終わり方でした。あまり長期間はチームとして集中力が続かないんですよね。トルコはふつうにやると強いなあ。決勝ゴールも美しかった。ブラジルとは死闘になるかも。

 しかし、この日のヒーローは、なんといってもスペイン×韓国に登場した新マスクマン、キム・テヨン。後半40分くらいだったかの一対一のプレーには、真剣に感動しました。勢いあまってピッチの外で緑の芝の上に倒れこみ、蝶の舞うなかで目を閉じて静かに横たわる場面は、今大会のベストショット。マスクをつけると、人は鬼神にかわるんでしょうか。スペインは、ラウル不在があまりにも大きかった……。でも、二試合連続PKで勝とうとするほうがまちがってます。

 ところで、スペインが誤審で2点取り消されたとか騒いでますが、1点目は明らかにスペイン選手が新マスクマンのユニフォームを引っぱってます。2点目の、ラインを割ったどうかについては、たぶん肉眼でないと判断できません(ビデオはあてにならない)。そこで笛が吹かれたからゴールになったわけですし。見苦しい言い訳ですね。それもサッカーですが。
2002/06/21  と、とりあえず本編は終了。

 半病人の状態で、録画しておいたイングランド×ブラジル観戦。三次販売でとりそこねた試合。前半は死ぬほどくやしい思いをしましたが、ばかげたレッドカードで一気につまらない試合に。まあ、イングランドのしょうもないサッカーが消えてくれてよかった。偶然一点とれたからって、あとずーーーっと守ってるだけじゃねえ。しかも人数優位になってもばてて動けないし。

 ブラジルは、体が動いてうれしそうなロナウドを見ているだけで、こっちまで幸せになってきます。どうせ個人技のサッカーとかいわれるんでしょうが、個人技なくしてなにがサッカーか。

 ドイツ×アメリカはどうでもいいや。
2002/06/20  まだまだ仕事。手首と背中がもつか。
2002/06/19  で、朝いちで帰ってきてすぐに仕事。
2002/06/18  たぶん生涯最初で最後となる、母国開催W杯の日本代表の試合(それも決勝トーナメント!)を観戦してきました。結果はみなさんご存じのとおり。

 やはり、トルシエにとっての日本代表は、愛すべきチームではなく、いじくりまわして遊ぶおもちゃなんでしょう。一次リーグでは珍しく選手組み替え遊びをやらなかったんですが、決勝トーナメント進出というノルマを果たしたとたん、やってくれました。トップふたりの選択、その後の選手交代、わたしにはたぶん一生理解できません。チュニジア戦のあとで誉めて損した。このへんの解説が真相に近いのかとも思いますが、さて……。

 最大の敗因は、指揮官の病気が出たことによるチーム全体の士気の低下だったと思います。ただ、環境も悪かった。宮城スタジアムはさっさと取り壊しましょう。アクセス最悪のうえ、音がぜんぶ空に抜けていく構造なので、いくら声を出しても迫力ある応援にならないんです。おまけに、試合開始まえからふり続いた冷たい雨が、スタジアム全体をどんよりとした雰囲気に染め抜いていました。あれではホームの利もへったくれもありません。

 今回は、メインスタンドの一階コーナー付近、まえから6列目という席だったので、とうぜん屋根はなく、青いポンチョを着ての観戦になりました。はじめてのフェイスペインティング――無料(スタジアムの外で書家に描いてもらった日の丸)。はじめての青いユニフォーム――無料(勤め人だったころの会社のサッカー部のユニフォーム)。生代表をあんなに近くで見る機会は、もうとうぶんないでしょう。後半は、左サイドの小野がほんとに目のまえでプレーしてくれたんですが、ミスが多くてつらかったです。コンディションはたぶん四試合のなかで最高だったはずなので、せめて柳沢か稲本がいてくれれば……。

 トルコは強いです。国立のときのスウェーデン同様、一点とってからは八割くらいの力で流していました。でも、勝てない相手ではなかった。せめて本気にさせたかった。あまりにももったいない試合だったと思います。選手もあれでは不完全燃焼でしょう。まともに闘っていないので、負けた気がしないはずです。同じ負けるにしても、試合終了後に全員でピッチに倒れこむくらいの激闘を見せてほしかった。

 夜、牛タン屋からホテルというルートで韓国対イタリアをテレビ観戦。イタリアは気の毒ですが、まあ、チーム状態からいってしかたがないでしょう。トッティの二枚目のイエローカードはひどすぎましたけどね。


 ところで、宮城での試合終了後だいぶたってから、スタンドで呆然とたたずんでいるわたしと(ゆ)の姿がNHKで全国放送されたという証言があるんですが、だれか見た人います? うちはスカパーで録画していたので確認できないんです。うう。
2002/06/17  メキシコとベルギーが消えました。どちらもいまひとつ印象に残らないチームでしたね。一次リーグ突破が目標とか思ってると、ほんとにそこで終わってしまう。優勝を狙うチームとは、やはり意気込みがちがうのか。
2002/06/16  昨日の二試合が内容的にいまひとつだったので、このまま低調な大会になってしまうのかなあと思っていたら、やってくれました、スウェーデン対セネガル。もう最高の試合でした。どの選手も、強くて速くてうまい。流れるような連係プレイも、個人技も、まさに眼福もの。どっちも残してあげたいチームでしたね。ワールドカップの醍醐味を堪能させてもらいました。

 スペイン対アイルランドも、同じくらいすごい試合でした。ただ、延長終盤になって、スペインがPK戦でいいや、という雰囲気になってしまったのがちょっと残念。PK戦で負けると、すごく悔いを残しそうな気がするんですけどね。イタリアの選手なら、いやというほどわかってることですが。

 いずれの試合も、仕事をしながら横目で見るしかないというのが、なんだかなあ……。

 日本代表も決戦にそなえてがんばっています。マスクマン宮本、みんなはきみを応援しているぞ!
2002/06/15  消えてしまったチーム。

 パラグアイ――もっとふつうに攻撃に出ても、まともな勝負になったと思うんですが。引き分けを狙うと最後にやられる、という典型的なパターンでした。なんかもったいない。いいFWもいたのに。

 デンマーク――期待のトマソン不発。実力的にはイングランドと変わりません。ただ、ほんとに運がなかった。一歩まちがえば、まったく逆のスコアになっていたかもしれません。
2002/06/14  いやー、夢のようです。まさかこんな日が来るとは。予想はだいぶはずれてしまいましたが、それを上まわる結果になったわけですから、文句のつけようもありません。

 トルシエ監督の采配はすばらしかった。あくまでも攻撃的な姿勢をつらぬきとおしました。チームのことをいちばん理解しているのはあなたです。「試合の指揮官としてはまるでダメ」とか書いてすみませんでした。なにより、いきなり元にもどってしまった稲本をすぱっと交替させたのには驚きました(ただのガス欠ですから、つぎの試合はだいじょうぶでしょう)。小野もかなり復調してきたので、トルコ戦はほんとうに楽しみです。

 ここから先は一発勝負。はっきりいってボーナスみたいなものですから、必要以上に勝ち負けにこだわらず、のびのびと闘ってほしいと思います。勝利最優先のサッカーはあんまりおもしろくないです。

 そういう意味で、ポルトガルまで敗退してしまったのは残念です。見て楽しいチームや選手が一次リーグでごっそり消えてしまいました。まえのフランス大会でも思ったんですが、毎日すばらしい試合を見ていると、日本の試合の重要性は相対的に低くなっていきます。まあ、デザートみたいなものですね。いくら日本が勝ち進んでも、決勝トーナメントの顔ぶれが寂しいものになっては本末転倒。つぎの大会では、もうちょっと日程を考えてほしいものです。

 最後に、小野選手に不愉快なインタビューをした久米宏は、二度とサッカー関係の番組には顔をださないでください(怒)。
2002/06/13  いよいよ決戦の日がやってきます。日本全国に四万人ほど、日本の引き分け(というか2位抜け)を願っている人たちがいるような気がしますが、まちがってもそんなこと考えちゃいけません。引き分けを狙えば負けます。うっかり先制されたら、0―2で負ける可能性もおおいにあります。フランスやアルゼンチンやイタリアを見れば、三戦目がいかにむずかしい試合であるかがわかるでしょう。

 守備的になったりせず、いままでどおり勝ちにいくことです。1点とられても2点取り返すサッカーをするべきです。日本はやっぱり挑戦者だということを忘れてはいけません。ま、選手はみんなわかってると思いますが。

 横浜でエクアドル対クロアチア観戦。ただ涙……。
2002/06/12  手首がきつい……。
2002/06/11  ヴァーナー・ヴィンジのヒューゴー賞受賞作『最果ての銀河船団』(創元SF文庫 bk1 amazon)を、訳者の中原尚哉さんからいただきました。いつもありがとうございます。SF大会で紹介に苦労していた本ですね。

 それにしてもまあ、分厚い本ばかりつぎつぎと……。上下巻1280ページは、同文庫最長だそうです。カバーが鶴田謙二さんということで、前作とはだいぶ雰囲気がちがいますね。その前作(というか姉妹編)『遠き神々の炎』(創元SF文庫 bk1 amazon)も、やはり鶴田さんのカバーに変わったようです。売れ筋のスペオペ路線で勝負するんでしょうか。しかしおもしろそうだな、これは。


 フランス、無惨な一次リーグ敗退。なにをやってるんだか。準々決勝あたりで対戦して、雪辱したかったのに。明らかに慢心が原因なので、同情する気にもなりません。そんなことより、レコバが消えたのが悲しすぎる……。
2002/06/10  目がかすむ……。
2002/06/09  対ロシア戦。いやはや、なんというか……。

 マスコミは大騒ぎしていますが、まだ一次リーグ突破が決まったわけではありません。つぎの試合に負けたら、この勝利にもほとんど意味はなくなります。チュニジアは、日本にとってはいちばんやりにくい相手だと思いますが、受け身になることなく、攻撃的に勝負してほしいと思います。


 おもしろいものを見つけました。9年まえ、あの「ドーハの悲劇」の直前に某所へ書き込んだ文章です。終了30秒まえまでは予想どおりだったんですが……。

*------------------------------------------------------*
 (93/10/28 08:49)
 さて、いよいよ今日という日が来てしまいました。
 最終予選の各試合を見たかぎりでは、ほかの馬力とスピードだけのチーム(だから暑さに弱い)とちがって、イラクは頭を使ってサッカーをやっているようです。しかも国民的英雄とかいう大型ストライカーがいて、きっちりと点がとれる。
 おまけに、イラクから見ると、日本は湾岸戦争で間接的に国土を爆撃した敵国なので、さぞかし気合もはいるでしょう。
 はっきりいって一番の強敵です。
 でも日本チームには、試合開始直前にセンターサークルのなかでいっしょうけんめい気合を入れているカズのとなりで、鼻をほじりながらぼーっと空を見ているナカヤマがいるので、きっとだいじょうぶでしょう。
 ということで、予想は2対1で日本の勝ち。
*------------------------------------------------------*
2002/06/08  前回フランス大会以来、ひそかにクロアチアを応援しているんですが、この日はイタリア相手に最高の試合を見せてくれました。やはり、東欧のブラジルといわれたテクニックは伊達じゃありません。初戦の対メキシコ戦があまりにもひどい内容だったので、もう終わったチームなのかと思っていましたが、まるでべつのチームに生まれ変わったかのようでした。

 これで、へたをすれば消化試合になりかねなかった対エクアドル戦のチケットの価値が、100倍くらいに跳ね上がりました。決勝トーナメント進出をかけた、やるかやられるかのガチンコ勝負を期待します。
2002/06/07  やっぱり眠い……。
2002/06/06  公手成幸さんから、絶好調スティーヴン・ハンターの最新作『最も危険な場所』(扶桑社ミステリー bk1 amazon)をいただきました。ありがとうございます。扶桑社海外文庫創刊14周年! だとか。

 前作『悪徳の都』(扶桑社ミステリー bk1 amazon)に続く、“アール・スワガー・サーガ”の第二作。訳者あとがきには「最後のOK牧場の決闘」と書いてありますが、なんか七人の侍みたいな……。ジュンク堂には、上下巻それぞれ30冊入荷していました。さすが。


 フランス対ウルグアイ。審判のでたらめさもひっくるめて、これぞワールドカップ、という壮絶な死闘でした。ほかでは絶対に見られませんね。どっちも1次リーグで消えてしまうには惜しいチームだなあ。
2002/06/05  眠い……。
2002/06/04  対ベルギー戦。

 せっかく狙いどおりのドタバタした展開にもちこんだのに……残念。日本が勝つとしたら、ああいうパターンしかないんですよね。まあ、勝ちにいったおかげで、負けずにすんだんですが。

 先発の布陣については文句なし。病みあがりの小野にかえて三都主投入も、とりあえず納得。ただ、その三都主の使い方が……。相手のディフェンダーがへろへろになった終盤、攻撃のために入れたわけですから、ロングボールを放りこんで、ヨーイドンでがんがん走らせるべきでしょう。三都主に中盤からパスをさせてどうするんですか。そのへんの意識が徹底していれば、2点目の失点もふせげたはずです。

 今後の試合は、ワンダー稲本へのマークがきつくなると思うので、ヒデがもっと活躍できるかもしれません。とにかくロシアには勝たないと。チュニジアには楽勝、みたいな意見が見受けられますが、おおまちがいだと思います。
2002/06/03  某社編集者から、『嘲笑う闇夜』の校正リストが届きました。本を送ると、仕事でもないのにこまかなミスをチェックしてくれるんです。いつも……ありがとう……ござ……いま……す……(沈没)。ケアレスミスが多いなあ。増刷にならないと、直すこともできないんですが。

 SFマガジン7月号。(業務連絡開始)関係者の方々にはご迷惑をおかけしました。ぺこぺこぺこ。おかげで父も元気になりました。これに懲りず、今後もどうぞよろしく。(業務連絡終了)

 水玉螢之丞さんの連載で、「『サブマリン707』とか読んでて、おフロから上がるときに『ゴバァ』とかゆってたコドモ」という一節を読んで、噴きだしちゃいました。小沢さとるさんといえば、『新サブマリン707』の一部がネットで公開されているのには驚きました。


 トルシエ監督が「負けないように」とかいいだしたのが不安。日本チームは伝統的に”負けない試合”というのはできません。勝ちにいくしかない。妙に守備的な布陣にならなければいいんですが……。
2002/06/02  『嘲笑う闇夜』、ジュンク堂での販売状況を追ってみました(エラー画面が出たら、ブラウザの[更新]をクリックしてください)。これはおもしろい。

 5/10ごろの入荷時は15冊。その後、一日に一冊くらいのペースで減り続けて、5/18に9冊までいきました。5/24付けの朝日新聞に書評が載ったころから、ややペースがあがり、5/29には残り2冊。早く発注してくれえ、と思っていたら、5/31に急に15冊に増えて、ほっとひと息。しかしその後は減っていませんね。もうひと踏んばりしてもらって、めでたく増刷となればいいのですが……。

 その朝日新聞夕刊の書評は、文芸評論家の吉野仁氏。「本作抜きに犯人捜しミステリーは語れない。今年度最大の問題作である」とのこと。途中で犯人はどうでもよくなってくる、という意見もありましたけどね。

 あと、担当編集者から送ってもらった文藝春秋の広報誌〈本の話〉には、ミステリ評論家の千街晶之氏の紹介文が載っていました。こちらは、「真犯人の意外性は余り期待しない方がいい」派ですね。文藝春秋のHPでも読めます
2002/06/01  我が家もやっとブロードバンドになりました。フレッツISDNからeaccessのADSL(8Mbps)への切り替えです。で、さっそくスピードテスト

 測定サイト http://speed.on.arena.ne.jp/ v2.0.8
 測定時刻 2002/05/31 16:25:36
 回線種類/線路長 ADSL/1.5km
 キャリア/ISP eaccess 8Mbps/nifty
 ホスト1 WebArena(NTTPC) 4.63Mbps(1764kB,3.3秒)
 ホスト2 at-link(C&W IDC) 4.68Mbps(1764kB,3.1秒)
 推定最大スループット 4.68Mbps(585kB/s)
 コメント eaccess 8Mbpsとしてはかなり速いです!おめでとうございます。

 時間帯によってかなりちがうんですが、条件のいいときでこれくらい。まあまあかな? 無線LAN経由のノートパソコンだと、推定最大スループットが2.75Mbps(344kb/s)。それにしたってISDNの約40倍ですから、ずいぶん速くなっています。Windows Updateなど、大きなファイルをダウンロードするときはまさに圧巻。

 とりあえずつないだだけ、という状態で、ケーブル類がたいへんなことになっていますが、仕事が一段落するまでは放置ですね。ふう。


Top