お知らせ

2002年4月


2002/04/30  柳下毅一郎さんから『ファビュラス・バーカー・ボーイズの映画欠席裁判』(洋泉社 ISBN 4-89691-629-8)をいただきました。ありがとうございます。いや、これは楽しい。被告あつかいされてもしかたがないような映画ばっかりですけど。帯のせいで発禁になったりはしないんだろうか……。

 リンクしようと思ったら、bk1がサーバーメンテナンス中……5/1から5/7まで? なにを考えているんだか……。
2002/04/29  中原尚哉さんから、ニール・スティーヴンスンの超大作『クリプトノミコン』第一巻(ハヤカワ文庫SF bk1 amazon)をいただきました。ありがとうございます。

  あらゆるジャンルの枠を超越する
  驚異の「暗号小説」ここに出現!!


 最近のトレンドはやっぱり暗号でしょう。それにしても、この厚さで四分冊毎月刊行とは……訳者の苦労がしのばれます。スティーヴンスンって、なんかSF文庫に合わないような気がするのはわたしだけでしょうか。
2002/04/28  世間はゴールデンウィークなんですねえ……。
2002/04/27  それにしても、今年出た本をこうして3冊ならべてみると、なんの脈絡もありませんね。節操のなさにますます拍車がかかっているような気がします。

 ずっとまえに、ある先輩から「翻訳者のイメージはだいじだよ」と忠告されたことがあるんですが、これでは顔向けできません。楽しそうな本だとなんでも手を出してしまうのは悪い癖かも。


 実家でちょっとした事件があり、またスケジュールに大幅な狂いが。SFセミナーは、これで完全に参加不可能になりました。残念。
2002/04/26  『嘲笑う闇夜』の部屋をつくり、表紙も公開してみました。色がうまく出ているかどうか……。

 下のほうに大文字小文字でいろいろと書いてあるのは、帯の裏側の紹介文です。「殺ったのはおれか??」(やったのはおれか)というのは、タイトル候補でもありました。既刊の『裁くのは誰か?』(創元推理文庫 bk1 amazon)にひっかけてあるわけですね。考えた担当編集者も、どこかで使いたかった模様。


 昨日の翻訳者の収入話に関連して、印税話でも書こうかと思ったら、ちょうど古沢嘉通さんが掲示板でくわしい説明をしていました。コナリー本は「9割の売れない本」ではないですよねえ。ふつうは年に2冊じゃ生きていけませんから。

 おや、野尻抱介さんの発言が。うーむ、作家もたいへんそう……。
2002/04/25  所得税の還付金がぶじに入金されました。全額還付というのは、ひょっとするとフリーになってはじめてかな……? 去年は、それくらい収入が寂しかったということですね。

 出版翻訳をメインにしているフリーの物書きというのは、収入が安定しないものです。なにしろ定期収入が皆無ですから。ぼんやりしていると、いつのまにか預金が底をついていた、という非常事態になりかねません

 そこで、年のはじめに、Excelを使って刊行されそうな本の一覧をつくり、予想される部数と定価を入力しています。おおざっぱな年収を把握するためです。実際の刊行時にショックを受けないように、部数も定価も最低ラインと思われるところを設定しておくんですが、恐ろしいことに、今年は部数の予想がことごとく的中しています。

 出版業界の景気の悪さをしみじみと実感……。
2002/04/24  5月10日ごろに文春文庫で出るビル・プロンジーニ&バリー・N・マルツバーグの『嘲笑う闇夜』。いよいよ見本が到着しました。影山徹さんの表紙、やっぱりいいですね。帯はこんな感じ――

  パルプな嘲笑とともに暴走する混乱と狂騒の超絶フーダニット
  読むと、頭が吹っ飛びます。 ――折原一(解説より)
  ミステリ史を困惑させる狂気の金字塔、待望の翻訳成る!!

 〈文春パルプ・ノワール〉の一冊ということになっているようです。五百ページ弱で定価733円+税というのは、けっこうお買い得かな? まあ、そのぶん訳者の印税は減るんですが……。
2002/04/23  仕事っ。
2002/04/22  日本SF大会で発表される星雲賞。大会のサイトになかなか情報が載らないと思っていたら、「てこてこペンギンのSF者 あらためホビット狂の図書館屋ページ」に、立派な候補作リストがありました。

 海外部門の候補作については、すこしまえに、ソウヤーさんがディスカッショングループでうれしそうに公表していました。もちろん、長編部門で『フラッシュフォワード』が候補になっているからです。今年は、大会の実行委員会から連絡があったとか。おかげで、ソウヤーさんに候補作を伝えるためにせっせと原題を調べる必要がなくなりました。

 今年は強力なライバルがそろっているので、受賞はまずないでしょう。大会終了後に、いつもの受賞作教えてくれメールが届いて、落選メールを出すことになったらつらいので、大会関係者の方々は、できれば結果のほうもソウヤーさんに通知してあげてください。
2002/04/21  映画『ロード・オブ・ザ・リング』の字幕翻訳糾弾サイト。ここを見て、原作も読んでいるうちの(ゆ)も怒っていました。

 たしかに、ボロミアさんは気の毒だと思います。原作を知らないと(じつはわたしもちゃんと読んでいません)、たんなる「権力欲に取り憑かれた性格の悪いおやじ」みたいに見えてしまいますから。

 ただ、個人的には、映画はあまり台詞に頼らず、映像でテーマを見せるべきだと思っていますので、字幕ばかりに責任があるとは思えませんでした。もうちょっと演出でなんとかならなかったのかと。

 立場上、この件については、あまり突っ込んだコメントはできません。字幕であれ小説であれ、大勢の人の目にふれる作品を翻訳するのは、いろいろな意味でたいへんそうです。ローン返済のために、いちどくらいはそういう立場になってみたいものですが……。
2002/04/20  仕事……。
2002/04/19  佐田千織さんから『魔石の伝説2 光の信徒』テリー・グッドカインド(ハヤカワ文庫FT bk1 amazon)をいただきました。ありがとうございます。〈真実の剣〉第2部の2冊目。光の信徒たちは、いまいち見栄えがしない……。


 ところで、期待の「ハヤカワSFシリーズ Jコレクション」のチラシがはいっていました。4月23日に刊行される3作品は以下のとおり。bk1なら、もう予約できるようです。売れてほしいなあ。

  『どーなつ』 北野勇作 (bk1 amazon
  『太陽の簒奪者』 野尻抱介 (bk1 amazon
  『傀儡后(くぐつこう)』 牧野修 (bk1 amazon

 ただ、電子版はザウルスでしか読めないんですね。発売元はシャープスペースタウン。同時発売で、しかも定価を書籍版より下げてあるという点は立派だと思うんですが……うーん。微妙。
2002/04/18  黙々……。
2002/04/17  日外アソシエーツで購入したOED第二版の新バージョンが届きました。

 わたしはバージョン1を持っているので、アップグレード版を購入したんですが、届いたのは、バージョン2からのアップグレード専用のCDでした。試しにインストールしてみましたが、初回起動時の認証作業でひっかかってしまいました(バージョン2のディスクを要求される)。しかも、バージョン1からのアップグレード版は版元品切れ、入荷未定とのこと。現在、販売店と対応策を検討中ですが、しばらく使えそうにありません。

 上記のショップの商品紹介欄に 「Ver.1.XX ⇒ 3.0 のアップグレード版は版元品切です(入荷未定)。現在、Ver.2.0 ⇒ 3.0 のみ受付中です」 という但し書きがついたのは、わたしのせいです。まさか二種類の製品があるとはなあ……まぬけなミスでした。

 購入を検討されている方はご注意を。
2002/04/16  今週の〈ER VII・緊急救命室〉の一場面。

 両耳の上部にひどい怪我をした太めの男が運ばれてくる。看護婦たちがなぜこんなことになったのかときくと、キッチンばさみで自分でやったのだという。

 「自分で? どうして?」
 「バルカン」
 「……ああ。ミスター・スポック……」
 「早くしてよ、もうSF大会がはじまってるんだ」

 その後、歩道橋の崩落事故で、奇怪な扮装をした参加者たちが続々と運び込まれてくる……。
2002/04/15  ワールドカップの第三次チケット販売

 今回は、電話で登録して予備抽選、当選者はチケット代を振り込んで本抽選――という二段階選抜方式になっています。我が家は、登録した3回線で1回線だけ、静岡準々決勝が予備抽選をとおりました。ここは、順当にいけばフランス対ブラジル、奇跡が起きればフランス対日本という好カードになります。

 とりあえずはラッキーでしたが、どうも本抽選の倍率が高くなりそうな予感。あまり期待しないで結果を待つとしましょう。

 あー、しかし、5月までに仕事をぜんぶ片づけておくはずだったのに……またひとつリーディングを引き受けてしまったし……。
2002/04/14  働くしか……。
2002/04/13  最近買った資料本。朝日新聞の辞書広告特集は目の毒だ……。

  『新イスラム事典』 (平凡社 bk1 amazon

  『英米法律情報辞典』飛田茂雄 (研究社 bk1 amazon

  『誤訳をしないための翻訳英和辞典』河野一郎 (DHC bk1 amazon

 あと、ここでOED第二版の新バージョンを注文中。アップデート(CDのレーベルをコピーしてFAX)で安く買えるのは、ものすごくありがたいです。前バージョンはWindows2000でうまく動いてくれなかったので、期待。
2002/04/12  仕事……。
2002/04/11  浅倉久志さんから『《まるい時間》を生きる女、《まっすぐな時間》を生きる男』ジェイ・グリフィス(飛鳥新社 bk1 amazon)をいただきました。いつもありがとうございます。

  世界でいちばん価値がなくていちばん惜しまれるものは何か?
  《人間》と《時間》をめぐる13のミステリアスな冒険!


 題名だけを見ると、草思社あたりから出ている人生ハウツー本を連想させますが、まるでちがうようです。帯に引用された書評には、「人間がどのように時間を知覚しているかについての、思慮深く、独創的で、直観的な著作」とあります。うまく説明できませんが、すごくおもしろそう。
2002/04/10  昨日のお知らせでアシモフのことを書きましたが、LOCUSオンラインのほうには、すでにJanet Jeppsonからの手紙がさりげなく掲載されていました。山岸真さんに指摘されてはじめて気づきました。ありがとうございます。

 ただ、これを見るかぎり、LOCUSは記事を訂正したり謝罪したりしているわけではなく、未亡人のJanet Jeppsonからこういう手紙が届いたと紹介しているだけのようです。はたして真相は……?


 ロバート・J・ソウヤーの新作、Hominids。アメリカやカナダでは、予定より一カ月も早く書店への出荷がはじまったようです。
2002/04/09  紙版LOCUS4月号のトップニュースで、アイザック・アシモフのほんとうの死因は、1983年の手術時に輸血でHIVに感染したせいだった、と報じられています。本人はAIDSにかかったことを公表したかったのに、妻のJanet Jeppsonが説得してやめさせたのだと。

 この件について、ロバート・J・ソウヤーが、自分のディスカッショングループで、アシモフと親しかったハーラン・エリスンからの伝言を公開していました。

 エリスンは、Jeppson本人からの電話で、こんなふうにいわれたそうです。「自分がアシモフに公表を控えさせたというのは事実とまったくちがう(Jeppsonが新たに編集したアシモフ自伝総集編のエピローグで、正確な事情が公表されている模様)ので、LOCUSに訂正を申し入れた。しかし、訂正文が掲載されるのは一カ月後であり、それまで誤解を受け続けるのは耐えられない。どうかこのことをファンやプロのあいだで、できるだけひろめてほしい」

 ということですので、LOCUSを読んだ方は、事実関係がはっきりするまで、この件についてうかつな記事を書いたりしないよう注意しましょう。
2002/04/08  春眠……。
2002/04/07  連続企画、『嘲笑う闇夜』紹介。最後に、解説と表紙を担当された方々を紹介しておきましょう。

 解説は折原一さん。11ページにおよぶ、気合いはいりまくりの作家&作品紹介です。これだけ充実した解説がつくと、訳者がいうのもなんですが、たいへんお得な気がしますね。

 表紙は影山徹さん。カラーコピーを見せてもらったんですが、作品の雰囲気をしっかりとらえていて、すごくいい感じです。帯をはずすとさらにいい。この表紙で売上倍増を狙いたいところです。

 傑作といわれるか、掟破りといわれるか、あるいは嘲笑われるか――読者の反応がまったく読めない作品ではありますが、刊行まであと一カ月。どうぞお楽しみに。
2002/04/06  もう一回休み……。
2002/04/05  さて、『嘲笑う闇夜』の邦訳が実現しなかったもうひとつの理由(と思われるもの)は、冒頭の数ページにあります。百聞は一見にしかず。原書の最初のページをスキャンしてみましたので、ご覧ください。

 手違いでゲラがそのまま本になってしまったわけではありません。小さくてわかりにくいかもしれませんが、ここは、記者が書いた原稿に、編集長が手書きで赤字を入れた、という設定になっているわけです。

 新聞記事で事件のあらましを伝えると同時に、おもてむきは公表されない登場人物の関係を説明し、さらには、記事を書いた記者の性格まで暗示するという、一石三鳥。なかなか巧妙な導入部といえます。さすがに全編がこんな調子で書かれているわけではありませんが、ところどころにあるこまかな仕掛けは、いいアクセントになっています。やはりマルツバーグの趣味でしょうか?

 とはいえ、これを邦訳するとなると、編集者はえらい苦労をするのが目に見えています。だれだって二の足を踏むでしょう。そういう苦労をよろこんで引き受けるマニアックな編集者と巡り合えたのは、この本にとってほんとうに幸せなことだったと思います。
2002/04/04  一回休み……。
2002/04/03  さて、ビル・プロンジーニ&バリー・マルツバーグという異色コンビの合作長編は、これまでに4作書かれています。そのうち、邦訳があるのは以下の2作。

 『裁くのは誰か?』 (創元推理文庫 bk1 amazon
 『決戦! プローズボウル』 (新潮文庫 bk1 amazon

 このうち、『裁くのは誰か?』は、おととしの復刊フェアで8年ぶりに増刷されたので、いまでもふつうに入手できるようです。復刊版の帯には、森博嗣氏のこんな推薦文がついていました。

  これを読んだときは「ぎりぎりだ!」と思った。
  今でも、これがミステリィの最先端だろう。

 あの衝撃のラストに最先端という形容が適切なのかどうかという疑問はさておき、かなりぶっとんだミステリだというのはたしかでしょう。ただ、8年間も増刷されなかったという事実がしめすとおり、あまり一般受けする作品とはいえなかったようです(世界がひっくり返る感覚を味わえるという点では、むしろSFファンむきかも……)。

 もしも『裁くのは誰か?』が好調に売れていたら、このコンビの最初の長編であり、最高傑作ともいわれている『嘲笑う闇夜』は、もっと早く邦訳されていたかもしれません。ただ、この長編には、編集者に二の足を踏ませる要素がもうひとつあったのです。それについては、また明日。
2002/04/02  〈銀河通信〉の注目新刊速報で既報のとおり、ビル・プロンジーニ&バリー・マルツバーグが1976年に発表したサスペンス小説、THE RUNNING OF BEASTS が、5月10日ごろに文春文庫から刊行されます。邦題は『嘲笑う闇夜』

 業界でも有名なこだわり編集者が企画したこの長編、こんなに長いあいだ埋もれていたのには、いろいろと理由があるようです。とりあえず、原書ペーパーバックの表紙を紹介しておきましょう。ずいぶんぼろぼろになっているのは、わたしが翻訳に苦しんで壁に投げつけたからではなく、古本でしか手にはいらなかったからです。

 くわしくは、また明日……。
2002/04/01  もう4月ですか。えらいことだ。


 ……先月の1日の文章がそのまま使える生活というのも、なんだかなあ。


Top