お知らせ

2002年2月


2002/02/28  SFオンラインが休刊になりました。書評欄が充実していただけに、たいへん残念です。ジャンルによっては、これからどうやって情報を手に入れたらいいのか途方に暮れてしまいます。唯一の救いは、今後もサイトが維持されて、バックナンバーが読めるということでしょうか。消えてしまうには惜しい記事がたくさんありますので。

 かわりといってはなんですが、スタッフの一員だった堺三保さん(作家&翻訳家&脚本家&書評家&……)が、新たにウェブサイトを開設しました。あまり論争の激しくない、楽しい部屋になるといいですね(いや、世間は逆を期待しているのかな?)。


 NiftyのFSF1のオープニングメッセージが、「おれはこのあたりじゃ一番の二輪戦車なんだぜ、――さん」になっていて大笑い。
2002/02/27  田中一江さんから『ペンギンの国のクジャク』ギャラガー&シュミット(扶桑社)をいただきました。ありがとうございます。「組織と個人を生き返らせるビジネス寓話!」――どうやら、『チーズはどこへ消えた?』系列の作品みたいですね。新年度の社員研修にどうぞ。この本が300万部売れたら、なんかおごってください。

 おお、『学研電子ブロック 復刻版』が。あのころは、とても手が出せる値段ではなかったなあ……(で、はんだごてを使う方向へ進んだ)。
2002/02/26  近所へ買い物に出かけて、提灯屋を見つけました……。
2002/02/25  『SFが読みたい! 2002年版』(早川書房)――去年は本が読めなくて、ベストの投票すらできませんでした。しかしまあ、海外編のランキングの上位には、これ以外は考えられないという作品がならんでいますので、投票したところで結果にかわりはなかったようです。海外長編はやはり不作でしたね。投票対象外の12月に重要な作品がいくつか出たので、2001年全体としてはそうでもないんですが。

 ソウヤーの『フラッシュフォワード』は5位。いつも思うことですが、ソウヤーの作品は、なぜか作家のみなさんに受けがいいようです。

 しかし、なんといっても大注目なのは、191ページの広告。他社であれだけおもしろい日本作家が活躍しているのに、早川はなにをしているんだろうと思っていたんですが、なるほど、こういう企画を隠していたんですね。楽しみ。
2002/02/24  東野司さんから『青の妖精』(徳間デュアル文庫)をいただきました。ありがとうございます。〈よろず電脳調査局ページ11〉というシリーズの3作目。作者のあとがきにありますが、モバイルギアで長編を書いてしまうというのはすごい。わたしも、ずいぶんまえに、公園でモバイルギアで翻訳をやったことがあります。あのころは暇だったなあ……。

 おや、朝日新聞の書評欄に『グリーン・マーズ』が。いろんな読み方ができる本ですね。
2002/02/23  花粉が多くなってきた模様……。
2002/02/22  Xbox、さりげなく発売。マイクロソフトのビル・ゲイツ会長も、朝早くから渋谷へ足を運んで、せっせと販促につとめたようです。お気に入りのソフトは「DEAD OR ALIVE 3」だとか。『マイクロソフト帝国の反逆者たち』は、Xboxのオペレーティングシステムの心臓部である”ダイレクト”(のパソコン版)を開発した人たちの話ですから、”プロジェクト”は嘘じゃないんですよ。ええ。


 知人が手術。がんばれ!
2002/02/21  「『マイクロソフト帝国の反逆者たち』ヒットせず」というメールが届いたので、一瞬、編集者からの売れていない報告かと思ったら、昨日のお知らせの件でした。心臓に悪い。金子浩さんが、わざわざIE6とネスケで検索してくれたそうですが、やはり数件しかヒットしないとか。どうやらマシンの環境のせいではないようです。

 うちでも、今日になったら、またほとんどヒットしなくなりました。わけがわかりません。単に新しいデータが反映されていないというだけのことかもしれませんが、それなら、昨日はなぜあんなに……。ひょっとして、「マイクロソフト」というのは検索してはいけない単語なのか?

 ついでに指摘を受けて気づいたんですが、Amazonの売上ランク(本の詳細情報の下に表示されているやつ)を見ると、『マイクロソフト帝国の反逆者たち』はなかなか好調らしく、40位から100位くらいまでの順位をいったりきたりしています。ふつうの書店で手にはいりにくいだけかもしれませんが。ちなみに、『魔術探偵スラクサス』のほうは、五桁台の順位……。
2002/02/20  『マイクロソフト帝国の反逆者たち』が出てから、感想でもないかとGoogleで検索していたんですが、いつまでたってもヒット数が5、6件で、そんなに売れていないのかと落ちこんでいました。ところが、今日になったら、いきなりヒット数が急増。スラクサスのほうも同じです。Googleになにか問題があったんでしょうか? それとも、うちのブラウザのせい? IE6にしたのがまちがいか?

 なんにせよ、ちらほら見かけた感想によると、『反逆者たち』のほうは、やはり題名(と長い副題)に惹かれて購入した人が多いみたいです。マイクロソフトの内情暴露本として楽しんでいる模様。ただ、どこかにこんな感想もありました。

「帯に”マイクロソフト版 プロジェクトX”とある。どこがやねん。お前等、プロジェクトXといいたいだけちゃうんか、と問いたい。小一時間、問い詰めたい」

 ――まあ、お察しのとおりです。
2002/02/19  そろそろ花粉症の季節……。
2002/02/18  突然の大掃除で話題を呼んでいる古沢嘉通さんから、グレッグ・ルッカのボディガード・シリーズ第三弾、『暗殺者』(講談社文庫)をいただきました。いつもありがとうございます。お、千円しないぞ。表紙のほうは、原題のSmokerに準拠しているようです。

 嶋田洋一さんからは、『ホームズと不死の創造者』ブライアン・ステイブルフォード(ハヤカワ文庫SF)をいただきました。ありがとうございます。去年出た『地を継ぐ者』と同じ未来史に属する作品ですが、内容的には独立している模様。女性刑事シャーロッ・ホームズとフラワー・デザイナーのオスカー・ワイルドが連続殺人の謎に挑むSFミステリ?
2002/02/17  なんかろくでもないことばかり起こるオリンピック。今度はスケートのショートトラックで誤審問題

 人種偏見がどうとかいう話はおいとくとしても(実際、悪かったのは中国選手だったみたいですし)、あんなごちゃごちゃした競技でビデオ判定すら利用しないというのは信じられませんね。

 準決勝の誤審が遠因となって、決勝で大転倒劇が起こり、優勝候補のアメリカ選手が銀メダルに終わったのは、なんとも皮肉な話でした。決勝レース後のむなしい光景はこちら。みんな転倒した人たちです。
2002/02/16  オリンピック話をちょっとだけ。

 フィギュアスケートの採点不正問題で、2位のカナダペアにも金メダルが授与されることになったそうですが、おそらく、1位と2位のペアの立場が逆だったら、こういう結果にはならなかったんでしょうね。声がでかいと得をするようです。

 いったん確定した順位がこんなに簡単に変わるのなら、スピードスケート男子500メートルで、なぜかひとりだけフライングを見逃されたおかげでアメリカ選手が優勝したときも、日本チームは強硬に抗議するべきじゃなかったかと思うんですが。清水選手が優勝をのがしただけでなく、同走の堀井選手も大きく割を食ったわけですから。まあ、自己主張の下手な、ろくに英語もしゃべれないスタッフがそろっているのかもしれませんけど(それはいつものことか)。
2002/02/15  『魔術探偵スラクサス』の表紙に見える謎の巻き貝について、担当編集者に質問してみました。イラストレーターさんが、本文に出てくるなにかを誇張して描いた、と語っていたことまでは判明しましたが、それがなんだったのかはすでに編集者もおぼえていないとか。訳者もこまかい内容はとっくに忘れていますが、これから読む人にはきっとわかるんでしょう。

 bk1にもやっと登録されました。どうぞよろしく。
2002/02/14  池袋のリブロで『魔術探偵スラクサス』を見かけました。そろそろ各書店に出まわっているかもしれません。bk1では、まだ登録すらされていないようですが。

 ところで、この本では、鬼のOrcを「オルク」と訳しています。一般には「オーク」と表記されることが多いのはわかっていますが、担当編集者その他と相談した結果、今回は語感をとって「オルク」にしてみました。そんな非常識な表記は認められない――という方は、お手数ですが頭のなかで読み替えてください。
2002/02/13  黙々……。
2002/02/12  昨日、消えてしまったと書いたSFスキャナーインデックス、サイトの管理者の方からメールがあり、暫定的に再アップしていただけることになりました。ありがとうございます。数カ月したら更新も再開するとのことですから、のんびり待つとしましょう。やっぱりもったいないですよね。表紙画像や書店へのリンクが追加されて、ますます便利になったんですから。

 記憶容量の低下がいちじるしいこの頭でも、さすがに今年のデータくらいは保管しておける……はず。
2002/02/11  海外SF同好会アンサンブルの Void Which Binds 第二号が、オンライン版で再登場。ソウヤーの Calculating God のちゃんとしたあらすじも、簡単に読めるようになりました。

 SFスキャナーインデックスがバージョンアップ――という話をしようと思ったら、なぜかページそのものが消え失せていました。うーん、残念。インターネット・タイムマシンでもうまく見えなかったので、Googleのキャッシュ機能を駆使して、文字データのみ発掘。これをもとに一覧表でもつくろうか……。
2002/02/10  (ゆ)のお姉さんの結婚式で青山へ。末永くお幸せに。
2002/02/09  『魔術探偵スラクサス』の見本がとどきました。

 こうして二作ならべると、あまりにもジャンルがちがいすぎて、なんか妙な感じですね。節操なさすぎ。売上を左右する注目の表紙は、大本海図さん。解説は小谷真理さん。帯にハリー・ポッターの字はなかったようです。現時点で登録されているオンライン書店は、e-hon Jbook 三省堂 旭屋書店 など。来週には書店にならぶはずです。お楽しみに。

 ところで、主人公たちのうしろに見える巨大巻き貝みたいなものは、いったいなんなんでしょう……?
2002/02/08  佐田千織さんからテリー・グッドカインドの『魔石の伝説1 冥界からの急襲』(ハヤカワ文庫FT)をいただきました。ありがとうございます。いよいよ〈真実の剣〉第二部のはじまりです。今回は、全七巻を隔月で刊行していくとか。翻訳者もたいへんですが、まあ、売れてるからいいでしょう。

 羽住都さんの表紙はあいかわらず好調。オリジナル・イラスト・プレゼントなんてのもやるようです。いまごろ気づきましたが、うしろにドラゴンがいますね。解説は中野善夫さん。いつもと文体がちがうような。


 Amazonに『マイクロソフト帝国の反逆者たち』のレビューが載ってます。
2002/02/07  3月に早川書房から刊行予定の『90年代SF傑作選(仮題)』、担当の二作のゲラをチェックして返送。ひとつは、SFマガジンに載ったソウヤーの「ホームズ、最後の事件ふたたび」、もうひとつが、レズニックのヒューゴー、ネビュラ受賞作「オルドヴァイ峡谷七景(仮題)」。

 当初の予定では、去年の夏に出るはずだった本ですね。といっても、翻訳者がさぼっていたわけではなく(推測)、個々の作品の版権取得方面でいろいろと苦労があったようです。翻訳物のオリジナルアンソロジーは、手間も金もかかってたいへんだとか。河出文庫の『20世紀SF 1990年代』とは、またちがったラインアップで楽しめそうです。
2002/02/06  『マイクロソフト帝国の反逆者たち』、ランキング情報。

 Yahoo! Newsの書泉グランデ調べのランキングでは、先週の9位から7位へじわりと上昇。

 bk1のコンピュータ書コーナーでは、8位に初登場。やはり、トップページで取りあげられているのが大きいんでしょうね。〈新刊pickup〉から、〈注目の三冊〉のてっぺんに格上げ(?)になりました。〈売れすじ〉コーナーにもはいってますね。ありがたや。

 いったい何冊売れてこの順位になっているのか、関係者にそっと教えてもらいたい気もしますが、聞かないほうが幸せなんだろうなあ。
2002/02/05  いまさらという感じですが、ネビュラ賞予備投票の上位作品のなかに、ソウヤーのCalculating Godがはいってました。顔ぶれを見ると、ひょっとしたら本投票の候補作に選ばれるかもしれません。

 それにしても、前年度の作品が多いなあ……。ネビュラ賞には、前年度の作品でも、その年に候補になっていなければ対象になるという、わけのわからない規定があります。出版される本が多すぎて、とてもその年のうちには読み切れないということなんでしょうか。混乱をまねくだけだから、やめたほうがいいと思うんですけどね。


 昨日ちょこっと書いた、スーパーボウルのバカ愚かしい中継。NHKが、現地映像ではなく、独自に持ちこんだハイビジョンカメラの映像を(一部で?)使ったことが原因だったようです。受信料払うのやめるぞ。
2002/02/04  bk1コンピュータ本コーナーの新刊pickupに、『マイクロソフト帝国の反逆者たち』がとりあげられています。「これぞ本当のプロジェクトX」というのは、たしかにそのとおり。

 いくつかのオンライン書店では、題名が20字までしか表示されないらしく、この本を副題付きで登録してあると、『マイクロソフト帝国の反逆者たち Wind』という表記になります。Windという抵抗組織があるみたいで、ちょっとかっこいいかも。


 今年のスーパーボウルの中継はどうしたことか。おもだったカメラの位置が低すぎて、すぐまえの観客が立ちあがるたびに画面にはいっていました。盛りあがる場面で、観客が総立ちになって、プレイがまったく見えなくなることも……。あの国民的行事でこういう失態は珍しいのでは。試合結果には満足ですが。
2002/02/03  去年は新潮社で本を出さなかったのに、まだ一部の新潮文庫が送られてきます(太っ腹)。ありがたいけど、いつまで続けてもらえるのかな……。

 で、1月の新刊にはエリザベス・ハンドの名前がありますが、映画のノヴェライゼーションでした。『マリー・アントワネットの首飾り』――例の王妃の首飾り事件を題材にした作品らしいです。

 これも映画がらみか――と思った『A&R』ビル・フラナガン。タレントスカウトが主人公の音楽業界小説ということで、ちょっとおもしろそう。ただ、そんなことより気になったのが、訳者の矢口誠という名前。〈マジカルランド〉訳者と混同しそうなこの名前、なんか聞き覚えがあると思ったら、去年のミステリ忘年会でお会いした人でした。なるほど、それで担当編集者ともつながるんですね。訳者あとがきで、「自分にとって小説とロックのどちらが大切かといえば、それはもちろんロックである」と書いておられますが、それよりもっと好きなものがあるんじゃなかったっけ?
2002/02/02  目がかゆい……そんな季節か?
2002/02/01  鎌田三平さんから、角川文庫の訳書を二冊同時にいただきました。ありがとうございます。

 『復讐の天使』ロビン・ハンター――「イスラム過激派による飛行機テロで妻と二人の娘を惨殺された」主人公が、復讐を果たすために冷徹な暗殺者と化す……というサスペンス小説。さすがに飛行機がビルにつっこんだりはしないようですが、こういう本を訳しているときに、あの同時多発テロ事件が起こったというのは、なかなかきついものがありますね。

 『人にはススメられない仕事』ジョー・R・ランズデール――翻訳業のことか? ではなく、おなじみの〈ハップとレナード〉シリーズの新刊。薄くていいなあ。


Top