お知らせ

2002年1月


2002/01/31  『マイクロソフト帝国の反逆者たち』、書泉グランデのコンピュータ書の売上、というたいへん狭いランキングで9位にはいっています。詳細はこちら。だからどうした、といわれそうですが、すくなくとも壊滅的な売上ということはなさそうです。ソフトカバーはやっぱり正解だったかな?
2002/01/30  扶桑社から連絡があり、アンドリュー・クラヴァンの『アニマル・アワー』が版元品切れになるそうです。いま書店にある在庫をのがすと、取り寄せでも手にはいらなくなりますので、忘れてた、という方は急ぎましょう(もう手遅れか?)。いろいろあった、思い出深い本です。

 電子辞書ブラウザのJamming、Windows版が半年ぶりにバージョンアップしました。どこが変わったのやらよくわかりませんが。あいかわらず『岩波生物学辞典』の内容が表示されないのは、うちの環境に問題があるのだろうか……。
2002/01/29  SFマガジン3月号によれば、THRAXASの邦題は『魔術探偵スラクサス』に決定した模様。「魔法の国のダメダメ中年探偵スラクサス」とか書かれて、気の毒な主人公……いや、そのとおりなんですが。

 そのスラクサス、原書ではシリーズ化されています。まだアメリカ版は出ていませんが、Amazon.co.jpイギリス版の購入ができるようになりました。それだけでなく、いつのまにかデジタル版まで出ていました(ファイルはAdobe Reader形式のみ)。うーん、もうすこし早く出てくれれば……。


 小泉はもう、どうしようもないなあ……手遅れになるまでなにもせず、いきなり極端な行動に出るってのは、ひょっとしていちばん危険なタイプ? 結局、真相はわからないままだし(見え見えだけど)。
2002/01/28  小隅黎さんから、新訳版レンズマンシリーズ第一弾となる、『銀河パトロール隊』E・E・スミス(創元SF文庫)をいただきました。ありがとうございます。訳者あとがき、気合いがはいってますね。もう5冊目にとりかかっているとか。駅前本屋でも売れ行き好調みたいでした。

 梶元靖子さんからは、キム・ニューマンのドラキュラ年代記第三部『ドラキュラ崩御』(創元推理文庫)をいただきました。ありがとうございます。帯には「闇の治世に幕が降りる」とありますが、じつはまだ終わらない模様。

 駅前本屋で見かけた『銀河おさわがせアンドロイド』アスプリン&ヘック(ハヤカワ文庫SF)は、大森望さんの解説が2ちゃんねるスレッド形式。日本初か?
2002/01/27  Amazonから届いた資料本。『ダーウィン自伝』(ちくま学芸文庫)。
2002/01/26  青木みやさんと白石朗さんから、オンライン書店の縦断検索サイトを教えていただきました。ありがとうございます。メタ検索っていうんですね。これは便利だなあ。下にあげたほかにもいろいろありましたが、基本はいっしょみたいです。ウィンドウがぞろぞろっと開くのでご注意を。

 not's fragmentsオンライン書店 メタ検索ページ

 ありさとの蔵ISBNでネット書店をサーチ

 本の虫メタ検索エンジン

 しかも、全検索用リンクを一発で作成してくれるサイトもあります。すばらしいですね、ほんとに。下に『マイクロソフト帝国の反逆者たち』のリンクをならべておきます。どうしてもほしいのに近所の本屋さんにないという方は、お好きなところで購入してください。Amazon遅いぞ。

 bk1 /旭屋 /Jbook /楽天 /紀伊 /amazon /eS! /三省堂
 /e-hon /Yahoo
2002/01/25  『マイクロソフト帝国の反逆者たち』の登録、どうやら一番乗りは紀伊國屋みたいです。まだブツは入荷していないようですが。

 国内のオンライン書店の横断検索ができるサイトってないんですかね? 定価がみんないっしょなので、あまり意味はないかもしれませんが、急ぐときは、在庫があるところをさがしてあちこち渡り歩いたりするもので。

 さて、この本は近所の書店に入荷するでしょうか……。
2002/01/24  今回の訳者献本、地域によっては早くも届いている模様。
2002/01/23  『マイクロソフト帝国の反逆者たち』の見本が、徳間書店から届きました。なんと10カ月ぶりの新刊です。こんなに長いあいだ訳書が出なかったのは、ほぼ十年ぶり。貧乏になるわけだ。

 ソフトカバーの単行本というのは、これがはじめて。表紙は、原書のイメージを踏襲していますが、はるかにポップな仕上がりになっています。なかなかいいんじゃないでしょうか。帯にでかでかと〈マイクロソフト版 プロジェクトX〉……いやまあ、あとがきにもそんなことを書きましたけどね。XboxにダイレクトXにプロジェクトXと、時代はすっかり“X”です(意味不明)。

 今回はSFでもミステリでもありませんので、訳者からの献本については、ぐっと数を絞って、ふだん著書や訳書をいただいている方を中心にさせていただきました。刊行が28日ですから、たぶんそのころには届くと思います。
2002/01/22  ASIMOV誌の2月号が届きました。

 本体に透明な袋をかぶせて、そこに宛名ラベルが貼ってある――という、アメリカから来るわりには非常に安直な包装なんですが、なぜか、年に一度か二度くらい、このラベルが袋ではなく本体の表紙に貼られていることがあります。今月もそうでした。見苦しくていやなんですが、うかつに剥がそうとすると、表紙ごとべりべりと剥がれてしまうので、そのままにするしかありません。

 まえに文句をいったところ、「うちの包装マシンがバカなもので」という返答がかえってきたので、その後はあきらめました。まあ、読めればいいやと。しかし、どこをどうまちがえると、こういうミスが起こるのか……謎です。
2002/01/21  黙々……。
2002/01/20  徳間書店のウェブサイトに、『マイクロソフト帝国の反逆者たち』の紹介がちょろっと載っています。長いサブタイトルと内容紹介に微妙なずれがありますね。1月28日発売で、定価は1800円だそうです。知らなかったことばかりだなあ。しかし、なぜ翻訳書ではなく一般書なんだろう……。

 まあ、ここを見ている人はあまり興味をもちそうにない本ですが、とりあえずもうじき発売みたいです。
2002/01/19  細美遙子さんから『人生におけるいくつかの過ちと選択』ウォーリー・ラム(講談社文庫)をいただきました。ありがとうございます。細美さんも、えらいペースで訳書が出てますね。みんな働き者だなあ。はやりの人生ノウハウ本みたいな題名ですが、ちゃんとした小説です。全米No.1ベストセラーで、「現代人のための癒しの書」だとか。

 しかし分厚い。文庫で850ページ。電車で読むのはたいへんです。
2002/01/18  眠い……。
2002/01/17  以前、資料としてヴェリコフスキーの『衝突する宇宙』をbk1に発注して、品切れだったと書きましたが。AMAZONでもやっぱりだめでした。そこで、古書検索サーチエンジンのスーパー源氏をはじめて使ってみたところ、あっというまに見つかり、心願社というネット専門の古本屋からぶじに購入することができました。代金後払いとは、思いきったことをするものです。いやあ、便利な世の中になりました。

 しかし、こういう本が資料になるSFが訳されると聞いたら、よろこぶ人と眉をひそめる人がいるんでしょうね。きっと。
2002/01/16  しばらく休日はないなあ……。
2002/01/15  紹介するのを忘れていましたが、SFマガジンにもときどき作品が載っている(最近では1月号)ルーシャス・シェパードの長編、『Colonel Rutherford's Colt』が、fictionwiseに登録されています。現時点では、ここでしか読めないそうです。普通小説なのかな? そのうち書籍版が出るかもしれないと思うと、購入には二の足を踏んでしまいますね。

 SFマガジンといえば、一時はすっかりさびれていた編集長の掲示板が、いつのまにかにぎわいを取りもどしていました。この先どうなるかはわかりませんけど。
2002/01/14  いやあ、NHKもたまには粋なことをやってくれます。ディズニー生誕100周年を記念して製作された映画〈アトランティス 失われた帝国〉の原作、〈ふしぎの海のナディア〉を、今月17日からBS11で放映してくれるそうです(じつは正月に総集編もやってたんですが)。さあ、みんなでじっくり確認しよう!

 話がよくわからない方はこちらをどうぞ。かなり笑えます。〈ライオン・キング〉ですっかり味をしめたんでしょうか。腹が立ったのでなにかしたいという方には、こんなのもあります

 個人的には、どっちも宣伝になってよかったんじゃないかと思いますが……。
2002/01/13  資料として急遽必要になった、シェークスピアの『ジュリアス・シーザー』の翻訳書を、デジタル書店〈グーテンベルク21〉で購入。近所の本屋にはなく、図書館に行ってもよかったんですが、データで手に入れておけば検索が可能なので。ほかに、〈BBC文庫〉にもありましたが、価格の差で前者になりました。翻訳はどちらがいいのかわかりません。まあ、意味が確認できればいいので。

 ファイル形式は、エキスパンドブック形式にしておきましたが、3日間しかダウンロードのやりなおしができないというのは、ちょっと不便かもしれません。支払いにはWebMoneyを利用。こういう電子マネーもけっこう普及しているんですね。

 なお、原文で引用箇所をさがすときは、いまだに『Library of the Future』の第3版という古いCD-ROMを利用しています。これで見つからないときは、ネットに乗りだすことになりますけど。いまはもう売ってないのかな……。
2002/01/12  またゲラが届く……。
2002/01/11  『魔術探偵スラクサス(仮題)』の表紙絵を担当する方が決まったそうです。

 編集者から、SFマガジンのあの号の表紙を描いた方ですよ、と聞いて、さっそく見ようとしたところ、なぜか問題の号だけ本棚にない。家中さがして、ようやく、たんすの裏に墜落して無惨に折れ曲がっていたのを発見。ははあ、こういう感じになるんですか(とはかぎらないか)。楽しみですね。たとえ訳者でも、表紙だけは、本ができあがるまでどんな仕上がりになるかわからないので。

 さて、帯にハリー・ポッターの名前は出るのでしょうか? べつの編集者とこの本について話していたとき、「同じイギリス作家じゃないですか」といわれて、なるほどと思いました(スコットランドだけど)。
2002/01/10  先日もちらっと書いたダン・シモンズの『ダーウィンの剃刀』(早川書房)を、嶋田洋一さんからいただきました。いつもありがとうございます。「『ハイペリオン』の鬼才が放つハイボルテージ・アクション」ということで、今回は純粋なサスペンス小説みたいです。じつはダーウィンというのは主人公の名前で、進化論のあの人とはなんの関係もない模様。

 シモンズといえば、ヘミングウェイが主人公の『Crook Factory』も、今年あたり某社から翻訳刊行されるのではないかと思います。それにしても、こんなにつぎつぎと新しいジャンルに挑戦する作家は珍しいですね。
2002/01/09  LOCUS誌1月号が到着。表紙とインタビューは、『グリーン・マーズ』が好評なキム・スタンリー・ロビンスン。人類の過去七百年の歴史を再構築するという改変世界ものの最新長編、『The Years of Rice and Salt』を紹介。いくらなんでも、ハードカバー768ページはなあ……。
2002/01/08  (ゆ)の(一日遅れの)誕生日祝いで、奥高尾のうかい鳥山へ。20号線で火事渋滞に巻きこまれ、一時間遅れで到着。鴨すき、うまし。千尋が踏みこんだ異世界のような、不思議な空間でした。
2002/01/07  ゲラ。
2002/01/06  bk1の近刊コーナーに仰天本が。今月、なんとマイケル・ムアコックの『グローリアーナ』が創元推理文庫から刊行されるようです。もとはサンリオ文庫で出るはずだった本で、その後創元へ移ったという話は聞いていましたが……。

 ほかにも、ダン・シモンズの『ダーウィンの剃刀』や、キム・ニューマンのドラキュラシリーズの新作『ドラキュラ崩御』など、期待のタイトルがならんでいます。今年は大豊作の一年になるんでしょうか。

 それにしても、創元推理文庫がSF3冊を一挙刊行なんて……いったいなにがあった?
2002/01/05  ロバート・J・ソウヤーが、ネアンデルタール三部作の第二部『Humans』を脱稿した模様。刊行予定が2003年の春ですから、ずいぶん早いですね。執筆開始が去年の7月31日で、終了が12月31日。続編だけに、ふだんよりだいぶ短期間で完成したようです。

 現在ANALOG誌に連載中の第一部『Hominids』の紹介が、ここにちょこっと。しかしまめに読んでますね。連載終了時の感想を楽しみに待ちましょう。いや、わたしもゆとりがあれば読みたいんですが、今月はちょっと……。
2002/01/04  あっというまに正月気分が……。
2002/01/03  箱根駅伝の神奈川大学、おおむね予想どおりの順位に落ちつきました。来年がある、来年が。

 某社編集者の年賀状の書きこみからすると、どうやらアレの版権がとれそうな模様。よそもオファーを出しているという話だったので、もうないのかと思ってました。もしもとれた場合、やっぱりわたしがやるんでしょうか。うーむ……。

 しかし、もっとたまげたのは、古沢嘉通さんの年賀状にのっていた出版予定。あ、あれ? 未訳だったっけ? あわてて刊行予定のページをのぞいてみましたが……あいかわらずですね。そろそろ改訂しませんか。去年のうちにあと四冊本が出ていた予定になってますよ。
2002/01/02  神奈川大学(母校です)、箱根駅伝往路優勝!! この駅伝の醍醐味は、やっぱり山登りでの逆転劇ですねえ。最高。
2002/01/01  年が明けてしまいましたね。ふう。たくさんの年賀状をありがとうございました。うちの手抜き年賀状はこんな感じです。画像が粗いのは、筆まめのエクスポート機能の限界。


今年の目標。

一、元気でいる。
一、すこしは運動する。
一、6月以外はちゃんと働く。


Top