お知らせ

2001年12月


2001/12/31  わたしにとってのウェブサイト元年が、あと5時間ほどで暮れようとしています。いろんな人の協力で、どうにかここまで続けてこられました。来年もよろしくおねがいします。

 仕事メモ。1月上旬までに見なければならない長編のゲラが1本。同じく上旬までに見直しをしなければならない某アンソロジーの短編と中編が1本ずつ。そして、1月中になんとかしなければならない長編が1冊。いやはや……。

 みなさんよいお年を。
2001/12/30  仕事の合間に、ちょこちょこと大掃除。よ、腰痛が……(おまえはフジタか)。

 すべりこみで例のカップヌードルの応募はがきを発送。む、胸焼けが……。
2001/12/29  いつのまにかホーガンの新作が刊行されていました。なんかどんどん未訳本がたまっていくような……。作者のウェブサイトの情報によると、シリーズ化が予定されているスペースアドベンチャーで、タイトルは『Martian Knightlife(火星のナイトライフ)』。”騎士(ナイト)”と呼ばれる主人公が登場する、ふたつの中編がおさめられています。しかしこの表紙は……。


 なんとか年賀状をでっちあげました。ただの近況報告ですが。
2001/12/28  やっぱり正月休み用のゲラが届くのか……。
2001/12/27  昨日ちょこっと書いた『空想科学エジソン』、作者の カサハラ テツローさんの日記によると、3巻までで打ち切りになってしまうとか。もともと4巻くらいで終わる構想だったようですが、それにしたって、2冊ぶんの話を1冊に押しこまなければならないわけですから、いろいろむりが出てくるでしょう。残念なことです。

 まあ、10冊ぶんくらいの話を1冊に押しこんで、しかも未完に終わった『度胸星』に比べたら、はるかにましかもしれませんが。


 『ダイヤモンド・エイジ』ニール・スティーヴンスン(早川書房)もいよいよ登場。これも必読本でしょうね。
2001/12/26  小説以外の本がいろいろ。

 『SFマガジン2月号』(早川書房)――連載陣がずいぶん変わりました。「2001年度物故作家特集」を見ていると、やっぱり、21世紀にたどり着いてほっとして逝ってしまった人が多いのかなという気がします。

 『SF Japan Vol.03』(徳間書店)――まさかこういう判型になるとは……。手塚治虫大特集。Vol.4には、ほんとうに山田正紀の『神狩りII』第一部が一挙掲載されるそうです。

 『SF入門』 日本SF作家クラブ編(早川書房)――パッケージがいまひとつ中身にそぐわないような……。作家クラブが選んだオールタイムベストも発表されていますが、書籍と映画をごっちゃにするという感覚は理解不能。『風の谷のナウシカ』なんて、映画とコミックはまるで別物だと思うんですが。

 『最終兵器彼女7』 高橋しん(小学館)――全体を三巻でまとめれば傑作になったでしょうね。

 『空想科学エジソン2』 カサハラ テツロー(幻冬舎)――なぜか版元がソニーマガジンから変わっています。↑とかこれとかは、SF Onlineの書籍レビューで存在を知りました(あと、『かってに改蔵』なんてのも)。休刊は残念だなあ。
2001/12/25  「アンバーの八王子」の機関誌、ヘルライド最新号(59号)が届きました。いつも強制配布ありがとうございます。今年は二冊目ですね。SFのボーダーラインを考えてみよう――という、たいへんまじめな特集です。連載陣も好調。N原N苗さんの「去りにし日々」とかもおもしろかったなあ。こうして人は本を読まなくなっていくのか……。ま、遺伝子が遺伝子なので、そのうちもどってくるでしょうけど。
2001/12/24  Drive Imageのトラブルは、メーカーのほうでも現象を確認している模様。怖くてリストアのテストができないな……。
2001/12/23  『魔術探偵スラクサス(仮題)』の解説者が決まったそうです。ちょっと予想外の方でした。どんなふうになるのか楽しみです。

 ハードディスクのバックアップソフト、Drive Imageの新版が届きました。が、いまいちうまく動いてくれません。うちのマシンの構成に問題があるのか。使えないわけじゃないんですが……。年末年始はなにも起きないことを祈ろう。

 タワーレコードで、購入者を対象になにやら勝手に抽選をしていたらしく、Tシャツが当たりました。こんなところで運を使い果たしたくないなあ……。
2001/12/22  今年もいろいろなミステリ関係の年間ベストが発表されました。『クライム・ゼロ』は影も形も見えませんねえ。忘年会でひさしぶりに会った某怪獣評論家(?)もいってましたが、前半のおもしろさに比べて、後半がちょっと弱いのが難かもしれません。もっとも、前作の『イエスの遺伝子』も、ベストにはまったく縁がなかったからなあ。関係ありませんが、『このミステリーがすごい! 2002年版』の表紙は『ギャラリーフェイク』のフジタですね。扉にはサラも登場。

 ところで、はじめてSF本を訳すからって、『レッド プラネット』を買って勉強するというのはなにかまちがってる気がするぞ>某怪獣評論家(?)。

 ベストには無関係でしたが、このミスの「わが社の隠し玉」では、同じ本で二年連続して紹介されるという失態を演じてしまいました。海より深く反省。今年はなあ……いろいろあって仕事がはかどらず、訳書が二冊しか出ませんでした。各社編集者および一部の本を楽しみに待っている読者のみなさん、申し訳ありません。あまりコンスタントに出していると「着々翻訳家」といわれて、ありがたみが薄れるので、わざと仕事量を減らした――というわけではありませんので。

 来年はちゃんと働きます(予定では五月までに四冊出ます)。W杯以降はあいてますので、どうぞよろしく。
2001/12/21  瀬名秀明さんから、島田荘司責任編集の新本格書下ろしアンソロジー『21世紀本格』(カッパ・ノベルス)を送っていただきました。ありがとうございます。朝日新聞にも大きな広告が出ていましたね。それにしても、真っ向勝負のタイトルだなあ。

 瀬名さんの収録作は、「メンツェルのチェスプレイヤー」という(たぶん)AIものの中編ミステリ。ご本人が、ウェブサイトの新着情報のページで、「今年発表した小説の中では、こいつがいちばん面白いと思う」と書いています。
2001/12/20  昨日のGREEN MARS感想に、「民間人」という表現がありますが、これは「コアなSFファン以外のふつうの読者」というていどの意味です。べつに一般の人たちを見下しているとかそういうわけではありませんので、誤解なきようおねがいします。当時の文章をそのまま出したもので……。
2001/12/19  東京創元社から珍しく書評用として本が送られてきたと思ったら……ついに出ました。キム・スタンリー・ロビンスン『グリーン・マーズ』。おお、今度は題字が緑色だ、なるほど。ヒューゴー賞、ローカス賞受賞作。

 『レッド・マーズ』を楽しんだ人も楽しめなかった人も、これは必読だと思いますね。参考のため、原書を読んだときに某所に書いた文章を下に載せておきましょう(一部伏せ字)。熱いな……。

*----------------------------------------------------*
 GREEN MARSをやっと読了
 第1部(RED MARS)ほどの華々しさがない。
 第3部(BLUE MARS)があるため、つなぎの作品という印象が強い。
 ――といった批判が寄せられるのは目に見えているが、しかし、これも第1部におとらぬ傑作である。なによりも、ラスト数十頁の感動的な展開により、自分がなぜSFを好きになったのかをあらためて思い起こすことができる。それと同時に、なぜこの作品にこれほどの長さ(2冊で1100頁以上)が必要だったのかということも理解できるはずだ。
 幾多の困難はあるだろうが、第1部をだす出版社は、ぜひともこの第2部も日本の”SFファン”のために邦訳してほしい。もう民間人のことはどうでもいい。彼らには****と****をあたえておけばいいのだ。こういう作品をださないのなら、日本のSF出版界など存在する意味はない。
*----------------------------------------------------*

 「赤い火星と緑のたぬき」とかいってたのは、東茅子さんだったかな……。
2001/12/18  先日のお知らせで、「いまはファンタジイにくわしい人は編集者のあいだでひっぱりだこの模様」と書きましたが、あれは中野善夫さんだけのことをいったわけではありません。例のミステリ忘年会で某ファンタジイ翻訳者が編集者のあいだで人気を集めていた、という話も聞いていたので、全般的な印象を述べたのでした。わかりにくかったですね。

 さて、その人気翻訳者かどうかはわからない佐田千織さんから、テリー・グッドカインドの『魔道士の掟5 白く輝く剣』(ハヤカワ文庫FT)が届きました。いつもありがとうございます。いよいよ第一部の完結ですね。第二部の刊行は決定、第三部もほぼだいじょうぶと思われますが、それ以降についてはまだまだわからないそうなので、ファンの方は布教につとめることをお勧めします。佐田さんも〈真実の剣〉ホームページを開設したらどうでしょう。ファンの集いの場として(よそにもうあるかな?)。
2001/12/17  以前fictionwiseでダウンロードしたPalm doc (.pdb)形式のファイルは、適当なウィンドウズ用のビューアーで全体をコピーできるという話を書きました。この件については、複数の翻訳者から反響がありまして、やはりお金を払ってでもテキストがほしいという人は多いんだなと実感しました。

 問題は、fictionwiseで購入可能な書籍がごくかぎられていて、雑誌を除くと新しい本がほとんどないということです。自分が翻訳する本がなければ話がはじまりません。Palm用のファイルが読めるなら、ということで、Palm Digital Mediaで試しに本を一冊購入し(いまやっている本の作者のひとつまえの本)、pdbファイルをダウンロードしてみました。ところが、ビューアーで読みこもうとしても、こちらはパスワードがはいっていたりする関係でファイル形式がちがうのか、エラーになってしまいました。残念です。期待された一部の方々、申し訳ありません。

 ほんとは、Amazonで買えるデジタル本をテキスト化できれば、いちばんなんですけどね……。

 そういえば、Fictionwiseでは、Analog誌、Asimov誌に続いて、F&SF誌も購入できるようになっていました。年間購読だとさらにお得です。


 五日目にしてようやく電話がつながり、第六希望くらいのエクアドル×クロアチア戦(横浜国際)をゲット。とりあえずW杯の雰囲気は楽しめそうです。ほっ。
2001/12/16  電話は四日目もつながらず……JAWOC許すまじ。
2001/12/15  自由が丘でぱらんてぃあの忘年会。このところ酒を飲むと眠くなってしかたがないので、車で現地へ。道が狭い。晋風姉妹というしゃれた中華の店で、なかなかおいしかったです。

 発行人の小林祥郎さんから、20周年記念ファンジンを制作するので、レビューした作品のなかから思い出の一冊を選んで原稿を書いてくれと依頼される。んー。スチャリトクルか、レズニックか。

 中野善夫さんは、例によってこの忘年会のために九州からはるばる上京(群馬から車で来る家族もいるんですが)。いまはファンタジイにくわしい人は編集者のあいだでひっぱりだこの模様。

 ネットで自分の名前で検索しても他人ばかり出てくると嘆いて語っている人がいたので、ここに名前を書いておいてあげよう――A藤T美はメカフェチです(本人の希望で一部修正しましたが、これでは検索されないなあ)。


 電話は三日目もつながらず……。
2001/12/14  資料本(?)として『トールキン指輪物語事典』(原書房)を購入。こんな本が近所の本屋にならぶのも、ハリポタのおかげでしょうか。しかし、仕事で役に立つことがあるのかな……。

 忘年会で聞いたんですが、高田馬場のビブロスに続いて、銀座のイエナも閉店とか。たしかに、Amazonを使うようになってからは、洋書屋へ足を運ぶことはほとんどなくなっていました。なんかいろいろなことを思いだしますね。わたしがペーパーバックを買っていた店はみんな消えてしまったなあ。


 ワールドカップのチケット二次販売。ばかげた販売方式のせいでひどいめにあってます。二日間、まったく電話がつながりません(四日間という人もいるらしい)。おまけに、神奈川県からはほとんどつながらないという噂が……。仕事にならないので、もうリタイア。
2001/12/13  昨日書いた、忘年会での「消えたコート事件」は解決しました。

 二次会終了後に残っていたのが、男物のコート一着と、自分のコートが消え失せた女性ひとりだったため、さまざまな推理がとびかったようですが、結局、わたしにコートをまちがえられた某男性が、なぜか似たような女物の(赤い)コートを着て、そのまま気づかずに帰ったというのが真相でした。

 男性が女物のコートを着て帰るわけがないという、探偵(幹事)側の思いこみを逆手に取った巧妙なトリック……。

 まあ、ミステリ忘年会らしい事件ではありましたが。関係者のみなさん、ほんとうに申し訳ないことをしました。ぺこぺこ。
2001/12/12  恵比寿でミステリ翻訳関係者の忘年会。参加申し込みは250名を超えたとかで、もうなにがなんやら……。

 『Thraxas』の新担当編集者と顔合わせ。いまはグッドカインドなどを担当している方ですね。いろいろな翻訳者に紹介していたら、去年もこの忘年会で前々任の担当編集者をいろんな人に紹介していたことを思いだしました。アメリカに行ってしまったあの人はどうしているでしょう。ちなみに、『Thraxas』は来年2月刊行だそうです。正月休み中にゲラを見ることになるのか……。なぜか広告方面へ去ってしまった前担当者が考えた帯の案――「ハリー・ポッターが大好きなあなたにぴったりの魔法探偵登場!

 補足。早川のハリポタ本はもう9刷だそうです。


 帰りにコートをまちがえ(酔ってなかったんですが)、渋谷で気づいて会場に引き返すという失態。まだ同じ会場で二次会が続いていて、コートがないと騒いでいた人はいなかったようなのでひと安心。……かと思いきや、わたしにまちがえられた人が、さらにまちがえてべつのコートを着て帰ったらしく、最後にひとりだけ、自分のではないコートとともに取り残された人がいた模様。ここを見ている関係者のみなさん、ゆうべ着て帰ったのがほんとうにご自分のコートかどうか確認してみてください。うう。
2001/12/11  あれこれ。

 日本SF大賞は北野勇作さん『かめくん』に決定。まあ、楽しんで読んだのはたしかですけどね……。ちなみに受賞作の一覧はこんな感じ。わかるようなわからないような。

 LOCUS誌が届いたものの、あまり読むところがありません。ほとんどのニュースをネットで知っていることも原因のひとつでしょうか。

 実家の父から、囲碁のアマチュア七段になったとの連絡。たいしたもんです。お祝いに『ヒカルの碁』でも持っていってあげましょうか。もっとも、インターネットで碁を打ちたいとかいいだしたら、いまでさえたいへんな電話サポートがますます……。

 扇千景国土交通相を、個人的な「クズ政治家リスト」に登録しました。政権にしがみつくためにはどんなことでもやってしまう。こういうところは自民党の政治家よりはるかに悪質。一時期政権についた社会党にも、似たようなクズ大臣がいましたっけ……。
2001/12/10  某社で、来年1月刊行予定の、『RENEGADES OF THE EMPIRE』のタイトル会議がありました。現場を見たことがないのでよく知りませんが、きっと編集部や営業の人たちが集まって議論を闘わせているのでしょう。で、決定した邦題が――

 『マイクロソフト帝国の反逆者たち』

 まあ、これは原題どおりといえなくもないですね。ただ、サブタイトルが――

 『WindowsはガラクタOSだ! こんなもの、どうやって売り込めっていうんだ』

 なるほど、そうきましたか。わたしにはない発想ですね。なんか帯の文章みたいですが。表紙も原書と似た感じになるとか。
2001/12/09  某翻訳勉強会の忘年会。いろんな事情で車で行ったので酒が飲めず、ちょっと残念。まあ、飲んでる暇もないんですが。ひさしぶりに顔を合わせる人多数。しかし、つい先週も会っていたように会話は進む。

 結局、『SFが読みたい!』のベスト投票は断念。マガジン編集部のみなさんすみません。来年こそは……。

 SF文庫担当のI氏は、とても忙しい模様。あの本とかあの本について、ここには書けない話をいろいろと教わる。もっと飲ませたら、もっとおもしろい話が聞けそうでした。タマが足りないなら、レズニックのアフリカもの短編集なんてどうでしょう(需要がないか)。ほかにも、売れそうにない企画ならいろいろあります。来年の7月以降ならあいてます(6月はだめ)。

 アフサンも増刷分の売れ行きはいまひとつ。続編はやはり苦しいのか。逆転の秘策はないものか。要するに、部数が少なくてもかまわない出版社へ持っていけばいいのか。あるいは自費出版?

 ハードカバーで初版が二千部の本の話も。本屋にないわけだ。マガジンベストにはいりそうな作品だというのに……。だいたい、それでは食べていけません。

 W杯の準決勝のチケットを入手している人がいてとてもくやしい。埼玉県民枠なんて反則だろー。
2001/12/08  ソウヤーの新作長編 Hominids の第2部が載っているAnalog誌の2002年2月号、fictionwiseでダウンロード版の購入が可能になっています。船便に慣れていると、こういうリアルタイム感はなかなか新鮮ですね。

 Amazonでも使われているMicrosoft Reader形式などのファイルは、あらかじめ登録した特定の数台のマシンでしか読むことができません。著作権を保護するという意味ではいいことなんですが、正直なユーザーにとっては、マシンを新調したりOSを再インストールしたりするたびによけいな手続きが必要だというのはめんどうな話です。fictionwiseでは、購入した書籍を、複数のファイル形式で(たぶん)何度でもダウンロードできますし、どのマシンに持っていっても(たぶん)読むことができます。

 ただ、Acrobatのpdf形式でダウンロードしても、テキストをまるごとコピーすることはできないようになっています。翻訳者としては、せっかく電子データがあるのですから、使いやすいエディタにとりこんで自由に検索をしたいという気持ちがあります。で、その件に関して、アンサンブルの加藤逸人さんから、またまた貴重な情報を教わりました(感謝!)。Palm doc (.pdb)形式でダウンロードしておけば、適当なウィンドウズ用のビューアーで全体のコピーが可能だというのです。

 さっそく、教わったフリーソフトのビューアーで、ソウヤー長編のテキストファイル化に成功しました。これで秀丸でも自由に使えます。まあ、ソウヤーさんからは、いつも翻訳まえに原稿をファイルで送ってもらっているんですが、やっぱり書籍版と完全には一致していない部分があったりするので、これはありがたい。

 もっとも、Hominidsまで邦訳を続けられるかどうかは……。
2001/12/07  ひさしぶりに出版社へゲラを自力搬送。眠かった。そろそろゲラもデータで修正できるようになってほしいものです。そうすればメールですむのに。しかし、午前中の編集部というのはほんとに人がいない……。


 こういうしびれる試合を日本で見られないというのは、なんかまちがってる。ファンサイトに1点目のムービーがあがっていましたが、鳥肌ものでした。GAORAなんとかしてくれ。
2001/12/06  ワールドカップのチケット二次販売抽選。初日、二日目ともはずれる。ちぇっ。
2001/12/05  ある本の資料でヴェリコフスキーの『衝突する宇宙』をbk1に発注するも、品切れ。AMAZONはどうか。
2001/12/04  酒井昭伸さんから『さらば、愛しき鉤爪』エリック・ガルシア(ソニー・マガジンズ)をいただきました。ありがとうございます。 いや、これは、楽しみとしかいいようがないですね。「これが噂の恐竜ハードボイルド!」と、帯にあるように、人間のふりをした恐竜(ヴァロキラプトル)の私立探偵が活躍するハードボイルドだそうです。まあ、ウルフガイみたいなものですか。作者のデビュー作で、好評を受けてシリーズ化され、続編も邦訳刊行予定とか。むむ。
2001/12/03  ゲラゲラ。
2001/12/02  ブロードバンドスピードテストなんてものがあったので、試してみました。我が家はフレッツISDNですので、ブロードバンドではありませんが。どうしてADSLにしないかというと、電話回線を2回線使えるというメリットが捨てがたいからです。それに、調べものをするだけなら、速度はあまり関係ないですから(常時接続はたしかに重要ですけど)。

 測定時刻 2001/12/03 07:42:36
 回線種類/線路長 フレッツISDN 64kbps/-
 キャリア/プロバイダ -/nifty
 ホスト1 WebArena(NTTPC) 55kbps(17kB,2.4秒)
 ホスト2 at-link(C&W IDC) 68kbps(33kB,4.5秒)
 推定最大スループット 68kbps(9kB/s)

 まあ、規定の速度は出ている……のかな?
2001/12/01  なにやらめでたいニュースの陰に隠れていますが、3頭目の狂牛病の牛が発見されましたね。ところが、政府はあいかわらず、検査がきちんと実施されていることの証明だ、もう安全なんだ、といっているだけみたいです。

 それはまあ事実で、これからは危険な製品が市場に出る可能性はきわめて低いんでしょう。ただ、2頭目のときにも思ったことですが、解体されてはじめて発見される感染牛が現実に存在するということは、検査をはじめるまでは気づかれずに市場に出荷された製品が確実に存在していた、という証明でもあります。

 さらに困ったことに、酪農家のみなさんは嘘をついているわけではなく、どうやらほんとうに意識して肉骨粉を使ったことはなかったようです。つまり、酪農家がうちは肉骨粉を使っていないから安全、と主張しても、それはあてにならないということになります。

 となると、肉骨粉の輸入をきちんと禁止しなかった政府の対応が問題になるわけですが、おそらく、このあたりの責任を追及されると困るから、すでに出荷された製品についてはほっかむりして、これから出荷される製品のことばかり説明しているんでしょう。国民の不安を取りのぞくためには、感染経路の特定がなによりも重要なことだと思うんですが……人の感染者でも出ないかぎり、責任追及や、本格的な調査は望めないんでしょうか。なさけない話です。

 我が家では、まじめな酪農家を応援するためにも、国産の牛肉については、出所のはっきりしているものは食べています。しかし、いつまでも政府のまぬけな対応が続くようだと、それも考え直さなければいけないかもしれません。焼き肉は好きなんですけどねえ……。


Top