お知らせ

2001年11月


2001/11/30  白石朗さんから『王者のゲーム』ネルソン・デミル(講談社文庫)をいただきました。いつもありがとうございます。帯にも「手に汗握る怒濤の1500ページ!」とありますが、ほんとに超大作ですね。講談社にしては紙が薄めなので、見た目はそうでもないですが、手に取るとずっしり。読み応えがありそうです。

 最近は、各社とも、分厚くなってもいいからなるべく1冊(この本はさすがに2冊ですが)におさめようという方向に進んでいるんでしょうか。それにしては1ページ17行というのがよくわからないなあ……。確実に売れる作家なので、定価をあげるためかな?
2001/11/29  税務署から所得税の青色申告決算書が届きました。もうそんな季節なんですねえ……。ま、今年度はほとんど税金を払わずにすみそうですが。
2001/11/28  昨日も紹介したアンサンブルの会誌「Void Which Binds」第3号が届きました。「秋のファンタジー特集」ということで、世界幻想文学大賞の長編部門の受賞作・候補作のレビューが5本。あと、コニー・ウィリス小特集など。シンプルなレイアウトですが、読みやすいですね。今後も期待。

 あっちこっちから「ウイルスばらまいてしまいました」報告が。今度はこれです。BADTRANS(悪い翻訳)といういやな名前。こんなのが届いたら速攻で削除しそう。やっぱり、メールのプレビューだけで感染というのがきついですね。うちにまったく届かないのが不思議なくらい。
2001/11/27  SFマガジン2002年1月号のSFスキャナーに、ひとつだけ妙な原稿がまぎれこんでいるようです。あれは脳が沸騰していたときに書いたものなので、見逃してやってください。裏話をすると、スケジュール的にきつくて、本を読み直す時間もないと思ったので、最初は断ったんです。しかし、バリ島編集者から「翻訳者ならではのスキャナーを」と頼まれたので、あらすじはあんまり書けないよ、という条件で引き受けました。まさか70字まで凝縮されるとは自分でも思っていませんでしたが。

 『Calculating God』のちゃんとしたあらすじを知りたい、という方は、アンサンブルの会誌「Void Which Binds」第2号とか、黄金の羊毛亭とか、montreal lifeとかを参照してください。虫の居所の“ならの”さんも読みはじめたようなので、そのうち感想がのるかもしれません。
2001/11/26  (ゆ)のパソコンにまたウイルスメールが届きました。本文が"Peace." 、添付ファイル名が"WHATEVER.EXE"というトロイの木馬型メールです。添付ファイルを開かなくても、メールをプレビューするだけで、住所録にあるアドレスに自身のコピーをばらまくという強烈なやつですが、幸い、発動には失敗した模様。くわしい情報はこちらに。いきなりデータを消されるとかそういうことはないようなので、ひと安心。

 とか思ってたら、べつの人からも、同じウイルスメールが四通届いたという報告がありました。えらい勢いでひろがっているようです。みなさんもご注意を。


 知人にめでたい話がひとつ。おめでとう。乾杯。
2001/11/25  翻訳家の黒原敏行さんから、『アフターバーン』コリン・ハリスン(新潮文庫)をいただきました。ありがとうございます。ノワールづいてますね。どこかで聞いたような名前だと思ったら、以前講談社文庫から出た『マンハッタン夜想曲』の作者でした。下巻の帯が、「愛は、どんな拷問にも耐えられるのか?」 いや、それはむりだと思いますが。拷問自体が愛になってる人たちはべつとして。

 もう一冊、中原尚哉さんからは、キャサリン・アサロの〈スコーリア戦史〉の新刊、『目覚めよ、女王戦士の翼!』(ハヤカワ文庫SF)をいただきました。ありがとうございます。もはや各巻のタイトルをおぼえるのは不可能ですね。おお、用語集に年表に家系図まで。解説は柏崎玲央奈さん


 小野首位取り。ボランチはちょっとなあ。最低限の働きはした……か?
2001/11/24  ゲラ。ゲラ。
2001/11/23  Locus Index to Science Fiction Awardsが更新されて、われらが星雲賞のリストも整備されました。基本的には毎年の海外部門の受賞作が掲載されていて、最近の一部の年だけ候補作も載っています。

 で、その一部の年というのが、1995,1997,1998,2000,2001の各年。なにか気づきませんか? これはいずれも、ソウヤーの長編が候補になった年。わたしがソウヤーにメールしてあげた候補作リストが、めぐりめぐってこんなところで利用されてしまったようです。やれやれ……そんなにきちんとつくったリストじゃないのになあ。もしもミスなどありましたら、LOCUSに教えてあげてください。
2001/11/22  フェイエノールト(オランダ)の小野、UEFA杯3回戦第1試合で、フライブルク(ドイツ)を相手に決勝ゴール! しかし放送はなし。ゴールシーンの映像はこちら
2001/11/21  朝起きるとパソコン(DELL Dimension V400c改)が起動しなくなっていました。

 電源を入れてもディスプレイは真っ暗。ハードディスクはしばらく動いてから止まっている様子。おーい、かんべんしてくれ。予備機(AOpenのベアボーンからいいかげんに組み立てたやつ)があるとはいえ、そっちの環境構築はまじめにやっていない。この忙しいときに……。電源スイッチではオフできないので、何度か電源ケーブルを抜き差ししてみたところ、いちどだけ起動画面が出て、Win2000が立ちあがりかけたが、途中でストップ。その後は何度やっても真っ暗。これはハードか……しかもマザーボード?

 マシンの買い換えまで考えたものの、いまはそんな予算も暇もないことを思いだし、あらためて原因究明に取り組む。とりあえずパーツを順番にはずしてみよう。そういえば、ビデオキャプチャーボードがこのところ不調だった。ふたをあけてPCIのボードを引っこ抜き、どきどきしながら再度電源を入れると、何事もなかったように起動。うう、ありがたや。こういうこともあるんだなあ。仕事用のマシンはやはりシンプルな構成にしておくべきだと深く反省。

 起動後、大急ぎで入念なシステム全体のセーブをした秋の日。
2001/11/20  昨日さりげなくリンクしたように、SFマガジンはbk1で購入できるようになりました。「SF(中略)告白」が長期中断中の編集長のごあいさつが載っています。バックナンバーもOKというのはありがたいですね。ほんとに、扱ってる本屋さんが減ってきましたので。なんか迫力ある表紙の1月号は「英米SF受賞作特集」ということで、なかなか読み応えがありそうです。
2001/11/19  アンサンブルの加藤逸人さんからの情報。いつもありがとう。

 ソウヤーの長編連載がはじまったAnalog誌は、デジタル本サイトのfictionwiseでも購入可能です。PDF版やMS Reader版など購入後にフォーマットを選択して(たぶん)何回でもダウンロード可能。PDF版でさっそく落としてみましたが、印刷やコピー&ペーストはやっぱりむりでした。しかしこれはありがたい。

 紙版のAnalog誌もしばらくまえに定期購読を申し込んだんですが、いつになったら届くやら。Locusなんかもそうですが、申し込み後にまったく確認の返事がこないので不安になりますね。

 世界幻想文学大賞を受賞したティム・パワーズの長編は、加藤さんがいま出ているSFマガジン12月号のスキャナーで紹介していました。いやあ、申し訳ない。なんか見落としてました。いつもスキャナーはちゃんと読んでいますので(ただ、記憶力が……)。

 アンサンブルの会誌「Void Which Binds」第3号もできあがったそうです。世界幻想文学大賞とコニー・ウィリスを中心に、今回はファンタジイの紹介でまとめているとか。通信販売もあるので、上記のアンサンブルのサイトでどうぞ。
2001/11/18  最近ちょっと重宝しているのは、Googleツールバー

 うちではブラウザのホームページのアドレスをGoogleの検索画面にしているんですが、このツールバーがあると、べつのサイトを見ているときにいちいちホームへもどらなくてすみます。検索語の履歴やキーワードのハイライト機能も便利です。画面上で単語を選択してから、右クリックのメニューでGoogle Searchを選ぶと、その場ですぐに検索することもできます。

 アンインストールも可能なので、Google依存症の方はお試しあれ。
2001/11/17  気がつくと11月も半分過ぎている……油断も隙もない。
2001/11/16  ソウヤーいろいろ。

 作者のウェブサイトから、来年刊行の新作『Hominids』の表紙。いつもの、なんかあきらめたような表紙とはちょっと雰囲気がちがいますね。

 その長編が連載されるANALOG誌の表紙。ま、ありがち。第一部が掲載される2001年1月号は、Palm用のダウンロード版がすでに入手可能みたいです。しかし、これだけのためにPalmを買うわけには……PCで読めないのかな。

 作者の日記によると、『Illegal Alien』の映画化権のオプション契約が、また1年間更新された模様(これで4年目)。こういうことをくり返して、そのうち企画が立ち消えになるんでしょうね(オプション契約の説明はこちら)。ソウヤー自身は、働かずしてかなりの額の小切手を手に入れてハッピー、とのこと。なお、邦訳版『Illegal Alien』は、来年の夏ごろ刊行予定です。
2001/11/15  郵便物いろいろ。

 週間文春からはミステリベスト10のお知らせ。すいません、いくらなんでも投票はむりです。ベストを選べるほど読んでいません。

 SFマガジンからは『SFが読みたい! 2002年版』のベスト投票依頼。去年はきちんと読み切れず、とうとう投票できなかったんですが、今年もむりでしょうねえ。海外作品ですら数えるほどしか読んでいません。来年こそは……。

 ――と、思ってリストをよく見たら、注目作自体が数えるほどしかありません。シリーズものをはずしたら、あとは二、三冊ですみそう。ソムトウがリストにないのは不思議ですが。これならいけるかも(それは不作という意味か?)。

 ついでに、国書刊行会から謎のダイレクトメール。『ミステリ美術館 ジャケット・アートで見るミステリの歴史』の紹介。原書のジャケットアートで欧米ミステリ100年の歴史を概観する本らしいです。なかなか楽しそう。
2001/11/14  田中一江さんからパーネル・ホールの新刊『罠から逃げたい』(ハヤカワ文庫HM)をいただきました。ありがとうございます。今回はやや長めですね。もうシリーズも12冊目ですか。着実に売れるシリーズものがあるのはうらやましい。

 もうひとつは、冊数だけでいったら12冊なんてすぐに突破しそうな、テリー・グッドカインドの〈真実の剣〉の新刊、『魔道士の掟4 結ばれぬ宿命』(ハヤカワ文庫FT)。佐田千織さんからいただきました。毎月ありがとうございます。いやー、今回も表紙がいいですね。売れそう。

 『Thraxas』の表紙はだれになるんだろう……。この人がぴったり! とかあったらメールください。ご希望に添えるかどうかはわかりませんが。
2001/11/13  その『Thraxas』ですが、最新刊『Thraxas and the Sorcerers(スラクサスと魔術師たち)』英国Amazonから届きました。アメリカ版は来年の春らしく、いまはここでしか買えません。シリーズの既刊はこれで5冊ですが、早くも6冊目『Thraxas and the Dance of Death(スラクサスと死の舞踏)』の刊行が決まっているようです。

 ただ、このシリーズ、5冊目からイラストレーターが変わり、それに合わせて既刊の4冊もぜんぶ表紙が変わってしまいました。最初のほうが好きだったんですけどねえ。作者のホームページに掲載されているのもみんな新版です。これから購入される方は、古本以外では旧版を見ることができないと思いますので、ちょっとだけお見せしましょう。イメージはこっちのほうが圧倒的に正しいような。右側に立っている鎖かたびらビキニのマクリ(人とエルフとオークの混血)は、もうちょっと美人のはずですが。ちなみに、旧版のイラストレーターはJulian Gibson、新版がMark Thomas。

 なお、邦訳刊行が決定している『Thraxas』、刊行まえに担当編集者が二度も変わるというなにやら不幸な星の下にあるみたいなので、いつごろに書店にならぶかよくわかりません。もうしばらくお待ちを。
2001/11/12  修羅場とりあえず脱出。自業自得とはいえ、二度とやりたくないです。さあ、年内の締め切りはあとひとつ。

 今年度の世界幻想文学大賞が発表されています。長編部門がティム・パワーズ『Declare』とショーン・スチュアート『Galveston』の同時受賞。スチュアートはようやく大きな賞をとりましたね。これで邦訳の可能性が出てくるかも(ちょっと長いか)。スチュアートはSFスキャナーで紹介済み。パワーズは――どうでしたっけ。どこかにスキャナーのインデックスありませんか。ちゃんと更新されてるやつ。なんにせよ、昨年度の『Thraxas』のような、とんでもない大穴ということはなかったみたいです。

 Amazonはサンプルページをイメージで紹介するようになったんですね。知らなかった。どっちかというとテキストデータのほうがありがたいんですが。

 『カッコーの巣の上で』のケン・キージーが亡くなったのか……。
2001/11/11  頭沸騰……。
2001/11/10  手首死ぬ……。
2001/11/09  古沢嘉通さん入魂のファンジン、「Review IKA #1 キース・ロバーツ特集号」が届きました。いやあ、立派な本になりましたねえ。専用封筒(コナリーの新作広告入り)まで立派です。

 基本的には海外SFレビュー誌みたいですが、労作のロバーツ全未訳単行本レビューや、エッセイ、インタビューの翻訳のほか、翻訳短編も5篇一挙掲載! と、豪華な内容になってます。あと、ティム・パワーズの未訳本レビューとか、菊池誠さんによる『ダルグレン』のレビューなんてのも。

 手に入れたい方は、京都SFフェスティバルに参加するのがいちばん確実……かな? そこで売り切れなければ、通販もあるのかもしれません。

 郵便局に行く暇がないので、送金は来週になります。すいません。


 いまはこれがせいいっぱい……。
2001/11/08  はあ……。
2001/11/07  ふう……。
2001/11/06  いただいた本が二冊。

 瀬名秀明さんからは、新刊の『虹の天象儀』(祥伝社)。いつもありがとうございます。ここのところ本屋に行ってなかったので、ぜんぜん気づきませんでした。祥伝社がはじめた書き下ろし400円文庫の一冊で、160ページほどの中編です。プラネタリウム&タイムスリップ。「SF書下ろし」となってますね。

 翻訳家の安野玲さんからは、『沈黙の罪』テイラー・スミス(MIRA文庫)。ありがとうございます。ハーレクインが出している「読むジェットコースター」文庫の一冊です。体裁はなんとなく講談社文庫っぽい感じ。売れてますか?


 バリ島編集者からTEL。やっぱり松田は出られないらしいので、いきなりPKで失点というパターンはないでしょう。たぶん。
2001/11/05  みなさんもお体はたいせつに……。
2001/11/04  人生いろいろなことが起こるものです……。
2001/11/03  SFマガジンを買ったのをすっかり忘れてました。どこかでも書かれていたことですが、「長期アルバイト募集のお知らせ」が目を引きます。条件がなかなか愉快で、これで時給780円というあたりがなかなか……。某S*マガジンの翻訳原稿料とどっちが割がいいか計算してしまったというのは内緒です。とくに編集者にはいわないでください。……え? 読んでる?

 しかしバリ島へ遊びに行く編集者というのも優雅だ。もうじきイタリア戦ですねえ、(清)さん。いまからいっときますが、原稿はぎりぎりになります。

 おや、重版情報に『果しなき旅路』が。いまさらですが注文。SFマガジンで読んでいたので買わなかったんです。前回の重版時にも買いそびれて、しまったなあと思っていたところでした。ラッキー。
2001/11/02  浅倉久志さんから『ゲーム・プレイヤー』イアン・M・バンクス(角川文庫)をいただきました。ありがとうございます。あちこちでいわれていることですが、この表紙は……。角川文庫って、昔から、こういう冒険SF系のパッケージがあまり得意ではないですね。なぜでしょう? へんな固定観念があるのかな? しかし内容はよいらしいので、楽しみです。

 それにしても、なぜこの本が角川から出ることになったのか。謎。

 山岸氏からTEL。某社の衝撃の人事が発覚。うーん、困るなあ。もうひとつ、考課表の件ですが、本気で悲しんでいるわけではないのでご心配なく。ええ、悲しんでなんかいませんとも。
2001/11/01  SFオンラインが更新されていますね。『20世紀SF』を読もう、のコーナーには、編者インタビューや全作品の考課表など、興味深い記事が載っています。全候補作リストなんてのもおもしろいなあ。

 しかし悲しいのは、担当作品3篇のうち2篇(ソウヤーとドゾワ)が考課表のワースト5にはいっていること。徒労でしたか。


 NHKのトップランナーでSIONを見てちょっと幸せ。


Top