お知らせ

2001年10月


2001/10/31  ね、年賀状……?
2001/10/30  黙々と働いてます……。
2001/10/29  のろのろ働いて……ああ、飽きてきた。あと十日ほど、椅子と尻が融合したような日々が続く予定です。

 ――だけではなんなので、新潮社から届いた今月の新刊文庫。カッスラーと映画の原作のほかに、気になるタイトルがひとつ。『文豪ディケンズと倒錯の館』ウィリアム・J・パーマー。訳者は宮脇孝雄さん。ディケンズが探偵役として活躍するミステリのシリーズらしいです。「恋に落ちた文豪探偵、決死の救出劇!」

 『The Running of Beasts』の担当編集者にここを発掘されてしまった模様。むう。
2001/10/28  しこしこ働いてます……。
2001/10/27  山田順子さんから『闇の底のシルキー』デイヴィッド・アーモンド(東京創元社)をいただきました。ありがとうございます。前作『肩胛骨は翼のなごり』で評判になった作家の第二作。「心に響く春探しの旅」だそうです。今回もきれいな装丁ですね。これは楽しみ。

 日本SF大賞の候補作が発表されています。なにやら不思議な顔ぶれですが、とりあえず、『20世紀SF』のシリーズが候補になっているのはめでたい。これを機にぱーっと増刷……は、ないか。
2001/10/26  ただただ働いてます……。
2001/10/25  昨日書いた角川春樹事務所からの謎の献本ですが、うちだけではなく、古沢嘉通さんや、そのほかのネットとは無縁な同業者のところにも届いていたという報告がありました。もとになったリストはなんとなく想像がつきますけど、これが単なるミスなのか、それとも大がかりな宣伝なのかは、いまひとつ判断がつきかねます。費用対効果という点ではあんまり……。

 NASAの火星探査機が、ぶじに火星軌道へ到達したようです。がんばれマーズオデッセイ!
2001/10/24  金子浩さんからまた訳書をいただきました。『また、つかぬことをうかがいますが…… 科学者も居留守を使う98の質問』ニュー・サイエンティスト編集部編(ハヤカワ・ノンフィクション文庫)。ありがとうございます。前作と同じく、水玉さんのかわいい表紙です。本屋でも目立つので、やっぱり売上増大に貢献しているんでしょうね。

 もう一冊、なぜか書評用のハードカバー本が届いたんですが……これが『世界一周クルーズ殺人事件』木谷恭介(角川春樹事務所)。日本人作家の、ミステリの、しかもシリーズものの最新刊。なぜわたしに? リスト作成のミスですか? まさか、ここが書評サイトとして認識されているとか? どうせならイアン・バンクスが……って、あれは角川文庫か。
2001/10/23  ひたすら働いてます……。
2001/10/22  東京創元社からなにやら立派な封書が届いたと思ったら、社長交代の挨拶状でした。

 戸川安宣さんが取締役会長になり、後任の取締役社長がだれになるかというと……長谷川晋一さん。名前を見てのけぞりました。わたしの訳書のうち、『消えたスティンガー・ミサイル』『アイス・ウォリアー』『ウイルス汚染機着陸不能!』を担当してくださった方ではないですか。駆け出しで貧乏だったわたしに仕事をくれた恩人のひとりです(じかにお会いしたのは一、二度ですけど)。なんか不思議な感じですね。とにかくおめでとうございます。

 遠い未来にはK浜社長なんてことも……それはないか。
2001/10/21  (ゆ)に付き合って某レストランのワイン会へ。ムートン・ロートシルトの垂直テイスティング('96 '88 '83 '78)を体験。――結論。'96でも充分おいしく感じるわたしには、それ以上高価なヴィンテージは猫に小判、豚に真珠。あと、いいかげん酔っぱらったころに真打ちを出されても味がわかりません。

 なお、わたしはワイン通ではありませんので、この件についてコメントをいただいても返答できません。あしからず。飲むのは好きだけど。


 小野はまあまあ。連戦でチーム全体に疲れがたまっている模様。
2001/10/20  昨日の続きですが、違法コピーのソフトはいろいろなかたちで流通しています。知り合いからもらうという場合はともかく、ネット上のソフト交換サイトや、妙なダイレクトメールの通販で入手した場合、最近は、危険なウイルスが仕込まれていることがあるようです。

 ソフトをインストールして、再起動したとたん、ウイルスが発動してハードディスクの内容をすべて消去してしまう(しかも復旧不能なかたちで)――という恐ろしい事件が頻発しているそうです。場合によっては、ネットワーク上にあるほかのマシンのドライブまで破壊されるとか。こういうパターンだと、ハードディスクへのバックアップはまったく無意味になります。

 なんか、ソフトウェアメーカーの自衛策ではないかと勘ぐりたくなるようなウイルスですが、いずれにせよ、出所のはっきりしないソフトウェアを使用するときは大きなリスクがともなうということを、肝に銘じておくほうがいいようです。
2001/10/19  某翻訳掲示板で、CD-ROM版ランダムハウス英語辞典の使い方がわからないという質問をした人が、それはコピーしたCDだと書いてしまったために、総すかんをくらっていました。著作権やソフトの違法コピーについて、いろいろと考えさせられるできごとでした。

 その人の場合、職場にいろいろと有益なCD-ROMがころがっていて、ついコピーをもらってしまった、ということでしたが、じつは、こういう行為は日本中の企業で日常的におこなわれているようです。知り合いの話を聞いていると、ソフトウェアなんて買ったことがないという人も多いんですね。

 著作権法に違反する行為だというのは当然ですが、そんなことより、CD-ROM辞書が簡単にコピーされて、その結果売上が伸びず、出版社が新たなCD-ROM辞書を制作しようという意欲を失ってしまうことのほうが問題です。まじめに購入している人がばかを見るいっぽうですし、われわれ翻訳者にとってはたいへんな損失です。

 まあ、出版社の側も、役に立たない独自の検索ソフトに金をかけたり、独自のフォントにこだわったり、無意味な”まるちめでぃあでえた”を付加したりして、結果的に定価が高くなり、売れ行きがのびない――と、ピントのずれたことばかりやってきたのは事実です。もう開発をやめてしまった出版社も多いんじゃないでしょうか。すべてEPWING仕様にして、パッケージもふつうのCDケースにして、せめて書籍版と同じ定価にしておけば、もうちょっとましな展開になったと思うんですが。
2001/10/18  某長編の推敲中……。疑問点として残しておいたところが、あらためて見直してもさっぱりわかりません。うう。
2001/10/17  佐田千織さんから今月のグッドカインドが届きました。『魔道士の掟3 裏切りの予言』(ハヤカワ文庫FT)です。いつもありがとうございます。今回の表紙は、悪の魔王ダークン・ラール。なかなか日本語の本を読む時間がとれないので、全巻そろってから読むことになりそうです。

 SCIFI.COMにソウヤーの最新インタビュー(ハリポタ愚痴つき)。14歳の少年が学校新聞に載せるというのでインタビューに応じたところ、商魂たくましい少年は、それをここに売ってしまったとのこと。いやはや。まあ、そのおかげで、こうしてわれわれも読めるわけですが。
2001/10/16  以前、DVD版『ウルトラQ』のディスクについて、「ソノシートを模したような」と書いたんですが、これ、正式な呼び名は「フォノシート」なんですね。ここを見て気づきました。

 しかし、自分の記憶では(最近あてにならないけど)たしかにソノシートだったので、不思議に思ってちょっと検索したところ、こんなサイトが見つかりました。

「昭和20〜30年代生まれにはソノシートといえばすぐに通じるが、実はソノシートは朝日ソノラマの登録商標で、一般名称としてはフォノシートが正しいらしい」

 なるほど。ちょっと意味はちがいますが、アタッシケースとアタッシケースのことを思いだしますね(これも校正者に指摘されるまでずっと前者だと思ってました)。翻訳するときには注意しないと。あれ? でも、外国にフォノシートは存在しないのか……?
2001/10/15  ソウヤーのディスカッショングループでひろった話題をふたつ。

 マーケティング面からいって最適な小説の長さはどれくらいかという話題で、ソウヤー自身が、最近の十万語という長さは「出版社のTORが望む最低の長さ、アナログ誌が連載できる最大の長さ、そして日本の出版社が望む最大の長さ」とこたえていました。TORはもっと長くしろといってるみたいですが、日本のこともちゃんと考えてくれているみたいです。もっとも、今度の長編は三部作になってしまいましたが。

 『IN THE SHADOW OF THE WALL』というアンソロジーに載る新作短編が、独占公開されていました。どうしても早く読みたいという方は、ディスカッショングループに参加してください。10/9の書き込みにURLが公開されています。新作長編とキャラクターが重なっているようです。実際に読んだ人からは、「とても感動的だが、(例のテロがらみで)あまりにもタイムリーすぎるのでは?」という意見が出てました。
2001/10/14  すいません、サッカー話です。

 小野初ゴール。めでたし。ひさびさの先発、トマソン負傷退場でめぐってきたトップ下のチャンス、初のフル出場と、目を離せない展開になりました。ただ、相手チームのレベルがレベルなんで、後半30分くらいだったかの右サイドからのシュートは決めてほしかった。いちばんの見せ場だったのに。

 しかし、問題はチャンピオンズリーグのつぎの試合。絶対に勝たなければならないのに、トマソンがいないときつそう。小野もかなり疲れたと思われるので、フル出場はどうかなあ……。
2001/10/13  がまんしきれなくて、DVD版『ウルトラQ Vol.5』に収録されている「2020年の挑戦」を鑑賞。やっぱり記憶には嘘がありますね。巨大化したケムール人が、あの独特の足取りで遊園地のなかをフォッフォッフォッと疾走する――という映像が頭のなかにインプットされていたんですが、実際にはちょっとちがいました。遊園地のなかでは走らない。うーん……ま、なんにせよ、おもしろい。
2001/10/12  10/09のお知らせで紹介した、ビル・プロンジーニ&バリー・マルツバーグの『THE RUNNING OF BEASTS』、ごく一部で反響がありました。このコンビの作品を好む人というのは、やっぱりふつうの人とは趣味がずれている気がします。もちろん、悪い意味ではなく。

 もうちょっとくわしい内容を知りたい、という方は、ミステリガイド『バカミスの世界』(B・S・P)のp.103とp.177にも紹介(仮題は”ケダモノ疾走”か?)がありますので、参考にどうぞ。担当編集者がだれなのか、わかる人にはわかってしまいそうですが。
2001/10/11  某社のレジュメを仕上げてメール送信。『沈黙の艦隊』+『ハンニバル』+『2001年宇宙の旅』という、なんかとんでもない話でした。またもや徹夜になったので眠いです。

 目についたものといえば、これくらい。いや、べつに意味はないですが。
2001/10/10  SF情報誌LOCUSの10月号が到着。

 LOCUSベストセラーリストのペーパーバック部門で、ソウヤーのCalculating Godが1位に。はじめてかも。しかし、いまいち基準がよくわからないリストだなあ。ニール・ゲイマンの新作が、ニューヨークタイムズやパブリッシャーズウィークリーのベストセラーリストにのっているのはちょっとびっくり。

 気の毒とは思いながらも笑ってしまったのは、p.45の星雲賞をかかえたソウヤーさんの写真。これ以上はないというほどの仏頂面ですが、ヒューゴー賞の発表を聞いたあとなんでしょうねえ、やっぱり。

 グレッグ・イーガンの短編賞を代理で受けとったショーン・マクマレンは、この場にいる人で生イーガンに会ったことがあるのはたぶんわたしだけでしょう、と述べた模様。山岸真氏がイーガンに会える日は果たしてくるのか……?
2001/10/09  風邪気味でちょっとダウン。でも近刊予定を更新。

 SFファンにもなじみのあるプロンジーニ&マルツバーグの『THE RUNNING OF BEASTS』は、1976年に刊行された技巧派サスペンス・スリラー。こんな結末が許されるのかっ、という、ミステリファンには怒られそうな作品です。編集者がふつうの人だったら出そうとは思わないかも。お楽しみに。

 SF大会の企画でちょこっと話した『THRAXAS(スラクサス)』は、ジョン・ベルーシふうの私立探偵が活躍する(おとなの)ユーモア・ファンタジイ。2000年に世界幻想文学大賞を受賞して、みんなに不思議がられた作品です(SFマガジン2001年1月号のSFスキャナーで、作品の内容と雰囲気をきちんととらえた、申し分のない紹介がされています)。まったくなんでも(以下略)の加藤逸人さんは、こんなものまで読んでいて、「いやあ、よかったじゃないですか」といってました。作者マーティン・スコットのウェブサイトのTHRAXASコーナーはこちら
2001/10/08  頭がぼけているので、コミック話など。

 最近の、というかここ数年のいちばんのお気に入りは、やはり細野不二彦の『ギャラリーフェイク』でしょう。出たばかりの23巻は、ゴッドハンドやアイボなど時事ネタもあり、フジタ(主人公)の過去の話もあり、珍しくフジタがだまされる話もありと、なかなかバラエティにとんでいます。ほぼ読み切り形式でこれだけ続いていて、ほとんどパワーが落ちていないというのは驚異です。あいかわらず変態やフェチを書かせると最高ですし。

 そうそう、神保町の古書店街の話も、どこかで見たような景色が多くておもしろかったです。ずいぶんかよったのに、店が道路の片側だけに集まっている理由なんて知りませんでした。

 フジタにはいつまでも悪党でいてほしい……。
2001/10/07  ひたすら仕事。うう……。
2001/10/06  ひたすら仕事。
2001/10/05  「虫の居所」というウェブサイトを開設している“ならの”さんから、ソウヤー応援メールをいただきました。

 『アフサン』が復刊されたころに、ここからbk1へ飛んで購入してくださったそうですが、なぜかカウントされていませんね。いずれにせよ、お買い上げありがとうございます。

 念のためいっておきますが、ふだんあまりbk1を利用していない方は、わざわざうちのサイト経由で購入する必要はありません。いまはどこの本屋も苦労していると思いますので、本屋で買えるならそうしてください。ハヤカワSF文庫の棚をすこしでもひろげるためにも。本屋で買いたくても売ってないっ、とか、本屋へ行く暇がないっ、という方は積極的に利用していただいてかまいませんが。

 さて、ならのさんは実はただものではなく、ソウヤーの本は未訳の作品も含めてほとんど読んでいます(ここを参照)。『アフサン』続編の感想は、以前検索でひっかかってきて、読んだことがあるのを思いだしました。「しかも最後のほうでは、もんのすごい壮絶なクライマックスが!! 恐竜だけどっ!!!」というフレーズをおぼえていました。やっぱりダイボのファンみたいですね。日記を見ると、最新刊のCalculating Godも購入されたようで、感想が楽しみです。でも、あれ読んで気が静まるかなあ。

 今後とも、ソウヤーの応援をよろしくおねがいします。
2001/10/04  古沢嘉通さんから『堕天使は地獄へ飛ぶ』マイクル・コナリー(扶桑社)をいただきました。ありがとうございます。待望のボッシュ刑事シリーズ第六弾です。

 これが扶桑社から出る最後のボッシュものということになり、以降の作品は講談社から刊行されるようです。いろいろ事情はあるんでしょうが、シリーズものが途中で出版社を変わるというのは、読者にとってはありがたくないですね。長い目で見たら、原作者にとっても決して利益にはならないと思いますので、エージェントの方々も、もうすこし考えてほしいと思います。

 それはさておき、シリーズの前作を読んでいない解説者って……。


 日本代表対セネガル。先発を見た段階で、この試合は実験劇場だと思ったので、ああいう結果も当然かと。使えない選手もわかったし、いろいろ課題が見つかってよかったのでは。本番はナイジェリア戦でしょう。
2001/10/03  このサイトはbk1のブリーダー・プログラムに参加しています。

 まあ、プチ書店とかいっても、うちを経由して購入される本なんて微々たるもので、せいぜい月に2〜3冊、しかもわたしの訳書はゼロ、という状態が続いていたんですが、先月ついに、『占星師アフサンの遠見鏡』の売上がありました。どなたか知りませんがありがとうございます。ちなみに、おそらく同時購入と思われるもう1冊の本は『火星夜想曲』でした。

 もっとも、オンライン書店で買われる本というのは、ふつうの書店では手にはいりにくい(=売れない)本ということになるのかも……。
2001/10/02  というわけでマイクル・コーディの新刊『LUCIFER』が届きました。第一部の章題がSoul Searchingということで、やっぱりあれを連想しますね。

 ちょっと驚いたのが、表紙に「マイクル・クライトンよりつまらなかったら代金をお返しします!」と印刷されたシールが貼ってあったこと。満足できなかった理由を書いて、本と、購入場所と日時がわかるレシートといっしょに出版社へ送れば、購入代金を返してくれるそうです。こんなのはじめて見ました。よっぽど内容に自信があるのか、金を払ってでも読者の声を知りたいのか、なんでもいいから目を引こうと必死なのか……。

 それにしてもAmazonイギリス、船便が選択できないのはなんとかならないのだろうか……。
2001/10/01  鎌田三平さんから『愛しき者はすべて去りゆく』デニス・レヘイン(角川文庫)をいただきました。ありがとうございます。きれいな表紙ですね。大好評のパトリック&アンジー・シリーズ、今回は「衝撃の急展開!」(帯より)だそうです。片岡義男さんによる、なんか不思議な解説がついています。

 東江一紀さんからは『カリフォルニアの炎』ドン・ウィンズロウ(角川文庫)をいただきました。ありがとうございます。こっちもきれいな表紙ですね。主人公は「火災査定人ジャック・ウェイド」という、かっこいいんだか悪いんだかよくわからない肩書きの人で、「ひとたび焼け跡を歩けば失火元と原因をピタリと当てる」という、かっこいいんだか悪いんだかよくわからない才能を持っています。訳者によれば、ウィンズロウの最高傑作だとか。

 どちらも内容保証付きの人気作家ですし、どちらも19行/頁で約560ページとボリューム満点。ミステリファンにはたまりませんね。

 ああ、本が読みたい……。


Top