お知らせ

2001年9月


2001/09/30  山ごもり。
2001/09/29  山ごもり。
2001/09/28  河出文庫『20世紀SF』シリーズの完結を祝い、新宿で関係者によるささやかな打ち上げ。いやあ、最後までぶじに刊行できてほんとうによかった。編者も編集者も翻訳者も、みなさんほんとうにお疲れさまでした。

 この日いちばんうれしかったのは、小尾芙佐さんにはじめてお会いできたこと。参加メンバーを見て目を疑い、思わず手近にあった銀背の『太陽クイズ』を持って会場へ。しっかりサインをいただいてしまいました。ありがとうございます。家宝にします。失言は忘れてください(大汗)。

 あと、大森望さんに角川スニーカー文庫版『FF』をいただきました。ありがとうございます。薄い本ですが、3冊のなかでいちばん手間がかかっている模様。
2001/09/27  デイヴィッド・ブリンの知性化シリーズの新作、『変革への序章』(ハヤカワ文庫SF)がいよいよ登場です。訳者の酒井昭伸さんからいただきました。ありがとうございます。表紙、ちょっと暗いですね。上下巻で1100ページほどありますが、題名がしめすとおり、これでまだまだ三部作の第一部。読者はゆっくり楽しめるというわけです。訳者はたいへんでしょうけど。

 SFマガジン11月号も届きました(あやうく買うところだった)。星雲賞のコメントを寄せたことをすっかり忘れてました。特集は、タイムリー(?)にロボットSF。

 近所の本屋の棚。星雲賞帯付き平積みの『フレームシフト』は、2冊ほど減ってました(たぶん最初は10冊)。あと、目立ったのはやはり『合衆国崩壊』。『ヴァンパイア・ジャンクション』が残り1冊でしたね。好調なのかな?
2001/09/26  幹遙子さんから『シャドウ・ファイル 狩る』ケイ・フーパー(ハヤカワ文庫NV)をいただきました。ありがとうございます。〈シャドウ・ファイル〉シリーズの第三弾ですね。サイコ・サイキック・スリラー? 解説の恩田陸氏によれば、作者は「百戦錬磨のストーリーテラー」だそうです。しかし……なんでこんなにあわてて三冊出したんでしょう?


 正直、ここで政治の話は書きたくないんですが、あまりにも政治家がバカなので……。小泉さん、そんなに自衛隊を海外へ派遣したければ、まず芸能界入りした自分の息子を自衛隊に入隊させて、護衛艦にのせて、最前線へ送りこんだらどうでしょう。アフガンの山のなかで戦死でもすれば、「目に見える」、「感動される」貢献になりますよ。まず自分が「血と汗」を流して「痛み」を感じないと。

 しかし、ネット上でこんなことを書いていると、公安の検索ロボットに発見されて、ブラックリストに載せられたりするかもしれませんね。勝手にやってくれ、てなもんですが。
2001/09/25  Amazonジャパンでは、本家と同じように、読者が評価や感想文を投稿できるようになっています。ひさしぶりに自分の訳書に寄せられた感想をチェックしていたら、『クライム・ゼロ』のところに痛烈な批判が。いや、作品内容ではなく、翻訳について。

「日本訳に関しては、せっかくのクライムゼロが犯罪ゼロに訳され、プロジェクト執行猶予などの表現は、英語のままのほうが良いと感じた箇所があり、訳者のセンスのなさには失望です」(東京都のhana86さん)

 はは、たしかにセンスないですね。ちなみに、プロジェクト執行猶予の原文はProject Reprieve。訳書ではp416以降に出てきます。なんかいいアイディアがあったら教えてください。ひょっとして文庫化されることでもあれば、直せるかもしれません。

 翻訳を批判されるときついんですが、参考にはなります。自虐的とは思いつつ、Googleで「内田昌之 誤訳」で検索をかけるなどという恐ろしい遊びもときどきやってますけど……。
2001/09/24  ロバート・J・ソウヤーのディスカッショングループで、参加者がベスト長編の投票をしていました。投票総数は31票。上位のみ紹介します。投票時点では『アフサン』のシリーズや『さよならダイノサウルス』は英語版の入手ができなかったので、読んでいない人が多い模様。

 1 Calculating God, 6 votes
 2 フレームシフト, 5 votes
 3 ターミナル・エクスペリメント, 4 votes
 4 ゴールデン・フリース, 3 votes
 4 スタープレックス, 3 votes
 4 フラッシュフォワード, 3 votes

 これに応えて、ソウヤー自身もお気に入りランクを公表しています。

 Group "A": CALCULATING GOD, さよならダイノサウルス, FACTORING HUMANITY,フレームシフト
 Group "B": スタープレックス, ターミナル・エクスペリメント, FOREIGNER
 Group "C": フラッシュフォワード, 占星師アフサンの遠見鏡, FOSSIL HUNTER, ILLEGAL ALIEN, ゴールデン・フリース

 星雲賞受賞作は二作ともAグループにはいってますね。日本のファンは目が高い?
2001/09/23  Amazonイギリスをのぞいたら、いつのまにかマイクル・コーディの新刊が出ていました。イギリス版が先に発売されたみたいです(アメリカ版は来年)。タイトルはLucifer

 新世代光コンピュータが開発され、インターネット教会の指導者がそれを利用して、人が死んだときに体外へ出ていく”もの”を発見、追跡して、死後の生が存在することを証明する……。んー、どこかで聞いたような話ですねえ。Amazonの読者評価はいきなりまっぷたつに。こういうふうに極端に評価が分かれる作品は、けっこうおもしろいことがあるんですが、さて……。


 小泉総理、さりげなくたいへんなことをやってしまいました。どう見たって「護衛」でしかないものを「調査研究」とかいってごまかすのは卑怯。なぜ筋をとおさないのか。しかも、「マスコミがことばをゆがめている」などといいだすようでは、前総理とまったくかわりがありません。ニュースステーションに出ていた副官房長官は、なぜアメリカに証拠の提示を求めないのか、と問われて、「アメリカがこれだけの行動を起こすからには、それなりの証拠があるものと判断した」――絶句。つまりは自民党体質か。最近まともなことをいってるのは、小沢一郎とプーチンくらい。やだやだ。
2001/09/22  東京創元社から続けて本が届いて、おや珍しいと思ったら、なんとっ、S・P・ソムトウの『ヴァンパイア・ジャンクション』(創元推理文庫)。訳者の金子浩さんからいただきました。ありがとうございます。美少年吸血鬼が主人公のロック・ホラーというかダーク・ファンタジイというか、まあ、一部では有名だった作品ですね。この作者の長編は、ずっとまえにソムトウ・スチャリトクル名義で『スターシップと俳句』(ハヤカワ文庫SF)という怪作が訳されていますが、あのイメージは忘れたほうがいいかも。

 しかも表紙がひろき真冬。いや美しい。思いきって原題をメインにし、邦題を極限まで小さくした(許されるのかこれ)デザインもいかしてます。金子さんて表紙にめぐまれてますよね。

 しかし金子さん、今年はこれで……5冊目ですか。文庫化ものがあったとはいえ、まだ9月なんですけど。
2001/09/21  小木曽絢子さんからロイス・マクマスター・ビジョルドの『天空の遺産』(創元SF文庫)をいただきました。ありがとうございます。帯にも大きく「マイルズが帰ってきた!」とあるように、ファン待望の作品ですね。マイルズくんのメインストーリーとなると、ヒューゴー賞を受賞した『ヴォル・ゲーム』以来ですから、ええと……5年ぶり(!)になるのか。待ちくたびれて原書に走ってしまった人もいるんでしょうね、きっと。

 つぎの作品まで、あまり間があかないといいんですが。
2001/09/20  ロバート・J・ソウヤーの新作 HOMINIDS は、刊行予定が来年の夏なんですが、すでに原稿はほぼ完成していて、カバー用の推薦文を書いてもらうためにいろいろな作家や書評家に読んでもらっているという段階みたいです。日本の感覚からすると、ずいぶん早いような気がしますね。ただ、それだけ慎重に作業を進めているのかというと、そういうわけでもなさそうな……。カバーについて作者があまり口をだせないというのは、いずこも同じみたいですが。

 稲本デビュー。ベンゲルってすごい……あの場面で新人を使う勇気……。冷静そのものの本人もたいしたもんですが、ほんと、いいクラブにはいりました。
2001/09/19  ニューヨークの世界貿易センタービルが崩壊したとき、80階くらいからビルの床といっしょに一階ずつゆっくりと(といっても相当なスピードだと思いますが)墜落して、ほとんど怪我もせずに助かった人がいたそうです。この「世界一運のいいやつ」の話を聞いて思いだしたのが、映画の〈アンブレイカブル〉。ちょうどDVDも発売になりました。

 それにしても、みごとに評価が割れてますね。個人的には〈シックス・センス〉よりはるかに楽しめましたけど。少数派かな?
2001/09/18  近所の本屋に『フレームシフト』が平積み。なんだ? と思ったら、帯に大きく「星雲賞受賞」の文字が。ハヤカワでもこういうことをするんですね。それで一気に大増刷――とならないのは、まだ初版の在庫がいっぱい残っているせいでしょう。やばいな。

 ちなみに、イーガンの『祈りの海』も、同じ帯でとなりにならんでいました。こっちはそろそろ増刷かな?

 で、またふらふらと徳間デュアル文庫を購入。『地球・精神分析記録』山田正紀、『反在士の指輪』川又千秋。前者には田中啓文さんの力のはいった(?)解説がついてますが、この感覚、すごくよくわかります。雑誌掲載時、ほんとに待ちこがれて読んでいたことを思いだしました。もう25年もたつのか……。
2001/09/17  例のテロがらみで、マスコミの愚劣な報道や、政府高官の愚劣な発言に辟易中……。

 くりかえしますが、あれはただの大がかりなテロであり、戦争行為ではありません。アメリカは中東方面での外交政策に失敗したわけで、ある意味、自業自得です。あの国が使用期限の切れかけた爆弾やミサイルをばらまきたがっているからといって、日本がそれに付き合う理由はどこにもありません。

 湾岸戦争で多額の支援金を払って、しかもばかにされたことがトラウマになっている人たちが大勢いるみたいですが、だったら金も払わなければいいでしょう。日本国民が汗水たらして稼いだ金を、人殺しのために使ってほしくはないですから。
2001/09/16  今月発売のハヤカワ文庫SF&FTのラインナップ、ぜんぶシリーズものですね。ローダン、アザーランド、ロズウェル、知性化、時の車輪、真実の剣。ついでにJAは星界とドラゴンファーム。ちょっとかたよってるなあ。

 小野が怪我。チャンピオンズリーグの初戦がNYの騒ぎの影響で延期になったとき、なんかいやな予感がしていたんですが(鼻を折ったあの人とか、脇腹を痛めたあの人のことが走馬燈のように……)、まさかこういうことになるとは……。まあ、あのチームには、小野と同じタイプの選手はひとりもいないので、つねに攻撃オプションのひとつとしては残るでしょうけど。
2001/09/15  朝日新聞にハリポタ訳者のインタビュー。

 亡き夫のあとを継いで、とか、情熱で版権を獲得、とかいった美談で本を売るのはいっこうにかまわないんですが(むしろ経営者としては正しい)、翻訳についてあれこれ語るのはもうやめたほうがいいような気がします。今回とくに気になったのは――

 「翻訳は、完ぺきとまではいえないまでも、これ以上のことは人間ワザではできないと思うほど突き詰めました」

 これは想像ですが、最初はもっと謙虚だったと思うんですよ。素人同然の下訳者を使うところからはじめたせいか、あの翻訳には、突き詰める余地がまだまだ山のようにあります。訳者自身にもそれはわかっていたと思います。でも、メディアに登場してあれこれ語っているうちに、周囲の評価や自分のことばに酔いはじめて、かんちがいが増幅してしまったのではないでしょうか。やっぱり、一巻の翻訳を絶賛してしまった天声人語がいけないんだろうなあ……。

 ま、こんなことを書いても、貧乏訳者のやっかみと思われるのがオチですが。
2001/09/14  新国立劇場で、太陽劇団の「堤防の上の鼓手」。こんなに充実した観劇はひさしぶり。音楽のジャン=ジャック・ルメートル最高。

 ゲームキューブ発売。任天堂はテロリストを呪っているでしょう……。
2001/09/13  さて、日常に復帰。

 佐田千織さんから『惑う死の掟』『魔道士の掟2 魔法の地へ』テリー・グッドカインド(ハヤカワ文庫FT)をいただきました。ありがとうございます。売れ行きはなかなか好調みたいですね。表紙も好調。中身については、ジョーダンよりおもしろい、という声もちらほら。

 おや、日本版AMAZONが国内送料無料になりましたね。このままではいかん、という危機感のあらわれでしょうか。買う方としてはありがたい話ですが、ちょっとむりがあるような。
2001/09/12  アメリカ多発テロいろいろ。

 日本は安易に「報復を支持」したり「理解」したりするべきではありません。アメリカがどんな報復を考えているかわかったものじゃないんですから。核攻撃がおこなわれても支持するんですか? 報復の連鎖に突入してかまわないというんですか? いっそのこと自衛隊を派遣しますか? 日本としては、卑劣な犯人を逮捕し、法の裁きにかけるための協力を惜しまない、という立場でいいじゃないですか。政府には、アメリカの暴走(実際にはかなり冷静に見えますが)を阻止するための努力を期待します。

 全体に、ここまでの小泉さんの対応には失望をおぼえます。国民が真に期待していることを想像する能力がない、という点では、前総理と五十歩百歩。

 ひとつ不謹慎な発言を。本土を爆撃された経験のないアメリカにとって、この事件はいい教訓になるかもしれません。あの国がゲーム感覚で気楽にやってる空爆が当事者にどんな結果をもたらしているか、すこしは理解できるでしょう。

 ペンタゴンの火事がなかなか鎮火しないのは不思議。

 NHK、トラウマになりそうな映像をえんえんと流し続けるのは、いいかげんにやめてほしい。

 なんでチャンピオンズリーグの試合が延期になるんだ。せっかく、初戦を平気で開催したヨーロッパを立派だと思ってたのに。WOWWOWも再契約したのに。
2001/09/11  のんきな日々がいきなり終わったような不安に駆られますが、じつはテロの大がかりなやつにすぎないみたいなので、明日もそれほど変わらない日常が続いていくでしょう。絵的にはハリウッド映画でよく見たものですしね。テレビでは絶叫調の愚劣な報道が多く見受けられ、「戦争」という単語も安易に飛びかっているようですが、みなさんもうちょっと冷静になってほしいものです。

 さて、ひとことだけ文句を。

 小泉総理はただちに記者会見を開き、自分のことばで、政府が全力で対応していることを伝え、国民を安心させるよう努めるべきでしょう。ほんのひとことでもいいのに、なぜそれができないのか、まったく理解できません。アメリカ向けのポーズみたいな声明を官房長官に読みあげさせるだけじゃだめなんですよ。国内にだって真剣に怯えている人はたくさんいるはずなんですから。
2001/09/10  最近買った資料本など。

 『最新 世界の葬祭事典』松濤弘道(雄山閣出版)――翻訳していると葬儀の場面がけっこう出てきて、そのたびに調べもので苦労するので購入。収録されている国の数が多い(180カ国あまり)のはいいんですが、そのぶん、ひとつひとつの説明がちょっと短いかも。はたして役に立つかどうか……。

 『医薬の英語 業界用語の意味と使い方』森口理恵(ノヴァ)――医学業界で特有の用語や表現がすこしでもわかれば、と思って購入。索引がそれほど多くないので、いずれスキャナで取り込んでテキスト化しようかと思ってます。

 『クライヴ・バーカーのホラー大全』(東洋書林)――これは……資料か? いちおう、日本語の索引はついています。「血も凍るような面白さ!」だそうです。

 『翻訳とは何か 職業としての翻訳』 山岡洋一(日外アソシエーツ)――副題とまったく同じ題名の本(鈴木主税著)があるので要注意。ここにも紹介あり。印税率の引き下げとか実売部数制の導入とか、血も凍るような怖い話にもふれています(あまり深くつっこんではいませんが)。

 ERVIにあの人が登場。いやあ、びっくりした。ところが、クライマックスで悪天候のためどんどん画面にノイズがはいり、べつの意味で手に汗を握ってしまいました。
2001/09/09  瀬名秀明さんから『瀬名秀明 奇石博物館物語』(KTC中央出版)をいただきました。ありがとうございます。新作ノンフィクションかと思ったら、今年の1月にNHKで放映された「課外授業・ようこそ先輩――博士になって小説を書こう」という番組の内容をまとめたものでした。関連する解説や創作掌編など、いろいろおまけもくっついていますので、瀬名さんのファンは必読でしょう。上のリンク先(bk1)には、作者自身の書いた紹介文があります。

 それにしても、最近、本はもらってばっかりだなあ……。

 小野初先発。できはそこそこ。おや、フジテレビでパルマの試合が。あら、BSではボカの試合も。うう。
2001/09/08  ソウヤーさん、やや復活。

 「大衆うけする作品より、読者がいろいろなことを考え、討論できるような作品を書いてほしい。それがあなたの才能なのだから」というファンの書きこみに励まされて、こんなふうに思えるくらいにはなったようです――

 「賞をとれるかどうかはたいした問題じゃない。キャリアは順調だし、そこそこの生活はできているし、仕事はおもしろい。これ以上なにを望むことがある?」
2001/09/07  『20世紀SF6 1990年代 遺伝子戦争』の見本が届きました。河出文庫で昨年から刊行されてきた『20世紀SF』全六巻、とうとう完結です。たいへん貴重なアンソロジーですから、SFファンでなくても、ひととおり買っておいて損はないと思います。毎回意表をついてくれた表紙も一見の価値あり。既刊ラインナップは以下のとおりです。

  『20世紀SF1 1940年代 星ねずみ』
  『20世紀SF2 1950年代 初めの終わり』
  『20世紀SF3 1960年代 砂の檻』
  『20世紀SF4 1970年代 接続された女』
  『20世紀SF5 1980年代 冬のマーケット』

 ソウヤーさんの長文愚痴日記。ヒューゴー賞の集計方式についてくわしく説明されています。
2001/09/06  フィラデルフィアから帰国した巽孝之さんから、星雲賞(プレスリリースはこちら)をぶじにソウヤーさんに渡しましたというメールが届きました。ワールドコンのヒューゴー賞セレモニーで星雲賞の授与式をするというのが毎年の恒例になっていて、今年は巽さんが贈呈役だったのです。お疲れさまでした。

 会場では、巽さんに依頼されてわたしが書いた「翻訳者からのメッセージ」を読みあげてもらったんですが、最後の「この勢いでヒューゴー賞も!」という一文だけは、なにか予感があったので割愛したとのことでした。たいへん適切な判断でしたね。わたしは思慮が足りなかった。

 ソウヤーさんはヒューゴー賞落選がトラウマになってしまったようで、ディスカッショングループではいまだに愚痴が続いています。負ける心構えはできていたけれどあの本に負けることだけは予想していなかったとか、てっとりばやくオンラインで投票できるようになったのがハリポタ票増加の原因ではないかとか、FOREVER PEACEやBLUE MARSやDIAMOND AGEに負けたときにはこんなに打ちのめされなかったとか。

 まあ、これでヒューゴー賞は5連敗ですから、気持ちはわからないでもないですが、早く心の傷を癒して、もっとすばらしい作品を生みだしてほしいものです。
2001/09/05  9月4日の朝日新聞朝刊で紹介されていた、ホームレスになってしまった作家の話。とても他人事とは思えません。フリーにはこういう恐怖がありますよね。体をこわして仕事ができなくなったら、あっというまに……。

 「遺書のつもりで」書いたという体験記『ホームレス作家』(そのまんま)が幻冬舎から出るそうです。またでっかい広告がうたれるんでしょうが、これがベストセラーになって、福祉施設にいる妻子と涙の再会をして、とかいう美談になったらちょっと気持ち悪いかも。ほんとの問題はそのあとだからなあ……。
2001/09/04  ヒューゴー賞続き。

 山岸真さんからご指摘をいただいたんですが、長編部門でハリポタだけに投票した人の数は130人になるそうです(総投票数885票から2位決定の集計開始時点の755票をマイナスする)。興味のある方はこちらを参照してください。

 もうひとつ、受賞者の記念撮影写真には、ヒューゴー賞以外の各賞の受賞者も加わっていたんですね。気づかなかった。グレッグ・イーガンのかわりに星雲賞を受け取ったショーン・マクマレン(後列右から三人目)が、ちゃんとトロフィーをかかえて写っています。ヒューゴー賞より大きいぞ。となると、なぜソウヤーがいないのでしょう? ショックのあまり、記念撮影をボイコットしたとか?

 作者はともかく、翻訳者のわたしがなぜこういう賞にこだわるかといいますと、ヒューゴー賞をとっておけば、ほぼ確実にその作品の邦訳が出せるからなんです。つぎの作品が翻訳できるかどうか、毎度毎度の綱渡りはいいかげんくたびれますので。たまには安心したい。
2001/09/03  すでにあちこちで報じられていますが、ワールドコン(ミレニアム・フィルコン)の会場にて、本年度のヒューゴー賞が発表されました。注目された長編部門は、マーティンやソウヤーをおさえて、ハリポタの第四巻が受賞しました。もうちょっとくわしくいうと、ハリポタが圧勝、二位が大接戦でマーティン、三位がソウヤーという結果です。得票数などの詳細はこちら。ややこしい集計方式については、わたしに質問しないでください。なんか中短編部門も不思議な顔ぶれがならんでいるような。

 まあ、過去の歴史がしめすとおり、コンベンションの参加者が投票で選ぶ賞では、どんなことでも起こりえるわけです。候補作はハリポタしか読んでいないという人も多かったんでしょう。ハリポタ第四巻は、ほんとに受賞にふさわしい作品なのかもしれませんけど。

 ただ、ディスカッショングループへのソウヤー自身の書き込みを見ると、気の毒で、なぐさめることばも見つかりません。締めくくりのことばが「ローリングさんはノミネートされていたことを知っていたんだろうか……」ほかの参加者からも沈痛な書き込みが寄せられて、まるでお通夜の席みたいでした(笑)。

 なお、ローカスのニュースによれば、星雲賞はぶじにソウヤーさんに渡されたようです(Other awards presented at the Hugo Awards Ceremony のところ)。
2001/09/02  いままでは、リンクするばかりで、リンクされることはぜんぜん考えていなかったんですが(ええ、初心者なんです)、ちょっと反省して、お知らせのそれぞれの日付の頭に飛べるようにタグを追加しました。自分で引用するときも便利ですしね。SF大会のレポートはここからです、とか、瀬名秀明さんの件はここ、とかできます。おお、便利だ。

 フォルダの構造もすこし整理したので、もうログが動くことはないと思います。あっちこっちへ移動してご迷惑をおかけしました。
2001/09/01  SF大会の翻訳企画ではひたすら謙遜しまくっていた実力派翻訳者、細美遙子(SF作品では幹遙子)さんから、ジャネット・イヴァノヴィッチの〈ステファニー・プラム・シリーズ〉第五弾、『けちんぼフレッドを探せ!』(扶桑社ミステリー)をいただきました。いつもありがとうございます。今年はえらいペースで本が出てますね(こればっか)。

 解説の若竹七海氏の扶桑社邦題批判がなかなか鋭いです。タイトル決定委員会のブレーンになっていただいたらどうでしょう(そんなものはないか)。


Top