お知らせ

2001年7月


2001/07/31  某オンラインショップからメール。

 「弊社Webサイトよりインターネット経由でご注文いただいたお客様の注文情報(2000年11月〜2001年6月ご注文分)が外部からの操作により閲覧されたことが判明いたしました。注文情報にはお客様の氏名・住所・電話番号・メールアドレス・注文内容が入っておりました」

 とのこと。いちどだけ格安メモリを買ったことがある店です。

 まあ、ショップに情報を渡した時点で、それがどこかへ流出する可能性はつねにあるわけで、こんなふうにわざわざ連絡してくるのは良心的なほうでしょう。今回は関係ありませんでしたが、クレジットカードについては、よほど信頼できるショップでないかぎり使わないほうが賢明かとも思います。ネットバンキングのおかげで、自宅で簡単に銀行振込ができるようになったわけですし(でも振込手数料が……)。
2001/07/30  bk1から届いた『ほんの一冊』いしいひさいち(朝日新聞社)という書評マンガ本をぱらぱらとめくっていたら、いきなり『イエスの遺伝子』が。訳書をあの藤原センセに書評してもらえる日がくるとはなあ。しみじみ。
2001/07/29  嶋田洋一さんから『オンリー・フォワード』(ソニー・マガジンズ)をいただきました。ありがとうございます。『スペアーズ』『ワン・オヴ・アス』で、日本でもすっかりおなじみになったマイケル・マーシャル・スミスの第一長編です。英国版刊行時にオーガスト・ダーレス賞を、米国版刊行時フィリップ・K・ディック賞を受賞しています。ミステリファンもSFファンも要注目ですね。

 友がみなわれより働き者に見ゆる日よ……。
2001/07/28  新潮社から届いた今月の文庫本のなかに、デイヴ・バリーの新刊がありました。題して『ビッグ・トラブル』。てっきりエッセイかと思ったら、なんと作者初挑戦となる小説。しかもクライム・ノヴェル(裏表紙の解説では”爆笑”クライム・ノヴェルとなってますが)。しかも映画化公開決定とか。

 なんだそりゃ、と思ったのは訳者の東江一紀さんだけではないでしょう。いちおうじっくり調べてみましたが、作者の名前のスペルが一字だけちがう、とかそういうことはないみたいです。楽しみですね。
2001/07/27  瀬名秀明さんが、ご本人のウェブサイトで、SFから離れるようなことを書いていますね。あちこちでいわれていることですが、「ウェブ上でほとんど反響がないのにかなりのショックを受け」るのは、ちょっと気が早すぎるでしょう。セミナー講演録を公表してから一週間もたっていなかったんですから。わたしもまだ本体しか読んでいません。

 もっとも、断筆するわけではないし、SFから離れるのもあくまでも一時的なことだといっているので、ファンが嘆く必要はないみたいです。SF大会の企画(「SFとのセカンド・コンタクト」)がますます楽しみになってきますね。
2001/07/26  梅の土用干しをはじめたとたんに曇天続きというのはいかがなものか。
2001/07/25  報告を忘れていましたが、CompuServeのSFフォーラムが毎年選んでいるホーマー賞の結果が発表されて、長編部門はロバート・J・ソウヤーのCalculating Godが受賞しました。

 得票数がわからないので、くわしいことはいえませんが、どうしても、このフォーラムで積極的に発言する作家(ソウヤーやレズニック)の作品が有利になる傾向がありますね。レズニックは10回目、ソウヤーは9回目の受賞になるとか。

 ソウヤーといえば、ひさしぶりに早川書房の担当編集者と話したので、『占星師アフサンの遠見鏡』の売れ行きをきいたところ、「そこそこだが、すぐに増刷がかかるほどではない」との返事でした。微妙。
2001/07/24  ひさしぶりにGoogle『クライム・ゼロ』の書評をチェックしたら、こんな感想がありました。女性の意見を聞いてみたいなあと思っていたので、なかなか参考になります。いや、あの女性FBI長官の行動が、同性にはどんなふうに見えるのか、ちょっと興味があったものですから。

 この本、刊行後数カ月はネットでちっとも感想が見つからず、だれも読んでいないんだろうかと落ちこんだものですが、いま見るとそこそこ増えていますね。図書館に行き渡ったとかいう話でなければいいんですが。
2001/07/23  DVD版〈ウルトラQ〉の1、2巻がやっと到着。油断していたら、行きつけのオンラインショップですぐに在庫切れになってしまい、手に入れるのに時間がかかりました。

 ちょこっと見ただけですが、けっこう画質がいいですね。ソノシートを模したようなディスクもおもしろい。解説書もなかなかの力作ですが、初放映の日付くらいは入れてほしかったような。詳細なスタッフリストも必須ではないかと。

 ところで、ソノシートって、CD世代の人にはどんなものか理解してもらえないんでしょうか……。
2001/07/22  ロバート・J・ソウヤーのネアンデルタール三部作、やっぱりタイトルが変わることになりました。出版社からチェックがはいったようですね。

 すこしまえから、作者が、例のディスカッショングループで、なにかいいタイトルはないかと呼びかけていました。その後、参加者をまじえてけんけんがくがくの議論が続いていたんですが、結局は、作者が考えた代案に決まりました。まえよりすっきりして、いい感じになったんじゃないかと思います。

 HOMINIDS
 HUMANS
 HYBRIDS

 並行世界で独自に進化を遂げた人間とネアンデルタール人との類似が、巻を追うごとにだんだん強まっていくことが暗示されているようです(たぶん)。アルファベット順にならべても、ちゃんと順番どおりになるし。
2001/07/21  ヘルライドの最新号がひさしぶりに届きました。といっても、ふつうの人にはなんだかわかりませんね。某SF研究会が発行している同人誌(?)で、すでに58号に達しています。今回の特集は「ミステリーでも読んでみようか……!?」発行人はあいかわらず本をたくさん読んでおられるようで。中野善夫さんの連載は、オール歴史的仮名遣いですね。

 定価が「強制配布」ということで、いつも無料でいただいています。ありがたいんですが、コピー代とかだいじょうぶなんでしょうかねえ?
2001/07/20  瀬名秀明さんといえば、今年の日本SF大会でも「SFとのセカンド・コンタクト」という企画に出演するようです。これは時間さえ合えばのぞいてみたいと思っています。

 SFセミナー2001の「SFとのファーストコンタクト ―瀬名秀明、SFに対するアンビバレントな思いを語る―」の講演録がPDFファイルで配布されていますので、参考にどうぞ。というか、セミナーに行けなかった人は、これくらいは読んでおかないと、話が見えにくくなるかもしれません。

 それにしても、瀬名さんには『ターミナル・エクスペリメント』の解説を書いていただいたり(これで何千部か売上が増えたはず)、『イエスの遺伝子』の帯に推薦文を寄せていただいたり(これで何万部か売上が増えたはず)と、お世話になりっぱなしです。楽しんでもらえそうな訳書がしばらく出ないのはつらい……。
2001/07/19  瀬名秀明さんから、ノンフィクションの『ロボット21世紀』(文春新書)をいただきました。ありがとうございます。あやうくbk1で発注するところでした。

 帯に「鉄腕アトム誕生まであと2年」とあります。いやあ、もうそんな時代になったんですね。国産のロボットに人間の形をしているのが多いのは、やっぱりアトムの影響が大きいんでしょうか。

 こういうロボットものの本は、見かけるとついふらふらと買ってしまいます。最近では『ロボサピエンス』(河出書房新社)なんかがおもしろかったですね。「プロジェクトX」を例にあげるまでもなく、開発者の話というのは、どんな分野であっても楽しいものです。

 おや? なにげなくリンクしようとしたら、「プロジェクトX」がらみでなにやら問題が起きているようですね。夕刊フジが「プロジェクトX事実わい曲でNHK謝罪」という記事を載せ、それに対してNHKが事実無根と抗議している模様。この広辞苑の回はわたしも見ましたが、さて……。
2001/07/18  今年のヒューゴー賞の投票、オンラインで受け付けた分が一部消えてしまったようです。7月12日以前に投票していた場合、データが失われている可能性があるとか。心配な人は再投票をしてほしいとのことです。

 もうじき参院選ですが、ネットで投票というのはまだとうぶんむりなんでしょうねえ。ワールドカップのチケット販売でさえ、あんなに混乱したんですから。
2001/07/17  テレビドラマってほとんど見ないんですが、NHKでやってる「ER緊急救命室」だけは、ファーストシーズンからずっと見ています(ときどき仕事で役に立つこともあります)。

 今週の「悲報」(衛星放送でやっているほうです)は、じつに衝撃的な展開でした。病院のスタッフが刺されるという事件が起こり、ERの面々が自分たちの仲間を治療することになります。で、その手術シーンなんですが、なにしろずっと付き合ってきた登場人物だけに、まるで自分の身内が手術を受けているような気がして、画面を正視するのがつらくなってしまいました。ふつうの患者の治療シーンなら、どんなに凄惨でも気にならないんですけどね。

 現実世界で、自分の知り合いが事故かなにかで急に手術を受けることになったら、もちろんあんなものではすまないわけで……いやあ、そんな立場にはなりたくないと、つくづく思ってしまいました。
2001/07/16  SF情報誌ローカスのウェブサイトで、あのジョン・シャーリーが、全米で公開されたばかりの映画版「ファイナルファンタジー」の評を載せています。

 シャーリー自身も、一年ほどまえにコンピューターアニメのテレビドラマの脚本を書いたらしく、そのあまりにむごいできばえに、放映時には失望のあまり涙してしまったとか。そんな経験があったせいか、この映画についてはおおむね好意的な評価になっているようです。

 とくに、CGキャラの質感や自然な動きには感銘を受けたらしく、主役のアキにはいずれファンクラブができて、しまいにはスキャンダルまで起きるんじゃないかといっています(日本ではありそうな話……)。

 気になる興行成績ですが、最初の週末の成績は4位と、なかなか健闘しています。べつにFFのファンではありませんが、オールCG映画の可能性を知るために、ちょっと見てみたい気もしますね。日本公開は今年の秋だとか。
2001/07/15  消費税話の補足です。昨日の某出版社は、請求さえすればあとからでも消費税分をちゃんと振り込んでくれます。べつに踏み倒そうという意図はないんでしょうが、それなら最初からちゃんと処理してくれ、と思います。

 まあ、わたし自身は、優秀な編集者に恵まれてきたおかげもあり、消費税についてはあまり苦労はしていません。それに、いまでは、ほとんどの出版社できちんとシステム化されています。とはいえ、わたしなんかよりはるかに有名でベストセラーも出している翻訳者なのに、最近まで特定の出版社から消費税の支払いを受けていなかったという例もあります。まだしばらくは、支払い明細書をきちんとチェックして、自衛しなければいけないようです。
2001/07/14  某出版社から届いた印税の支払い明細書に、また消費税が加算されていませんでした。ここは、編集者から経理に指示がないかぎり消費税は加算しないことにしているようなんですが、こんなおかしな話はありません。

 相手が消費税の納税を免除されている業者(年収三千万以下)であろうとなかろうと、原稿料や印税の支払いは通常の商取引なのですから、経理処理においては消費税を支払うのが当然です。本来、支払わないなどという選択肢は存在しないはずです。

 出版翻訳で三千万などという年収はまずむりですから、たいていの翻訳者は消費税の納税を免除されています。しかし、備品や資料を購入する費用、電気代やガス代などの光熱費――これら経費のほうでは、すべて消費税を支払っています。たとえば、税抜きの年収と経費が同額だった場合、経費のほうで支払う消費税のぶんだけ丸損になってしまいます。免税業者であろうとなかろうと、消費税というのは支払ってもらうのが当然なんです。(たしかに、きちんと支払いを受けた場合は益税が発生しますが、これは制度の欠陥であり、とりあえずわれわれにはどうしようもありません)。

 翻訳者なんてのは、作家とちがっていくらでも取り替えのきく存在で、きわめて弱い立場にいます。うるさいことをいうとすぐに仕事がなくなるので、出版社との交渉はなかなかむずかしいものです。しかし、この御時世、零細自営業者には、筋のとおらない損をしている余裕はありません。出版社には、誠意ある対応を願いたいものです。
2001/07/13  暑いっ。
2001/07/12  翻訳家の白石朗さんから『悪党どもの荒野』ブライアン・ホッジ(扶桑社ミステリー)をいただきました。いつもいつもいつもありがとうございます。これまたクライム・ノヴェルですね。この出版社で「あぶない連中のスリルに満ちた追跡劇」という帯だと、なんとなくスティーヴン・ハンターを思いだします。

 もう一冊、中村融さんからは、お待ちかねのスティーヴン・バクスターの新刊、『マンモス 反逆のシルヴァーヘア』(早川書房)をいただきました。ありがとうございます。去年のSF大会で訳者自身が紹介していたやつですね。マンモス視点の冒険小説といったところでしょうか。「マンモスには手がないのだから、手にまつわる表現は使えない」という中村さんらしいこだわりも楽しめます。

 ただ、この表紙、『キリンヤガ』の田口順子さんなんですが、あんまりマンモスに見えないような……。
2001/07/11  SF大会の宿は幕張プリンスホテルにしました。こんな時期にしては、意外にあいているものですね。しかし、企画がオールナイトということは、宿なんかいらないという人も多いのか……?
2001/07/10  今年の日本SF大会のプログレスレポート第二弾が届きました。

 今回の「ライブ版SFスキャナー」は楽しみですね。ちゃんと原書をたくさん読んでいる顔ぶれがそろっていますので、興味深いお話が聞けるでしょう。去年まではわたしなんかも出演していた企画ですが、翻訳者というのは、仕事が増えてくるとなかなか新しい作家の原書を読むゆとりがなくなってきます。担当作家の本や出版社から依頼されるリーディングや資料本などを読むだけでせいいっぱいになってしまうんです(もちろん、ばんばん読みまくっている超人もいますけど)。こういう企画で、自分が訳す予定の本ばっかり紹介しても、いまひとつおもしろくないですからねえ。

 そのかわりといってはなんですが、「翻訳者の顔見せ企画」みたいなものがあるらしいので、そっちには出演するかもしれません。くわしいことがわかったら、ここでもお知らせします。

 あ、ホテルとってないや。みんなどこに泊まるのかな?
2001/07/09  朝日新聞夕刊の「新刊トリケラトプス」コーナー。ちゃんと調べたわけではありませんが、なんかSFのときだけ評者の採点が甘いような……。さほど絶賛しているわけでもないときまでフルマークというのはどうなんでしょう。

 選ばれている本の出来にケチをつけるつもりは毛頭ありませんが、あんまり満点ばっかりならぶと、内輪誉めをしているだけじゃないかと思われて逆効果のような気がしません? たまたま嗜好が似通った評者が集まっているとしたら、それはそれで問題があるような。
2001/07/08  『20世紀SF5 1980年代 冬のマーケット』の見本が届きました。やっぱり好きだなあ、この表紙。いろんな意味で貴重なアンソロジーだと思います。ほかの巻も含めて、ぜひ買いましょう。お買い得だと思います。

 話変わって、山岸真さんから、徳間デュアル文庫だったらカメやブタだけではなくカンガルータヌキでもいける、とのご指摘をいただきました。なるほど。動物文庫だったのか……。
2001/07/07  『アメリカ地名辞典』(研究社出版)を購入。架空のものも含めた約2700の地名について、人口など簡単な解説が載っています。訳している作品にぽっと地名が出てきたとき、そこがどういう土地なのか、アメリカ人なら感覚的にわかっても日本人にはまったくわからないことがあるので、こういう辞典はありがたいです。

 新しく辞書や辞典を買うたびに思うのは、索引データをネットで公開してくれないかということです。そのままテキストファイルに落として検索してもいいですし、ちょっと加工すればPdicなどの辞書検索ソフトに取り込むこともできて、検索がものすごく便利になるんですが。出版社としても、ささやかながら類似の辞書との差別化がはかれるでしょう。わたし自身、有志が作成した索引データが存在しているという理由で購入した辞書がいくつかあるほどです(金子浩さんのウェブサイトを参照)。

 ひょっとして、もう公開している出版社があるのかな? 最近見たのは、『だれが「本」を殺すのか』佐野眞一(プレジデント社)の索引ですが、こういう試みはどんどんひろげてほしいと思います。
2001/07/06  細美遙子さんから『氷の収穫』スコット・フィリップス(ハヤカワ・ミステリ文庫)をいただきました。ありがとうございます。本年度MWA賞の最終候補作だそうです。これは39字×16行。この大きさの活字だと、16行くらいのほうがすっきり見えるかな? それでも300ページ弱です。ミステリはまだまだ薄い本が多くていいですね。SFもこれくらいの長さでおさまるといいんですが。

 それにしても、みんな仕事のペースが速い……。
2001/07/05  SFオンライン最新号の「SF編集者インタビュー」に、徳間書店デュアル文庫の大野修一さんが登場して、なかなか興味深いお話をしています。

 個人的にほうと思ったのは、「翻訳だって読者に届きそうなものなら出していきたいと考えています」という発言。うーん、持ち込みをしたいところですが、海外のSFでキャラが立ってて青春ものでしかもあんまり長くないという条件を満たす本は、なかなかむずかしい……。あ、カメやブタでもいいのか。だったら、恐竜のアフサンなんかぴったりですね(ほんとか)。

 来年の《SF Japan》の春号では、「山田正紀特集『神狩り2』第一部一挙掲載」などという仰天企画もあるそうです。ここにもそれをうれしいと思うファンがひとりいますので、よろしく。期待してます。
2001/07/04  あれえ? このまえ書いた本家AMAZONの値引きの話ですが、いま見たらもとにもどってました。不評だったんでしょうか? それとも、わたしが夢でも見た? いずれにせよ、忘れてください。ちゃんと値引きしてるみたいです。
2001/07/03  アーティストハウスから、ボリス・スターリングの『ストーム』が届きました。『メサイア』の作者の第二作で、「『ハンニバル』をはるかに凌ぐ狂気と恐怖!」だそうです。まあ、個人的には『ハンニバル』を凌いでもらってもあんまりうれしくないんですが、けっこうおもしろそう。カバーもいい感じです。

 このところ、単行本でもソフトカバーのものが増えているような気がします。読者の立場からすると、ハードカバーとどっちがいいんでしょうか。同じ値段だったらハードカバーのほうが得したような気がするかもしれませんが、百円でも安くなるならソフトカバーでもいいような。もっとも、図書館ではハードカバーのほうが長持ちするかも。いや、逆かな?
2001/07/02  bk1で予約していたイアン・ワトスンの幻の第一長編『オルガスマシン』(コアマガジン)が届きました。解説で大森望さんが力説されているとおり、存在自体が奇跡みたいな本です。まあ、あまり一般向けではないかもしれませんけど。

 それにしても、この表紙や口絵に使われているフィギュアは……。荒木元太郎という人が制作したものだそうですが、どんな世界でも、トップにいる人の仕事というのは常人の想像を超えたレベルに達しているものだと実感しました。
2001/07/01  うひゃあ。(←カレンダーを見たらしい)


Top