お知らせ

2001年4月


2001/04/30  ロバート・J・ソウヤーのウェブサイトに、新たな訪日日記が早くも登場していました。成田空港のファーストクラス用ラウンジからアップロードした模様。

 今回はカナダ大使館の招待ということで、送迎もホテルもパーティもVIP待遇で、ほんとに大名旅行だったんですね。もっとも、そのせいか観光はほとんどできず、新聞などの取材に追いまくられていたようです。マイクル・クライトンが来日するときもこんな感じなんでしょうか。わずかな余暇時間には、H書房の担当編集者が休日返上で都内観光に付き合ってあげたとか(もちろんフィギュアの買い物も)。いやあ、編集者の鑑ですねえ。あまりカナダと関係がないような気がしたジュディス・メリル企画も、本人と友人だったソウヤーさんには感慨深いものがあったようです。

 この日記も、SF大会までには野田さんが翻訳してコスモスに載せてくれるんでしょう(期待)。

 業務連絡の追加ですが、安田ママさん、そうとは知らずに失礼しました。牧さんに教えてもらえてよかった。銀河通信オンラインはときどきのぞいています。ソウヤーさんの作品は、SFのなかでは読みやすいほうなので、今後もどうぞごひいきに。――でも、サインはもうかんべんしてください。
2001/04/29  SFセミナー特別編「カナダSFの世界」に行ってきました。なかなか充実した時間をすごすことができました。セミナー本会の四日まえ、三連休のどまんなかという日程にもかかわらず、ずいぶん参加者がいたなあという気がします。個々の企画については、参加者のみなさんがそれぞれ報告をすることでしょうから、とりあえず業務連絡を。

 野田令子さん、インタビューお疲れさまでした。ソウヤーさんも喜んでいたみたいですね。強引に売ってもらったコスモス55号の「ソウヤー日本旅行記」もちょっとだけ読みました。訂正がひとつ。星雲賞をとったのは『さよならダイノサウルス』だけです。

 湯川光之さん、とっさにわからなくてごめんなさい。湯川さんからのメールは、ハードディスクのクラッシュで運悪く消えたメールのうちの一通だったのです。内容はだいたいおぼえていますけど。

 名刺をいただいた外薗昌也さん、『犬神』は機会があったら読んでみたいと思います。今後もソウヤーさんへの応援よろしくおねがいします。――って、ここで書いてもしかたがないか。bk1へリンクでも張っておこう。

 会場に飾ってあった新バージョンの『占星師アフサンの遠見鏡』(表紙は作者にも好評だったとか)3冊は、ソウヤーさんのサイン入りで、SFオンラインでプレゼントされるそうです。こちらも要チェックですね。いや、もちろん、ふつうに買ってくれてもいいんですよ。

 むう……SFセミナー本会も行きたいなあ……。
2001/04/28  森山和道さんから、『占星師アフサンの遠見鏡』はbk1のデータベースにありますよとの指摘を受けました。「発送時間=お取り寄せ」(既定値)で検索していたために出てこなかったようです。詳細検索で「全書籍」を指定すればよかったんですね。失礼しました。

 それはさておき、本はすでに入荷していて、新価格での登録もすんだらしく、いまならふつうに検索してもちゃんと表示されます。残念ながら表紙画像はありません。初版を買いそびれた方はチャンスですよ。続編が日本語で読めるかどうかは、ひとえにこの増刷分の売れ行きにかかっています。どうぞよろしく。

 その森山さんは、昨日ソウヤーさんにインタビューをしたそうです。いずれbk1に掲載されるようですが、こちらにはちょっとしたこぼれ話ものっています。ソウヤーさんは、ヒューゴー賞をとって版権料が高くなるまえに Calculating God を買ったほうがいいといってるようですが、すでにノミネートされてしまったので、結果が出るまではどのみちエージェントが売ってくれないでしょうね。

 では、明日のSFセミナー特別編でお会いしましょう。
2001/04/27  bk1からいろいろと本が届きました。

 いつ読めるんだという厚さの『ミステリ・オペラ』(山田正紀)、某所で某翻訳家に教わった『世界の料理・メニュー辞典』、いまさらの『キノの旅』(時雨沢恵一)などにまじって、出たばかりの『新・SFハンドブック』がありました。内容はなかなか充実しています。これで740円はお買い得でしょう。森岡浩之・藤崎慎吾対談のなかで、もう『占星師アフサンの遠見鏡』の新しい表紙が使われていたのにはちょっとびっくりしました。

 さて、紹介している本にいちいちリンクを張っていることからもおわかりのように、このサイトは昨日からbk1のまわしものになっています(詳細は4/21のお知らせを参照)。訳書一覧もすこし変えました。bk1のデータベースにある本については“購入”マークがついていますが、なかには品切れ本があるかもしれませんのでご注意を。

 しかし、肝心の『アフサン』はまだデータベースに登録されていないみたいですね。もう本屋には出てるのかなあ。
2001/04/26  すこしは情報の鮮度をあげようとローカス誌のウェブサイトでニュースを見たら、なんと、ソウヤーの最新作、Calculating God がヒューゴー賞の最終候補に残ってました。

 ほかの候補作の顔ぶれからすると、今回はけっこう可能性がありますねえ。ローリングとマーティンはシリーズの続編で、しかもファンタジイ。ホプキンスンはくせがある。マクラウドは……わかりません。これ、買おう買おうと思って忘れてました。SFスキャナーでの小川隆さんの紹介を読むかぎりでは――うーん。去年は不作ですか?

 まあ、なんにしてもめでたいことです。来日中の作者に会う機会があったら、ぜひおめでとうといってあげてください。受賞してくれれば、ほぼ確実に邦訳も実現するはずですから。
2001/04/25  ひさびさにロバート・J・ソウヤーの日記をのぞいてみました。執筆中のネアンデルタール三部作の題名が決まったようなので、こちらの著作リストも更新しておきます。これもまだ仮題でしょうから、実際に刊行されるときにはまた変わるかもしれませんが。

 それと、作者が Strange Attraction というアンソロジーに発表した短編 "Fallen Angel"が、ブラム・ストーカー賞の候補になったようです。こちらはローカス誌のウェブサイトにも出ていました。受賞作は五月下旬のワールド・ホラー・コンベンションで発表されます。

 というような話は、ずっとまえに書くつもりだったんですが、いろいろありすぎてすっかり遅れてしまいました。やれやれ。
2001/04/24  イラストレーターの小菅久美さんが、『占星師アフサンの遠見鏡』の新しい表紙の画像ファイルを送ってくれました。ありがとうございます。

 ほほお、なるほど、こういう感じになるんですか。ふーん……などと、ひとりで悦に入ってもなんですので、とりあえずそのまま公開しちゃいます。いやあ、すばらしい。たぶん編集さんの狙いどおりの表紙なんでしょう。やっぱり、小菅さん自身がお気に入りというだけあって、サリードがいいですね。愛を感じます。

 これを見て気づきましたが、定価はちっとも据え置きじゃありませんね。やっぱり新世紀価格になってます。税抜き602円だと思って発注した人がいたらごめんなさい。誤解のもとになったのは早川書房のウェブサイトですが、いま見たら定価も修正してありました。ついでに、ソウヤー来日のニュースが載っています。SFセミナー特別編は締め切りを延長しているようなので、ソウヤーさんに会いたい方はいまからでも参加できるかも。

 本はまだ届きませんねえ。
2001/04/23  メインマシンのいちばん重要なハードディスクがクラッシュしました。このくそ忙しいときに……うがあっ。

 仕事のデータは多重バックアップのおかげでぶじでしたが、メールが一部消えてしまいました。しかも、交換したディスクに再インストールをして、Windows2000のサービスリリース1を入れてから再起動したら、なぜかブートドライブが読めなくなるという障害が発生……まえに入れたときにはだいじょうぶだったのに、なぜ。

 そんなこんなで、復旧にまる一日かかってしまいました。いや、ノートのほうで仕事は続けていたんですけど、やっぱりキーボードが小さくて、なかなかはかどらないですね。ふう。
2001/04/22  今月末に増刷される『占星師アフサンの遠見鏡』の新しい表紙が、早川書房のウェブサイトで公開されています。「書籍検索」で「著者」の欄に”ソウヤー”と入力すれば見つかります。イラストレーターの小菅久美さんのお話では、アフサンとダイボとサリードを描かれたそうですが、とても小さな画像なので、はっきりいってよくわかりません。前世紀の本なのに定価も据え置きですから、なかなかお買い得。検索した画面からすぐに注文することもできます。今後のことを考えると、一冊でも多く売れてほしいものです。

 この情報は、ソウヤー・ファンの湯川光之さんと、翻訳家の山岸真さんから、ほぼ同時にメールで教えていただきました。ありがとうございます。おふたりとも、すでに実物が届いているのではないかと気にされていましたが、増刷の場合は訳者の手元に来るのはけっこう遅くて、なかには送ってこない出版社もあったりします。当然、今回もまだ届いていません。うう、早く大きな絵が見たい。

 しかし、こうやって早川書房のサイトでソウヤーの全作品が検索できる日が来るとは思いませんでした。これで品切れの本はなくなったので、あとは新作を訳すだけです。がんばらねば(そのまえにハードルがいっぱいありますけど)。
2001/04/21  オンライン書店bk1SFのサイトを担当している森山和道さんからメールをいただきました。このページをご覧になっていて、『クライム・ゼロ』が近所の本屋にない、という訳者の嘆きに反応されたようです。

 わたしはべつにbk1のまわし者でもなんでもありませんが、これまでも訳書紹介のページで勝手にリンクを張っていました。ああいう本屋さんにはがんばってほしいと思ったものですから。ちょっと地方へ行くと、マイナーな本はなかなか手にはいりにくいことですし。

 で、森山さんからは、bk1で今度はじめる「ブリーダープログラム」というのを教えていただきました。うちのサイトからリンクをたどってbk1で本を購入する人がいた場合、売上の3%をbk1ポイントで還元してもらえる、というシステムですね。

 まあ、そもそもアクセス数の少ないこんなサイトからbk1に飛んで、しかも本を買う人というのはほとんどいないような気もしますが、それぞれの本の売れた冊数などもわかるそうなので、ちょっと申し込んでみようかと思っています。そのためには、訳書一覧も整理しないといけませんね。提携が決定したら告知しますので、気がむいたらソウヤーの本はうちから買ってください(笑)。

 あれ? いまふっと思いつきましたが、自分で買いたい本のリストを作って、そこからbk1で買うようにしたら、ぜんぶ3%還元になるんですか?
2001/04/20  プライベートでばたばたしています。29日のセミナー特別編は、ほんとに参加できるんだろうか。

 父が入院したので(べつに重病ではありません)、今日は病院のロビーでせっせと仕事をしていました。サブマシンのPanasonic Let's note(AL-N4)は、大型バッテリーを装着すると、仕様上は8時間まで使えるので、こういうときにはたいへん便利です。トラックボールも使いやすいし。

 ネットに接続できない環境にいると、なんか仕事がはかどるような……。
2001/04/19  今日、19日の朝日新聞朝刊に、珍しく徳間書店が全面広告を出していました。これからは幻冬草思方式でいくつもりなんでしょうか。『カリスマ』宣伝がメインなんでしょうが、わが『クライム・ゼロ』もさりげなくまじっています。うーん、せめて一回くらいは増刷してくれないものか……。やっと近所の本屋でも見かけるようにはなりましたけど。

 ところで、昨日導入したWorkCentre2150J、黒インクの残量がいきなり25%まで減っていました。まだ二十枚かそこらしか印刷していないのに……。電源コードの抜き差しをすると、そのたびにヘッドクリーニングをするので、インクが減りやすいとは書いてありますが、それにしたって、スペックでは2400枚印刷可のはずなんだけどなあ。思わぬ落とし穴か? しばらく様子見ですね。
2001/04/18  富士ゼロックスのWorkCentre2150Jが届きました。コピー+プリンタ+スキャナの複合機です。ちょっとばたばたしているので簡単に。

 コピー機能は、ほぼ期待どおりです。読み込みの途中で印刷がはじまるので、速度的にはなかなか優秀です。画質は、まだほとんど使っていないのでよくわかりませんが、ふつうの原書からのコピー(どうせそのくらいしか使わない)ならきれいなものです。

 プリンタとしては、ごくふつう……でしょうか。動作音がややうるさいのと、筐体が大きいだけに、かなり振動があるようです。それほど気になるレベルではありませんが、これまで使っていたヒューレットパッカードのプリンタがすごく静かだったので、つい比べてしまいます。まあ、このへんは予想してましたけど。

 スキャナとしては、まだテストくらいしかしていないので、よくわかりません。読み込みはあまり速くないような気がします。あと、パラレル接続では動きがおかしかったので、USB接続にしなければなりませんでした。

 Windows2000用のドライバが出たばかりのせいか、やや完成度の面で難があるような気がします。この先、メーカーさんがちゃんと改良してくれれば、もっと使いやすくなるかもしれません。それでも、スペースの節約という目的は達成できたので、おおむね満足です(仕事部屋狭いんですよ)。
2001/04/17  もうSFオンライン賞2001の結果が発表されていたんですね。あまり納得がいかない部門もありますが、そんなことより、コミック部門の受賞者コメントには驚きました。今年、いちばん呆然とした事件といえば、『度胸星』(山田芳裕)の連載打ち切りでした。それだけに、作者のもとに「続きを描かないか」という誘いがいくつか来ているという話は、うれしいかぎりです。変わらぬ支援をしますので、ぜひどこかで再開してください。4巻から描き直してもらえればベストなんですけど、この際ぜいたくはいいません。

 SFマガジンで連載再開というのはどうだろうか……。
2001/04/16  仕事で使っているパソコンについてちょっと書いておきます。まずはハードウェアから。

 本体はDELLの直販で購入したDimension V400c。ケースはミニタワー型。本来はCerelon400MHzのマシンですが、いろいろあって、現在はPentiumIII850MHzに換装してあります。メモリは256MB。
 ビデオカードは、オンボードのATI Rage Pro AGP 2X。できればモニタをふたつ使えるようにしたいので、これは近々変更するかもしれません。
 サウンドカードもオンボードで、こちらはYamaha。
 モニタはEIZO FlexScan E141Lという、ナナオの液晶モニタで、サイズは14インチ。これはけっこうお気に入りです。モニタはやっぱり液晶がいいですね。目にかかる負担がだいぶ軽いような気がします。

 ドライブや周辺機器については、また明日。

 それにしても、河島英五がなあ……。
2001/04/15  近くのパソコンショップで60GBのハードディスクを購入し、いままでの13GBのものと交換しました。バックアップと、辞書データの格納用です。ハードディスクに直接インストールできない辞書は、CD革命ヴァーチャルという仮想CDソフトで格納しているので、ハードディスクは大きければ大きいほどいいのです。

 それにしても、60GBで二万数千円とは……。はじめて外付けのハードディスクを買ったときは、2GBで十万円近くしたのに。ありがたい副作用として、いままでバックアップ用に使っていた外付けのSCSIハードディスクをはずしたところ、なんか全体のパフォーマンスがあがったような気がします。いやあ、どこでなにが影響しているかわからない。

 仕事中に辞書をがんがん検索するような使い方をするときは、やはりハードディスクの速度がものをいいます。うちのマシンはIDEが遅いので、いずれ専用ボードを入れたいとは思っています。問題は、すでにPCIのスロットに空きがないということですね。ほんとはシステムがはいっているハードディスクも交換したいんですが、こっちは移行が面倒なので、暇ができたときに(いつだよ)。
2001/04/14  SF情報誌ローカスのウェブサイトに、Philip K. Dick Award の結果が載っています。受賞作は、マイケル・マーシャル・スミスが1994年にイギリスで刊行した作品だそうです。アメリカ版が出たのが去年だったんでしょう。

 残念なのは、Scott Westerfeld の Evolution's Darling が次点に終わったこと。ちょっと注目している作家なんですが。
2001/04/13  ディーン・クーンツの〈ストレンジ・ハイウェイズ〉第三弾は、『嵐の夜』という題名になるようです。わたしは「子猫たち」という十ページほどの短編を担当しています。これはクーンツの処女作ですね、たしか。明日あたりゲラを返送すれば、わたしの作業はすべて終了。刊行は五月下旬だったと思います。ファンの方はもうしばらくお待ちを。

 仕事場改造計画の一環で、富士ゼロックスのWorkCentre2150Jというプリンタの導入を予定しています。コピー、プリンタ、スキャナの一台三役というやつです。発売されたときから、ハード的にはこれしかない、と思っていたんですが、今月初めにドライバがWindows2000に対応したので、やっと真剣に検討をはじめられるようになりました。くわしい使い勝手などは、追って報告したいと思います。

 しかし、まずは部屋の掃除が先決かな……。
2001/04/12  イラスト話が続きますが、ひょっとしたら『占星師アフサンの遠見鏡』の原書の表紙を見てみたいという方がいらっしゃるかもしれませんので、やや大きめの画像をここに載せておきます。ソウヤー自身のウェブサイトには、イギリス版の表紙の画像もありますが、ちょっと粗いですね。

 もうひとつ、あちらのファンが描いたソウヤー作品のさまざまなキャラクターのイラストが載っている The Sawyer Gallery なんてのもあります。なんというか、まあ、暇な人はのぞいてみてください。ちょっと笑えます。盲導トカゲを連れたアフサンとか。ただし、まじめに説明を読むとネタばれもありますので、ご注意を。
2001/04/11  イラストレーター(で、いいのかな?)の小菅久美さんからメールをいただきました。タートルダヴの『精霊がいっぱい!』などの表紙を描かれた方です。某社編集者からここの話を聞き、検索エンジンで苦労してさがしだしたようです。

 と書けば、もうおわかりですね。そう、『アフサン』の新しい表紙を描いてくださるのが小菅さんなんです。3/19のお知らせで「この作品の表紙を描こうという方はたいへん勇気があると思います」と書いてあったのを見て、ショックを受けられたとか。すいません、あれはただのジョークです。内容が内容だけに絵にするのがむずかしい、といいたかっただけなんです。なにしろ、恐竜少年が世界の謎を解き明かす冒険ハードSFですから。しかもキャラ萌えもできる。

 で、小菅さんのお気に入りのキャラは、サリードとダイボだとか。ダイボはともかく、サリードというのは渋いですねえ。ダイボは第二部で大活躍しますので(というか、ほとんど主役?)、もしもそういうことがありましたらよろしく。まだイラストのほうは見ていませんが、できあがりを楽しみにしています。

 小菅久美さんについてくわしく知りたいという方は、すてきなイラストが満載されたMOKEMOKEという部屋がありますので、そちらへどうぞ。日記にもいろいろと興味深いお話が載っています。
2001/04/10  去年ノヴェライズ本の翻訳をした『レッド プラネット』のDVDが、5月に早くも登場するようです。これはやはり……買うしかないでしょう。ただ、劇場で見たときは、監督の意向に反してたくさんカットされた映画、という印象があったので、できればディレクターズカットで出してほしかったと思います(案の定、おまけで未公開シーン集が15分もはいっていますけど)。くわしくはこちらへ。わたしがよく通販で利用しているお店です。

 映画を見て、時代背景がよくわからなかったとか、主役ふたりはなんで突然くっついたんだとか、地球ではいったいなにが起きていたんだとかいった、しごく当然の疑問をいだかれた方は、ぜひ本のほうを読んでみてください。ぜんぶ説明してあります。いや、冗談ではなく、火星サバイバルSFとして、けっこう楽しめる作品になっているんですよ。大きな声ではいえませんが、脚本がぼろぼろだったことを考えると、ピーター・テラップ、なかなかたいしたものだと思います。
2001/04/09  たしか昨日あたりからだと思うんですが、うちで使っているブラウザ(IE 5.0)だと、http://homepage2.nifty.com/m_uchida/ ではトップページが表示されなくなってしまいました。きちんとindex.htmまでくっつけるとだいじょうぶなんですが。試しに、IE 4.0がはいっている予備機のノートパソコンでアクセスしてみたところ、なんの問題もありませんでした。謎です。

 徳間書店の編集者から、4月8日付け東京新聞のコピーがFAXで送られてきました。香山二三郎氏が、書評欄でコーディの『クライム・ゼロ』を取りあげています。ほぼ絶賛に近い内容ですね(ほんとか)。

 「センセーショナルな着想一本で押し切った前作と比べ、本作ではより多面的な娯楽演出が堪能できるし、作家自身もまた確実に進化していることが窺えよう。M・クライトンの後継者たるに相応しいお奨めの一作である

 これで何冊かよけいに売れるでしょうか。ありがたいことです。
2001/04/08  Yonda? Clubのプレゼントで申し込んでおいた、Yonda?くんのリストウォッチが届きました。新潮文庫をせっせと購入したかいがあったというものです。ぱっと見たときに、いま何時なのかよくわからないのが玉に瑕ですが。

 それで思いだしましたが、平成ガメラ1のDVDを通販で購入したら、携帯ストラップがおまけでついてきました。ひもの部分に「GAMERA THE GUARDIAN OF THE UNIVERSE」とはいっています。たいへん気に入ったので、金庫にしまったりせず、さっそく使っています。見たいですか。そうですか。では特別に
2001/04/07  ロバート・ジョーダンの〈時の車輪〉シリーズが好調に売れているおかげか、テリー・グッドカインドの〈真実の剣〉シリーズも刊行がはじまるようです。あちらのクソ分厚い原書に対抗するには、この両シリーズのように訳書で5冊くらいに分けてしまうというやりかたは、なかなか有効かもしれません。

 じつは、わたしにも、大河ドラマ的な大長編(ジャンルは問わず)をいちどは訳してみたいという秘かな願望があります。ジョージ・R・R・マーティンの〈氷と炎の歌〉シリーズなんてのも、おもしろそうだなあと思っていたんですが、すでに某社から邦訳刊行が決定しているようです。ジョーダンが成功するまでは、こういうファンタジイの大シリーズを売り込むのはむずかしかったんですが、だいぶ状況が変わってきたみたいです。まあ、一読者として楽しむとしましょう。
2001/04/06  昨日、この欄で「”超”がつくほど忙しい編集長」と書いたのは、決して某SF雑誌の編集長のことではありません。忙しい編集者は大勢いるのです。誤解を招くような肩書きにしたのがまちがいでしたね。申し訳ありません。「セクション長」とでもしておきますか。正式に決まったことではないので、軽く読み流しておいてください。

 しかし、どこの出版社とは書かなかったような……。
2001/04/05  もうじき某社を退社する編集者から連絡がありました。アメリカへ2年ほど留学するとか。うらやましい。帰国後の予定は立っていないそうなので、ファンタジイ編集者がほしいという方は、いまのうちに予約しておくといいかもしれません。わたしが翻訳する「なぜかユーモアファンタジイ」は、”超”がつくほど忙しい編集長に引き継がれるようですが、刊行は当初の予定よりすこし遅れそうです。

 でも、スケジュールはちっとも楽にならないなあ……。
2001/04/04  ちょっとページの構成を変えて、最新のお知らせはトップページに載せるようにしました。これじゃかえって見にくいとか、なにかご意見がありましたら、メールでもください。最新ではないお知らせは、もとどおりこちらで。ただし、過去はときどき改竄されることがありますのでご注意を。

 それにしても殺風景な部屋ですねえ。もうちょっとデザインセンスがあればいいんですが……。とても編集者にはなれないな。
2001/04/03  SFセミナーの案内が届きました。29日のほうは、「SFセミナー特別篇:カナダSFの世界」と題されていて、「カナダSFの現在」と「ジュディス・メリルという人がいた」というふたつの企画のあとに、ソウヤー氏のインタビューがあるようです。完全予約制で、参加費は二千円。これはさすがに行きたい……。

 昨日、うっかり書き忘れたんですが、この4月29日というのはソウヤー氏の誕生日なんです。ええと、41歳になるのかな。プレゼントをあげるには絶好の機会というわけですね。
2001/04/02  ロバート・J・ソウヤーが、今月の29日に、ふたたび日本にやってきます。カナダ政府が在日カナダ公館を通じて主催する「見えてくる、カナダ2001」フェスティバルの一環として招待されたようです。企画担当はSFセミナー実行委員会で、同じ日にほかにも企画があるらしいんですが、いまだに案内状が届かないので、くわしいことはわかりません。

 3月31日付けの朝日新聞夕刊に、このフェスティバル全体の大きな広告が載っていて、そこにソウヤー企画も紹介されていました。題して「ロバート・ソウヤー サイエンスフィクションセミナー」。場所はカナダ大使館。テーマが“フラッシュフォワード”だそうです。この新聞広告、最初は完璧に見逃してしまい、海外SF紹介やグレッグ・イーガンの翻訳で有名な山岸真さんに教わって、ようやく存在を知りました。ありがとうございます。
2001/04/01  仕事、仕事の毎日です。インフルエンザで三日寝込み、その後も何日かふらふらしていたのが痛かった。体力の衰えを感じますねえ。ふう……。


Top