お知らせ

2001年3月


2001/03/31  03/28にこのページで紹介したHさんは、じつは「とらのあな」というホームページを開いている方でした。そこの「本棚」をのぞいてみたところ、ロバート・J・ソウヤーの項に、アフサンの続編2冊のレビューがありました。わたしが原書を読んだのはずいぶんまえなので、こういうのを見るといろんなことを思いだします。そういえば、でぶちん皇帝ダイボのジョギング場面なんてのもありましたね。あれには笑った。重要なネタばれはありませんので、興味のある方はどうぞ。

 え? もう3月おしまい? うそぉ……。
2001/03/30  「黄金の羊毛亭」というホームページを開いているSAKATAMさんから、ソウヤー応援メールをいただきました。このページ、じつは、だいぶまえからうちのブラウザの「お気に入り」にはいっていました。なにしろ、ロバート・J・ソウヤーの全長編が、未訳作品も含めて、すべて紹介されているんです。もちろん、現時点の最新作である Calculating God まで。アフサンの続編については、ネタばれを避けるため、作品中のある固有名詞を入力しないと詳細なあらすじを読めない、という凝りかたです(わたしは当然読んじゃいました)。

 ソウヤーの長編について、日本語でもっと情報がほしい、という方はぜひどうぞ。こういうページがあると、わたしのほうで紹介しなくてすむので、たいへんありがたいです(それは手抜きじゃないのか?)。

 それにしても、みなさんどうやってここを見つけるんでしょう?
2001/03/29  とはいえ、いくら痛感したところで、目先の仕事はどんどんこなさなければ、生活が成り立ちません。編集者にも怒られます。『さよならダイノサウルス』は現在まで4刷で、総部数はソウヤーの作品中ではいちばんですが、それでも、たとえば某社から出したクーンツの初版部数の半分ほどにしかなりません。まあ、クーンツなんてのは特別で、最初からあんなに刷れる作家はそうそういないんですが、それにしても、SF翻訳をやるには愛が必要です。それだけで食べていくのは至難のわざですから。

 今日、近刊予定の「なぜかユーモアファンタジイ」を担当するはずだった編集者から、いきなり4月で退社しますというメールが届きました。この業界、編集者の出入りはけっこう多いとはいえ、この方とは、いちども仕事をしないうちにお別れとなってしまいました。残念です。あ、締め切りのばしてもらえるかな……。
2001/03/28  SFファンのHさんという女性の方から、ソウヤー応援メールをいただきました。ありがとうございます。プロフィールのページ経由でメールをくださったのは、これでふたり目ですね。最初は同業者で、「写真を載せてはいかが?」という提案だったので、即座に却下しました。

 Hさんは『占星師アフサンの遠見鏡』の続編を待ちきれず、とうとう原書で第三部まで読んでしまったそうです。そのラストシーンでは――っと、これ以上は書けませんね。ソウヤーの英語はやさしいので、邦訳が実現しなかったときは、原書を手に入れるという最後の手段もあるわけです(弱気)。いまは原書も品切れかもしれませんが、Hさんも古本で購入したそうですし、もうしばらくしたら再刊されるような気もします。

 第三部の原題 Foreigner をどのように訳すのか、という点にも興味がおありのようですが、これはたぶん、翻訳不可能でしょう。第二部は『地質師トロカの金槌』、第三部は『心理師モクレブの夢判断』という題名に……は、ならないと思いますが。

 それにしても……ずうっと続編を待ってるファンはいるんですよね。なんとかせねば、と痛感します。
2001/03/27  近刊予定のページに、短編を追加しておきました。ちょこちょことけっこうあるものです。このあたりは雑誌ではなく、みんなアンソロジーですね。順不同うんぬんという妙な注意書きを追加したのは、担当編集者のみなさんが、なにかのはずみでこのページを見たときに、なんでうちの本がこんなうしろに……と不安になったりしないようにと配慮した結果です。

 そういえば、ホーガンの短編が載るはずのアンソロジーはどうなったんだろう……。
2001/03/26  邦訳されたソウヤー長編のなかで『さよならダイノサウルス』がいちばん総部数が多いといっても、初版の部数は、それはそれは悲惨なものでした。第一作の『ゴールデン・フリース』はそこそこ売れたんですが、二作目の『アフサン』の成績がひどかったので、そのつぎの『ダイノサウルス』はがくんと部数を減らされてしまったのです。

 で、ここまで部数を落とされた作家は、たいていの場合、つぎの作品が紹介されることはありません。ソウヤーにとって、そして日本のSFファンにとって幸運だったのは、『ターミナル・エクスペリメント』が、あちらの作家が選ぶネビュラ賞を受賞したことでした。もしもこの受賞がなかったら、ソウヤーの長編は(少なくとも早川書房では)二度と翻訳される機会がなかったと思います。
2001/03/25  刊行されたばかりの『クライム・ゼロ』の帯に誤植があったようです。大森望さんの推薦文は「バイスリラーの遺伝子が謀略小説とスリルを接合する」ではなく、「バイオスリラーの遺伝子が謀略小説スリル接合する」が正しいそうです。ご本人のホームページの日記に、嘆きのことばが載っていました。せっかく推薦文をいただいたのに申し訳ありません。こっちのほうは直しておきましたので(慰めにもなりませんけど)。書き写したとき、なんかへんだなとは思ったんですが……。

 ソウヤーの部数話、正解は『さよならダイノサウルス』でした。くわしくは明日。
2001/03/24  おや、地震があったようですね。震度6というのは大きい。西日本のみなさんは怪我などしていないでしょうか。火災は起きていないみたいですが……。

 というわけで、部数話は明日に持ち越し。
2001/03/23  翻訳書の製作では、訳者には決定権のない事柄がとても多いんですが(そもそも版権をとるかどうか、刊行日をいつにするか、題名をどうするか、表紙はだれに描いてもらうか)、そのなかでもいちばんままならないのは、やはり部数でしょう。一般の人にいちばん見えにくいのも、この部分だと思います。よく売れている本なら、広告で「何万部突破!」とか宣伝することもありますが、ふつうは初版部数も増刷部数も公表されませんから。

 さて、ロバート・J・ソウヤーの訳書はこれまでに7冊出ていますが、そのなかで総部数がいちばん多い本はどれでしょう? 答は明日のこのページで(早くもネタ切れらしい)。
2001/03/22  ロバート・J・ソウヤーのホームページでは、作者の日記が公開されています。久しぶりにのぞいたら、去年の秋の訪日日記が追加されていました。かなりの長文で、まだぜんぶ読んではいないのですが、精力的な活動ぶりがよくわかります。食中毒の原因は京都で飲んだ牛乳だったんでしょうか……。

 京都SFフェスティバルでの野田令子博士のインタビューが、ソウヤー氏がかつてゲスト・オブ・オナーとして受けたインタビューのなかでは最高のものだったという記述もあります。京フェスの実行委員会に野田さんを推薦した立場としては、やったね、という気分です。四月のインタビューもがんばってください、博士。
2001/03/21  『クライム・ゼロ』は、いまだに近所の本屋で見かけません。まあ、前作の『イエスの遺伝子』のときもそうだったんですが、初版部数が少ないとなかなか地方の本屋までまわってこなかったりするみたいです。文庫本だと確実に入荷するんですけどね。このあたりの仕組みは、本屋さんにつとめた経験がないのでいまいちよくわかりません。見込みがなさそうだと、最初から発注してもらえない、ということもあるんでしょうね……ううっ、景気が悪い。
2001/03/20  扶桑社から三分冊で刊行中の、ディーン・クーンツの〈ストレンジ・ハイウェイズ〉、三冊目がようやく5月に出るようです。長らくお待たせしました。といっても、わたしの担当は一編だけで、しかも5ページくらいのショートショート。でも、じつはクーンツの処女作という、重要な意味をもっています(ほんとか?)。

 そういえば、二冊目の『闇へ降りゆく』(これも一編だけ担当しました)も増刷されたみたいですね。さすがはクーンツ。
2001/03/19  『占星師アフサンの遠見鏡』の新しい表紙を描いてくださるイラストレーターさんのホームページがありました。日記をのぞいてみると、実際に本を読んでみた感想などがちょこちょこと……。終盤のシリアスな展開が意外だったようです。絵にするのはむずかしいでしょうねえ。この作品の表紙を描こうという方はたいへん勇気があると思います。わたしには遠くからエールを送ることしかできませんが。

 初版のイラストを発注した編集者から聞いたことばは、いまも忘れられません――「(木嶋俊さんは)とてもとまどっておられたようです」
2001/03/18  翻訳家の金子浩さんから、訳書の『プレイフル・ワールド』(マーク・ペシ著 早川書房)をいただきました。なんともユニークな表紙です。ノンフィクションですが、ハイテクおもちゃが好きなわたしのような人間にはけっこう危険な本かも。マインドストームなんてものが手元にあったら、仕事が……。
2001/03/17  そもそも『占星師アフサンの遠見鏡』は、原書では三部作の第一部なんですが、この続編がどうして邦訳されないかといいますと、あまりにも売れ行きが悪かったからなんですね。作品の内容はともかく、ちょうど有名な恐竜SFと刊行時期が重なってしまったとか、題名や表紙にいまひとつ読者に訴えかけるものがなかったとか、いろいろ原因はあるでしょう。

 でも、ソウヤー自身はその後の作品で急激に人気を盛り返したので、いまだったら続きを出せないわけではない。ただ、シリーズものですから、理屈からいって、第一部より第二部、第三部の部数が増えるということはありえません(図書館や古本で読んでる人もすこしはいるでしょうが)。そこで、できるだけ第一部の読者を増やしておこうというのが今回の増刷の主旨なんです。

 つまり、ここでたくさん売れれば、第二部以降が日本語で読める可能性がでてくるわけです(あくまで可能性ですが)。というわけで、新版、出たらよろしく。
2001/03/16  また復活話になりますが、いまやソウヤー長編で唯一の品切れ本となった『占星師アフサンの遠見鏡』も、今年の4月下旬に、作者の再来日に合わせて増刷されることになりました。こちらは7年ぶりですね。カバーも新調されるので、ソウヤー本コンプリートをめざす人は要チェックです。その件で、さっき編集者から連絡があったんですが、ちょっと意外な方のカバー絵になるそうです。いったいどんなふうになるんだろう……わくわく。

 そういえば、朝日新聞朝刊に『クライム・ゼロ』の広告がさりげなく載っていました。でも、近所の本屋にはなかったなあ……。
2001/03/15  翻訳家の古沢嘉通さんのご指摘により、一部のソースの不具合を修正することができました。妙な表示を見てしまった方、申し訳ありません。なにしろ開設したばかりですので、おかしな点がありましたらご指摘いただけるとありがたいです。

 それにしても……3月はもう半分過ぎちゃったの?
2001/03/14  河出文庫の『20世紀SF5(1980年代)』に収録される、ガードナー・ドゾワの短編 The Peacemaker のゲラを出版社に返送。こいつの題名が決まれば、5巻の担当作業は終了。いまのペースだと6月上旬刊行になるんでしょうか。ちなみに、6巻のほうにも担当作品があるんですが、これがなかなか難物で……。
2001/03/13  『クライム・ゼロ』の献本リストを作成、出版社へ送付。今年は貧乏になりそうなので、人数的にはやや少なめです。業界外の人たちにはあまり知られていない事実ですが、こういう献本は、ほとんどの場合、訳者が自腹を切って贈っています(八掛けくらいにはなりますが)。だからどうだというわけではありません。まあ、宣伝費ですね。
2001/03/12  風邪。高熱。点滴。

 『クライム・ゼロ』は、3月14日ごろに書店にならぶそうです。
2001/03/11  久々の復活といえば、我孫子武丸さんほかの強い推薦があったおかげか、昨年の7月にはロバート・J・ソウヤーの第一長編『ゴールデン・フリース』も8年ぶりに増刷されました。しかし売れ行きはいまひとつの模様。初版の帯にあった、「超AIとの頭脳戦!」というコピーが消えてしまったのはもったいなかったような気がします。
2001/03/10  『イエスの遺伝子』の作者、マイクル・コーディの新作『クライム・ゼロ』の見本が届きました。近日中に書店にならぶと思います。
2001/03/09  『キリンヤガ』が大好評のマイク・レズニックが、Santiagoの続編、The Return of Santiagoを書くそうです。邦訳版『サンティアゴ』は、2000年11月に、ほぼ10年ぶりに復刊されました。表紙も新調されています。


Top